世陸ロンドン ダイジェスト7日目

ロンドン大会ダイジェスト

2017年8月4日(金)~から13日(日)までの10日間、世界陸上がロンドンで開催されました。
10日間の競技結果をそれぞれ紹介します。

7日目の競技はこちら
18:30 女子5000m 予選
19:05 男子やり投 予選A
19:10 女子走高跳 予選
19:25 女子800m 予選
20:20 男子三段跳 決勝
20:35 男子やり投 予選B
21:05 女子200m 準決勝
21:35 女子400mH 決勝
21:52 男子200m 決勝

 

男子やり投

予選

1回目でベター(ドイツ)が91m20の長大投擲でぶっちぎる。ピトカマキ(フィンランド)、イエゴ(ケニア)らの優勝候補達も順調に通過するが、日本の新井は77m38と奮わず予選落ちしてしまう。

女子走高跳

予選

リオ五輪で優勝したベイティア(スペイン)が192cmを3回目に跳んでギリギリの予選通過となった。

男子1500m

予選

3組で各組15人の出走。6着プラス6のため、着順狙いのスローなレースになった。

1組

POS ATHLETE COUN MARK
1 Elijah Motonei MANANGOI KEN 3:45.93 Q
2 Asbel KIPROP KEN 3:45.96 Q
3 Timo BENITZ GER 3:46.01 Q
4 Abdelaati IGUIDER MAR 3:46.03 Q
5 Marcin LEWANDOWSKI POL 3:46.06 Q
6 Jordan WILLIAMSZ AUS 3:46.11 Q
7 Mahiedine MEKHISSI FRA 03:46.2
8 Samuel TEFERA ETH 03:46.2
9 David TORRENCE PER 03:46.4
10 Ayanleh SOULEIMAN DJI 03:46.6
11 Josh KERR GBR 03:47.3
12 Abderrahmane ANOU ALG 03:47.4
13 David BUSTOS ESP 03:47.5
14 Matthew CENTROWITZ USA 03:48.3
  Thiago DO ROSÁRIO ANDRÉ BRA DNS

2組

POS ATHLETE COUN MARK
1 Sadik MIKHOU BRN 3:42.12 Q
2 Jakub HOLUŠA CZE 3:42.31 Q
3 Chris O’HARE GBR 3:42.53 Q
4 Ronald MUSAGALA UGA 3:42.75 Q
5 Nicholas WILLIS NZL 3:42.75 Q
6 Robby ANDREWS USA 3:43.03 Q
7 Ronald KWEMOI KEN 3:43.10 q
8 Federico BRUNO ARG 03:43.2
9 Ryan GREGSON AUS 03:43.3
10 Marc ALCALÁ ESP 03:43.3
11 Benjamín ENZEMA GEQ 03:48.4
12 Dominic Lokinyomo LOBALU ART 3:52.78 PB
13 Richard DOUMA NED 3:55.36 q
  Brahim AKACHAB MAR DNS
  Chala REGASA ETH DNS

3組

POS ATHLETE COUN MARK
1 Luke MATHEWS AUS 3:38.19 Q
2 Timothy CHERUIYOT KEN 3:38.41 Q
3 Filip INGEBRIGTSEN NOR 3:38.46 Q
4 Jake WIGHTMAN GBR 3:38.50 Q
5 Homiyu TESFAYE GER 3:38.57 Q
6 Adel MECHAAL ESP 3:38.99 Q
7 Fouad ELKAAM MAR 3:39.33 q
8 John GREGOREK USA 3:39.62 q
9 Kalle BERGLUND SWE 3:39.62 q
10 Benson Kiplagat SEUREI BRN 3:39.77 q
11 Michal ROZMYS POL 3:40.28 q
12 Ismael DEBJANI BEL 03:43.7
13 Harvey DIXON GIB 3:44.03 NR
14 Erick RODRÍGUEZ NCA 3:52.35 SB
  Taresa TOLOSA ETH DNF

 

男子三段跳

決勝

18m21のPBをもつ優勝候補筆頭、クリスチャン・テイラー(アメリカ)の世界記録更新に期待がかかる。ロンドン五輪で優勝しており、世界記録であるジョナサン・エドワーズの地元なだけあって、ここで世界記録を更新すればなかなかのドラマ。
始まってみると、リオ五輪で銀を採った後にそのまま公開プロポーズに成功したのウィル・クレイ(アメリカ)が1回目に17m54を跳んでトップに立つ。それを見たテイラーが2回目に17m57を跳んで逆転。クレイは2回目は17m52で届かないが、3回目には17m63を跳んで再逆転。しかしテイラーも3回目に17m68を跳んで再々逆転。まさにシーソーゲーム。
ベスト8に入り、4回目は両者記録を伸ばすことはできず、5回目にはクレイがまたも大ジャンプをするが、17m53で少し届かない。
最後の6回目、クレイがファールで銀確定。テイラーは連覇(3勝目)を決めた。

33歳になったエボラ(ポルトガル)は跳躍がうまくまとまらず、2回目の17m19で3位に入った。
ナポレス(キューバ)、コペロ(アゼルバイジャン)、ベナード(アメリカ)が17m16で並ぶが、18歳のナポレスが2度17m16を跳んでセカンド記録で4位に入った。

