2016年陸上スパイク事情 NIKE編

2016年 ナイキ編

リオ五輪イヤーの2016年。国内のスパイク事情はどうなっているのでしょう。

国内ではやはりミズノ・アシックスの2強体勢は変わらず、海外メーカーのスパイクは国内販売がほぼされていないというのが実情。
オリンピックや世界陸上を見てみると、プーマ、アディダス、ナイキの3強にちょっとだけアシックスがいるくらい。ミズノは跳躍種目でたまに出てくる程度です。かつて、世界陸上東京ではミズノを履くカール・ルイスとアシックスを履くリロイ・バレルの対決なんかもあったのですが、現在の国際レースでミズノは超少数派になってしまいました。
まあ、この狭い日本に2つも大手スパイクメーカーがあるっていうのは素晴らしい事ではあるのですが…
競技者としてはやっぱり海外製のスパイクが気になるところです。

ただ、買おうと思っても一部販売店でしか取扱いがないため、海外スパイクを手に入れるには海外旅行で買ってくるか、ネットで海外から取り寄せるか…

 

NIKE編

国産に比べて明らかに硬く、足幅の狭いモデルが多い。足型はあきらかに日本人向けではないため、くるぶしがフィットしない人もいる。ピンは少なく、キラキラなド派手モデルがある。

短距離用

・ZOOM JA FLY 2 

$125

ナイキといえばこれ。ハイパワー系スパイクの代名詞JAフライ。薄いアッパーと強烈な反発でスパイクが無理やり走らせてくれる感じはまさにアメリカン。履くと土踏まずが痛くなる人もいる。

 

・ZOOM CELAR 5

$90
一時期世界を席巻したズームセラー。まだあります。極端に少ないピン配置と足裏の模様は健在。

・ZOOM MAXCAT 4

$120
短中距離向けの軽量スパイク。これもピンが5本しかない。

・ZOOM VICTORY ELITE

$180
エリートとそうでないのがあってエリートにはカーボンが入ってる。裏のカーボンは見た目が超かっこいい。なんと800~5000まで対応しているらしい。

・Zoom Manba 3

$120
なんとカーボン入りのニットメッシュ中距離スパイク。

・Zoom D

$90
見るからに軽そうな長距離スパイク。たぶん凄く軽い。

跳躍用

・Zoom LJ 4

$110
advanced technology for long jump and pole vault athletes だそうです。たまに日本でも使ってる人がいる。国産はピン9本なのに対して7本ピン。

・Zoom Pole Vault 2

$120
棒高用スパイク。そんなの需要あるのか?と思いきや、世界戦ではみんな履いてるので広告効果は絶大。ポールと言えばナイキ。

・Zoom Triple Jump Elite

$120
国産では幅用を厚底にしただけの三段スパイクですがNIKEはさすが。全く違う設計のスパイクをラインナップしています。卵が先か鶏が先か。日本の三段跳に未来はあるのか。

・Zoom High Jump Elite

$120
重くて頑丈なのが当たり前だった高スパイクにまさかのメッシュアパーを採用。さすがNASAの国。

投擲用

・ZOOM JAVELIN ELITE 2

$200
ナイキのシューズってかっこいいですねぇ…

・ZOOM ROTATIONAL 6

$110 

回転投げ用のシューズ。

・ZOOM SD 4$90

さすがのNIKEも投てきシューズまでは奇抜にできないようです。

 

あとはZOOM RIVALシリーズがあるんですが、初心者向けなので省略。
あきらかに国産より気合が入ったラインナップで、カラーリングもさまざまあります。アメリカが陸上強いのは人種だけではなく、文化なのかも。
トップクラスのモデルでも$120。日本では別注品のカーボンモデルも普通にラインナップ。そりゃあ海外でわざわざ日本メーカー使わないわな。