2016年陸上スパイク事情 ミズノ編

2016年 ミズノ編

リオ五輪イヤーの2016年。国内のスパイク事情はどうなっているのでしょう。

ミズノ編

初心者向け

いわずもがなのラインナップ。ブレイブウイング3とシティウスウイング2の2種類です。

ブレイブウイング3(3色)+ワイド(1色)

アルシオーネはもう過去のもの。

シティウスウイング2(2色)+ワイド(1色)

ブレイブウイングじゃあ嫌だって言う人に。

中級者向け

相変わらず特徴がつかみにくく、どれを選べばいいのか迷うラインナップ。全体にやわらかいが、ジオスプリントは硬め。

ジオスプリント2(3色)+ワイド(1色)

定価19,900円 170g

ミズノで迷ったらこれ。短距離用スパイクらしい軽さと硬さ。

ジオサイレンサー8(2色)

定価19,900円 175g

やわらかいプレートが好きな人にはちょうどいい。

ジオストリーク(2色)

定価19,900円 170g

もっとやわらかいのが好きな人に。400~800m向き。

ジオサイクロン(1色+ワイド1色)

定価16,000円 200g

練習用に。わざわざこれで試合に出るのはちょっときつい。

ジオスプラッシュ6(2色)

定価19,980円 140g

ランシューでは物足りない人に。ミズノ唯一の中距離向けモデル。

上級者向け

クロノブレイク2(1色)

定価28,000円 140g

インクスより硬いスパイクがほしい人に。

クロノインクス9(2色)

定価26,000円 140g

ある程度完成しつつある安定のインクス。今年は黒。

クロノディスト7(2色)

定価19,500円 135g

長距離のここ一番のレース用に。

幅跳び用

フィールドジオLJ・AJ、JAPAN(各1色)

定価22、000円 210g230g(AJ)

色違いラインナップでしのぎ続けているモデル。ここ10年ほどは変化がない。プレートなんて20年くらい使ってるんじゃない?
海外製では少ないピンに硬いプレートを組み合わせたのものが多いのに対し、ミズノは大量のピンでグイグイ走るタイプの昔ながらのスパイク。踏切重視の人に。
プロモーションカラーは500円アップ。

高跳び用

フィールドジオHJ(1色)

定価28,000円 285g

なんか変わった?これもむかーしからほとんど変化のないモデル。ナイキなんかメッシュモデルまで出てるのに。

投擲用

フィールドジオJT-I ・JT JAPAN(各1色)

定価23,000円 310g

定番。変化なんて誰も求めてない。プロモーションカラーは500円アップ。

・フィールドジオRD、RD JAPAN、FT、TH

相変わらずのやつ。室伏が履いてイメージが上がった。

2016年も全体に大した動きはないようで、元気がない印象です。特にフィールド用は相変わらず。良いものは変わらないっていう感じではなく、開発費がないのかな?っていう停滞感。
一時期の暗黒時代は脱したようにも思えますので来年以降に期待しましょう。
HPのチャートは非常に見やすく、初心者でもチャート通りに選べば失敗はないはず。ありがたい。






Twitterで更新をお知らせしています↓