世陸ロンドン ダイジェスト1日目

ロンドン大会ダイジェスト

2017年8月4日(金)~から13日(日)までの10日間、世界陸上がロンドンで開催されました。

10日間の競技結果をそれぞれ紹介します。

1日目の競技はこちら
現地時間:種目
19:00 男子100m 予備予選
19:20 男子円盤投 予選A
19:30 男子走幅跳 予選
19:35 女子1500m 予選
19:45 女子棒高跳 予選
20:20 男子100m 予選
20:45 男子円盤投 予選B
21:20 男子10000m 決勝

初日から男子1万mは決勝です。今大会の最注目選手であるボルトファラーが早くも登場。
男子100m、走幅跳び、10000mについての詳細です。

 

男子100m

1組(-0.1)

優勝候補の新星、アメリカのコールマンが順当に1着。スタート前の脚合わせでコールマンがゴール近くまで走っているのを見た織田裕二が『陸上慣れしてない』と心配する場面も。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Christian COLEMAN USA 10.01 Q 0.196
2 Jak Ali HARVEY TUR 10.13 Q 0.157
3 Cejhae GREENE ANT 10.21 Q 0.144
4 Emmanuel MATADI LBR 10.234 q 0.168
5 Ramon GITTENS BAR 10.240 0.155
6 Julian REUS GER 10.25 0.135
7 Senoj-Jay GIVANS JAM 10.30 0.200
8 Jean Tarcicius BATAMBOK CMR 10.75 0.185

2組(-0.6)

サニブラウンが登場。ヨハンブレークに先着してまさかの1着。タイムは10秒05。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Abdul Hakim SANI BROWN JPN 10.05 Q PB 0.167
2 Yohan BLAKE JAM 10.13 Q 0.148
3 Zhenye XIE CHN 10.13 Q 0.161
4 Emre Zafer BARNES TUR 10.22 q 0.133
5 Emmanuel CALLENDER TTO 10.25 0.133
6 Ján VOLKO SVK 10.25 0.156
7 David LIMA POR 10.41 0.149
8 Ambdoul Karim RIFFAYN COM 10.72 0.144

3組(+0.0)

アンドレドグラスが棄権したが、メイテシンビネフォートと、実力者がそろった組。ついに9秒台が出る。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Julian FORTE JAM 9.99 Q PB 0.137
2 Ben Youssef MEITÉ CIV 10.02 Q 0.158
3 Reece PRESCOD GBR 10.03 Q PB 0.138
4 Akani SIMBINE RSA 10.15 q 0.151
5 Alex WILSON SUI 10.24 q 0.12
6 Mario BURKE BAR 10.42 0.114
7 Hassan SAAID MDV 10.45 0.121
  Andre DE GRASSE CAN DNS  

4組(-0.2)

ケンブリッジ飛鳥が登場。蘇 炳添ウジャに挟まれて硬くなったのか、4着で予選通は他の組の結果待ちとなった。蘇 炳添はさすがの実力で10秒03のトップ通過。フライングで失格者も出た。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Bingtian SU CHN 10.03 Q SB 0.166
2 Chijindu UJAH GBR 10.07 Q 0.145
3 Christopher BELCHER USA 10.13 Q 0.16
4 Aska CAMBRIDGE JPN 10.21 q 0.145
5 Joseph MILLAR NZL 10.31 0.144
6 Mark Otieno ODHIAMBO KEN 10.37 0.168
7 Jeremy DODSON SAM 10.52 0.125
  Mosito LEHATA LES DQ -0.05

5組(+0.9)

ガトリン登場。が、ガッツリブーイングされる。過去のドーピング(本人は否定してるけど)を許してくれるほどイギリス人は甘くない。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Justin GATLIN USA 10.05 Q 0.149
2 Andrew FISHER BRN 10.19 Q 0.17
3 Kukyoung KIM KOR 10.24 Q 0.107
4 Keston BLEDMAN TTO 10.26 0.163
5 Gavin SMELLIE CAN 10.29 0.137
6 Abdullah Abkar MOHAMMED KSA 10.31 0.196
  Thando ROTO RSA DQ 0.053
  Chavaughn WALSH ANT DNS  

