秋から2018年モデルが出始めています。 ランニングブームが頭打ちになっていますが、未だにランニングシューズの市場は非常に大きい。各メーカーがドル箱商品を狙い毎年色々な改良が見られます。 トラックで走る事を考えて、マラソン系ではなくスピード系シューズの2018年モデルを紹介。 モデルチェンジしていないものは『2017年ランニングシューズ事情』の記事をご参照... ミズノは『ミズノ編』をご参照...   アシックス 依然としてミズノよりも人気があるが、海外勢の方に押され失速気味。カラーバリエーションを増やしたりマイナーチェンジをしてごまかしてはいるが、最近はこれといった動きがない。 ①ターサージャパン(マイナーチェンジ) ②ターサージール(5→6に) 今回は上記2つのモデルにを紹介。 ターサージャパン   ¥17,280 (税込) アシックスのフラッグシップモデルで日本製。 201 ...

毎年冬になると、各メーカーから新作スパイクが発表されます。 2018年は世界陸上もオリンピックも開催されない穴の年ですので各メーカーあまり活発ではありません。     ミズノ ほとんどが色違いで継続。トラックのジオシリーズはアッパーが変更になった。 ジオサイクロンが廃盤になり新しくジオバーサスが発売。 クロノシリーズ オニキス(継続) インクス9(継続) ディスト7(色違い) ジオシリーズ(トラック) スプリント4(アッパー変更) サイレンサー9(アッパー変更) ジオストリーク(変更?) ジオバーサス(NEWモデル) ジオスプラッシュ(色違い) 初心者向け シティウスウイング2(色違い) ブレイブウイング3(色違い) フィールド HJとJTが2になった。他は継続。 ジオバーサス ¥ 18,900 (本体¥ 17,500)、約175g(26.0cm片方) 2018年1月発売   ジ ...

秋から2018年モデルが出始めています。 ランニングブームが頭打ちになっていますが、未だにランニングシューズの市場は非常に大きい。各メーカーがドル箱商品を狙い毎年色々な改良が見られます。 トラックで走る事を考えて、マラソン系ではなくスピード系シューズの2018年モデルを紹介。 モデルチェンジしていないものは『2017年ランニングシューズ事情』の記事をご参照... アシックスはこちら(アシックス編) ミズノ アシックスにシェアをリードされ、近年は迷走状態にあります。 新作を見ても迷走はしばらく続きそうです。 ①ウェーブエンペラージャパン(2→3に) ②ウェーブエンペラー(2→3に) ③ウェーブシャドウ(Newモデル) ④ウェーブライダー21(20→21に) 今回は上記4つのモデルにモデルチェンジがありましたので紹介します。 ウェーブエンペラージャパン3   ¥18,360 (本体価格¥17, ...

オリンピックも世界陸上もない2018年。スパイク市場も全体的に動きがない様子。 2018年各社から出ているスパイクをまとめました。 ミズノ 初心者向け ブレイブウイング3 ミズノのボトムライン。去年から色が変更になっただけ。   シティウスウィング2 これも去年から色が変わっただけ。必要性に疑問。   中級者向け ジオスプリント4 ショートスプリント向け。アッパー変更でかっこよくなった。   ジオサイレンサー9 100~400m向け。アッパー変更。   ジオストリーク3 400~800m用。アッパーが変更。もうぱっと見ではジオシリーズは全部同じにみえる。   ジオスプラッシュ6 長距離用。色が変わった。   ジオバーサス ジオサイクロンが廃止になって後継として登場したNEWモデル。中途半端。     上級者向け クロノオニキス ミズノのフラッグシップ。3万5千円もする。色が変わっ ...