リオ五輪イヤーの2016年。国内のスパイク事情はどうなっているのでしょう。 ミズノ編 初心者向け いわずもがなのラインナップ。ブレイブウイング3とシティウスウイング2の2種類です。 ブレイブウイング3(3色)+ワイド(1色) アルシオーネはもう過去のもの。 シティウスウイング2(2色)+ワイド(1色) ブレイブウイングじゃあ嫌だって言う人に。 中級者向け 相変わらず特徴がつかみにくく、どれを選べばいいのか迷うラインナップ。全体にやわらかいが、ジオスプリントは硬め。 ジオスプリント2(3色)+ワイド(1色) 定価19,900円 170g ミズノで迷ったらこれ。短距離用スパイクらしい軽さと硬さ。 ジオサイレンサー8(2色) 定価19,900円 175g やわらかいプレートが好きな人にはちょうどいい。 ジオストリーク(2色) 定価19,900円 170g もっとやわらかいのが好きな人に。400~ ...

リオ五輪イヤーの2016年。国内のスパイク事情はどうなっているのでしょう。 ミズノ、アシックス、NIKE、adidas・PUMAでほぼ全てのシェアをカバーしていますが、なかにはマニアックなシューズもあるようです。 SAUCONY アメリカのメーカー。日本でもアパレルシューズが売られているのでマークは見たことあるかも。厨二的なデザインセンスのメーカー。やけに安い。世界大会でも稀に履いてる人がいる。 ・Spitfire $65 名前もデザインも厨二。 ・Showdown たぶんフラッグシップモデル。まさかの10本ピン。 ・Velocity $60   ・Endorphin LD4 $100 ・Ballista $110  ・Vendetta $65 ・Soarin J $100 幅スパ。 ・Uplift HG $100 高スパ。すごいピン配置。 ・Lanzar JAV $100 ・Unleas ...

リオ五輪イヤーの2016年。国内のスパイク事情はどうなっているのでしょう。 ミズノ編、アシックス編、NIKE編に続いてアディダスとプーマ 国際大会で目にするものの、国内流通はほとんどないアディダス。一部モデルはstepさんでも入手できるはずです。プーマはどこにもありません。 ちなみに、アディダスとプーマの創始者はドイツ人兄弟(プーマが兄)です。プーマはボルトという最高の広告塔を抱えています。 adidas 硬さは国産とは比べ物にならない。たぶん日本でふつうに買えるスパイクの中では一番。足幅は比較的狭いが、モデルによってはつま先が広かったりする。ピンはNIKEばりに少ない。 短距離用 ・adizero Accelerator $110   5.6ounces  日本でもたまに使っている人がいる。笑えるくらい硬い。 ・SPRIT STAR $65  6.1ounces  メッシュアッパーの10 ...

リオ五輪イヤーの2016年。国内のスパイク事情はどうなっているのでしょう。 国内ではやはりミズノ・アシックスの2強体勢は変わらず、海外メーカーのスパイクは国内販売がほぼされていないというのが実情。 オリンピックや世界陸上を見てみると、プーマ、アディダス、ナイキの3強にちょっとだけアシックスがいるくらい。ミズノは跳躍種目でたまに出てくる程度です。かつて、世界陸上東京ではミズノを履くカール・ルイスとアシックスを履くリロイ・バレルの対決なんかもあったのですが、現在の国際レースでミズノは超少数派になってしまいました。 まあ、この狭い日本に2つも大手スパイクメーカーがあるっていうのは素晴らしい事ではあるのですが... 競技者としてはやっぱり海外製のスパイクが気になるところです。 ただ、買おうと思っても一部販売店でしか取扱いがないため、海外スパイクを手に入れるには海外旅行で買ってくるか、ネットで海外か ...

リオ五輪イヤーの2016年。国内のスパイク事情はどうなっているのでしょう。 アシックス編 初心者向け ミズノでは2種類しかありませんが、アシックスはまさかの豊富なラインナップ。エフォートだけじゃだめなんでしょうか。 ・エフォートEF、SK(各3色) 定価8,900円 安定のエフォート。がんばれ。 ・ヒートフラットFR6(6色) 定価13,500円 エフォートじゃあ嫌だって言う人に。 ・ヒートスプリントFR7(2色) 定価14,040円 おしゃれは足元から。ヒートフラットでいいとおもう。 ・ヒートチェイサー(2色) 定価16,200円(込) 中距離向けの初心者用スパイク。どうしても土でもスパイクを履きたい中距離の人に。 ・ヒートラッシュNS2(2色) 定価16,750円(込) 一見するとサイバーレイに見える見た目もばっちりなスパイク。実はメイドインジャパン。 中級者向け ベルトか紐かから考え ...