2018年スパイク事情 ミズノ編

2018年 ミズノ編

オリンピックも世界陸上もない2018年。スパイク市場も全体的に動きがない様子。
2018年各社から出ているスパイクをまとめました。

 

ミズノ

初心者向け

ブレイブウイング3

ミズノのボトムライン。去年から色が変更になっただけ。

 

シティウスウィング2

これも去年から色が変わっただけ。必要性に疑問。

[ミズノ] 陸上シューズ シティウスウィング 2 U1GA1824 ブラック×シルバー×スカイブルー 23.5 cm
 

中級者向け

ジオスプリント4

ショートスプリント向け。アッパー変更でかっこよくなった。

 

ジオサイレンサー9

100~400m向け。アッパー変更。

 

ジオストリーク3

400~800m用。アッパーが変更。もうぱっと見ではジオシリーズは全部同じにみえる。

 

ジオスプラッシュ6

長距離用。色が変わった。

 

ジオバーサス

ジオサイクロンが廃止になって後継として登場したNEWモデル。中途半端。

 

 

上級者向け

クロノオニキス

ミズノのフラッグシップ。3万5千円もする。色が変わった。

 

クロノインクス9

100~400m、ハードルにも使えるモデル。迷走を経て完成された感がある。肉抜きアッパーだけどクロノオニキスより重い。色が変わった。

[ミズノ] 陸上シューズ クロノインクス 9 U1GA1801 レッド×ホワイト×ブラック 27 cm
 

クロノディスト7

長距離のフラッグシップモデル。色が変わった。

 

フィールド

変わってないので2017をご参照。