POS ATHLETE COUN MARK WIND
1 Christian TAYLOR USA 17.68 0.2
2 Will CLAYE USA 17.63 -0.1
3 Nelson ÉVORA POR 17.19 -0.1
4 Cristian NÁPOLES CUB 17.16 -0.1
5 Alexis COPELLO AZE 17.16 SB 0.2
6 Chris BENARD USA 17.16 0.2
7 Andy DÍAZ CUB 17.13 0.2
8 Jean-Marc PONTVIANNE FRA 16.79 0.1
9 Ruiting WU CHN 16.66 0.7
10 Pablo TORRIJOS ESP 16.6 0.2
11 Yordanys DURANONA DMA 16.42 -0.2
12 Lázaro MARTÍNEZ CUB 16.25 0.6
 
 

女子200m

準決勝

1組(-0.2)

連覇を目指すシパーズ(オランダ)がコーナーで抜け出して22秒50でぶっちぎる。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Dafne SCHIPPERS NED 22.49 Q 0.155
2 Deajah STEVENS USA 22.71 Q 0.155
3 Ivet LALOVA-COLLIO BUL 22.96 0.148
4 Rebekka HAASE GER 23.03 0.161
5 Shashalee FORBES JAM 23.09 0.164
6 Sarah ATCHO SUI 23.12 0.134
7 Justine PALFRAMAN RSA 23.21 0.146
8 Anthonique STRACHAN BAH 23.21 0.207

2組(-0.2)

優勝候補として臨んだ400mではまさかのゴール直前に足が攣ってしまい4位に沈んだミラー(バハマ)が登場。100mで決勝に残ったサントス(ブラジル)が待ちきれずにバランスを崩してフライングになる。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Shaunae MILLER-UIBO BAH 22.49 Q 0.147
2 Kimberlyn DUNCAN USA 22.73 Q 0.183
3 Mujinga KAMBUNDJI SUI 23 0.129
4 Simone FACEY JAM 23.01 0.181
5 Edidiong Ofonime ODIONG BRN 23.24 0.275
6 Bianca WILLIAMS GBR 23.4 0.161
7 Semoy HACKETT TTO 23.54 0.148
  Rosângela SANTOS BRA DQ  

3組(-0.2)

100m銀メダルのタル―(コートジボワール)が順当に1着。2着には前半で稼いだアッシャースミス(イギリス)が入る。この組の3,4着がタイムで拾われるプラス2人に入った。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Marie-Josée TA LOU CIV 22.50 Q 0.198
2 Dina ASHER-SMITH GBR 22.73 Q SB 0.153
3 Crystal EMMANUEL CAN 22.85 q 0.165
4 Tynia GAITHER BAH 22.85 q 0.151
5 Maria BELIMPASAKI GRE 23.21 0.202
6 Vitoria Cristina ROSA BRA 23.31 0.173
7 Jodean WILLIAMS JAM 23.32 0.182
8 Estelle RAFFAI FRA 23.45 0.183

 

女子400mH

決勝

アメリカが3人残った。リオで優勝したムハマド(アメリカ)と、3連覇を目指すヘイノバ(チェコ)に注目もが集まる。
前半からっムハマドが飛ばすが、9レーンのカーター(アメリカ)もガンガン飛ばし、トップでストレートに入る。そのままカーターが1着、ムハマドが2着に入った。3着にはジャマイカのトレイシーが入った。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Kori CARTER USA 53.07 0.151
2 Dalilah MUHAMMAD USA 53.5 0.152
3 Ristananna TRACEY JAM 53.74 PB 0.178
4 Zuzana HEJNOVÁ CZE 54.20 SB 0.151
5 Léa SPRUNGER SUI 54.59 0.183
6 Sage WATSON CAN 54.92 0.172
7 Cassandra TATE USA 55.43 0.216
8 Eilidh DOYLE GBR 55.71 0.157

 

男子200m

決勝

絶対王者ボルトが不在の200m。
400mで優勝するも、翌日の200m準決勝で調子が悪かったバンニーキルクは6日連続でのレースとなる。食中毒で準決勝を欠場したものの、救済措置で再レースをして勝ち上がってきたマクワラ(ボツワナ)も出場し、全体に調子が悪い200mの選手達。
準決勝ではヤング(アメリカ)の20.12が最速と、誰が勝つのかわからないなか、期待のサニブラウンが登場。
サニブラウンは18歳5か月は史上最年少でファイナリストになった。そして2003年の世陸パリで末續が銅メダルを採って以来の日本人のファイナリスト。
スタート後、9レーンのウェブ(アメリカ)がぶっ飛ばし、それにサニブラウンがついていく。ストレートでバンニーキルクグリエフ(トルコ)、マクワラが並ぶ。そこからリチャード(トリニダードトバゴ)が伸びる。
結果はグリエフがまさかの1着。ボルトがいなくなった200mは大荒れ。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Ramil GULIYEV TUR 20.09 0.165
2 Wayde VAN NIEKERK RSA 20.11 0.156
3 Jereem RICHARDS TTO 20.11 0.149
4 Nethaneel MITCHELL-BLAKE GBR 20.24 0.147
5 Ameer WEBB USA 20.26 0.148
6 Isaac MAKWALA BOT 20.44 0.17
7 Abdul Hakim SANI BROWN JPN 20.63 0.162
8 Isiah YOUNG USA 20.64 0.148






Twitterで更新をお知らせしています↓