6組(+0.3)

ついにボルト登場。多田も同組に。スタートが得意な多田は30m付近までトップ。60m付近までボルトに先行する善戦で4着に。これで、ケンブリッジと多田はタイムで準決勝進出が決まった。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Usain BOLT JAM 10.07 Q 0.166
2 James DASAOLU GBR 10.13 Q 0.122
3 Jimmy VICAUT FRA 10.15 Q 0.154
4 Shuhei TADA JPN 10.19 q 0.175
5 Hassan TAFTIAN IRI 10.34 0.177
6 Brendon RODNEY CAN 10.36 0.166
7 Warren FRASER BAH 10.42 0.166
8 Diego PALOMEQUE COL 10.51 0.149

 

 

男子走幅跳(予選)

予選通過ラインは7m91で、8m05の通過記録を上回ったのは8名でした。トップ通過はチェコのRadek JUŠKAで8m24。注目のマッソ(キューバ)は8m15、マニョンガ(南アフリカ)は8m14、サマーイは8m14でそれぞれ決勝へ進出。
波乱は前年のリオ五輪優勝のジェフ・ヘンダーソン(アメリカ)が7m84でまさかの予選落ち。ヘンダーソンは大舞台でやらかすことが結構多いです。

 

 

男子10000m

今大会でトラック引退を表明している地元イギリス英雄のモハメド・ファラーが登場。今大会最初の決勝種目です。今回優勝すれば、世界陸上3連覇(テグは銀)。

陸上の歴史に残る名レースでした
まず最初の400mをウガンダのJoshua Kiprui CHEPTEGEIを先頭に3人の選手が引っ張り61秒で通過。1000mでケニア・エチオピア集団が追い付きますが、ペースは落ちずに縦長の集団となります。ファラーはまだ後方。
このあたりからファラーVSケニア・ウガンダ・エチオピアといった雰囲気になってきます。ファラーの武器であるラストスパートに対抗するために、前半からケニア・ウガンダ・エチオピアが順番に引っ張ってペースを維持することで、ファラーを潰すような展開。
今回こそはファラーやばいんじゃない?っていう雰囲気のなか、なんとファラーは4000m手前第4コーナーで客席に手を振り観客を煽ります。そしてストレートで一気に前へ。
ここからはもうファラーのレースです。
出てきたファラーをケニア・ウガンダ・エチオピア勢が飲むものの、ファラーがまたピョコピョコ前の方に顔を出す。そうするとまた集団がファラーを飲み込む。けどまたファラーが顔を出す。そうこうしてるうちにファラーはジリジリと集団の前の方にポジションをとるようになり、気が付けば5・6番をウロウロ。
残り4周手前の8300mで一気に先頭まで出て集団を揺さぶるファラー。それに反応した集団は残り3周で中途半端なロングスパートを掛けざるを得ません。それに対応したファラーはカウンターで残り2周で先頭に。61秒で回ると、最後の1周はもうファラーの脚に対抗できる人はいませんでした。

最初の数周はハラハラしましたが、終わってみればファラーの掌の上のレース。トップ選手が束になっても敵わないファラーの強さが、ラストレースでも炸裂しました。

POS ATHLETE COUN MARK
1 Mohamed FARAH GBR 26:49.51 WL
2 Joshua Kiprui CHEPTEGEI UGA 26:49.94 PB
3 Paul Kipngetich TANUI KEN 26:50.60 SB
4 Bedan Karoki MUCHIRI KEN 26:52.12 PB
5 Jemal YIMER ETH 26:56.11 PB
6 Geoffrey Kipsang KAMWOROR KEN 26:57.77 SB
7 Abadi HADIS ETH 26:59.19 SB
8 Mohammed AHMED CAN 27:02.35 NR
 






Twitterで更新をお知らせしています↓