世陸ロンドン ダイジェスト8日目

ロンドン大会ダイジェスト

2017年8月4日(金)~から13日(日)までの10日間、世界陸上がロンドンで開催されました。
10日間の競技結果をそれぞれ紹介します。

8日目の競技はこちら
10:00 男子10種 100m
10:10 女子円盤投 予選A
10:45 女子100mH 予選
11:05 男子10種 走幅跳
11:15 男子走高跳 予選
11:35 女子円盤投 予選B
12:55 男子10種 砲丸投

17:00 男子10種 走高跳
19:05 女子100mH 準決勝
19:10 女子走幅跳 決勝
19:35 女子800m 準決勝
20:10 男子1500m 準決勝
20:30 男子ハンマー投 決勝
20:45 男子10種 400m
21:25 女子3000mSC 決勝
21:50 女子200m 決勝
21:52 男子200m 決勝

 

 

女子100mH

準決勝

1組(+0.5)

アリ(アメリカ)が2台目でひっかけて遅れ、ピアソン(オーストラリア)がぶっちぎる。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Sally PEARSON AUS 12.53 Q 0.119
2 Nia ALI USA 12.79 Q 0.158
3 Nadine VISSER NED 12.83 q 0.175
4 Megan TAPPER JAM 12.93 0.148
5 Phylicia GEORGE CAN 13.04 0.117
6 Ricarda LOBE GER 13.11 0.147
7 Lindsay LINDLEY NGR 13.18 0.163
8 Anne ZAGRE BEL 13.34 0.139

2組(+0.5)

日本人初の準決勝進出を果たした木村が登場。くねくねダンスのジェネックの隣のレーンで走った木村だったが、準決勝ではさすがに歯が立たなかった。1着には青い口紅のマニング(アメリカ)が入った。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Christina MANNING USA 12.71 Q 0.149
2 Alina TALAY BLR 12.85 Q SB 0.119
3 Yanique THOMPSON JAM 12.88 0.143
4 Tobi AMUSAN NGR 13.04 0.137
5 Danielle WILLIAMS JAM 13.14 0.121
6 Elvira HERMAN BLR 13.16 0.129
7 Michelle JENNEKE AUS 13.25 0.145
8 Ayako KIMURA JPN 13.29 0.163

3組(+0.2)

世界記録保持者のハリソン(アメリカ)が遅れ、2着に入れない。タイムで拾われてギリギリ決勝へ。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Dawn HARPER-NELSON USA 12.63 Q SB 0.109
2 Pamela DUTKIEWICZ GER 12.71 Q 0.156
3 Kendra HARRISON USA 12.86 q 0.148
4 Isabelle PEDERSEN NOR 12.87 0.149
5 Rushelle BURTON JAM 12.94 0.18
6 Devynne CHARLTON BAH 12.95 0.163
7 Hanna PLOTITSYNA UKR 13.08 0.139
8 Sharona BAKKER NED 13.29 0.183

 

 

 

男子1500m

準決勝

2組行われ、各組5人とタイム上位2人が決勝に進む。

1組

キプロプは順当に通過した。

POS ATHLETE COUN MARK
1 Elijah Motonei MANANGOI KEN 3:40.10 Q
2 Asbel KIPROP KEN 3:40.14 Q
3 Filip INGEBRIGTSEN NOR 3:40.23 Q
4 Sadik MIKHOU BRN 3:40.52 Q
5 Adel MECHAAL ESP 3:40.60 Q
6 Abdelaati IGUIDER MAR 03:40.8
7 Luke MATHEWS AUS 03:40.9
8 Jake WIGHTMAN GBR 03:41.8
9 Ronald MUSAGALA UGA 03:42.0
10 Michal ROZMYS POL 03:42.9
11 Timo BENITZ GER 03:44.4
  Robby ANDREWS USA DNF

2組

5着に入ればいいためスローペースで進み、ラスト100mからのスパート対決。ケモイは調子が悪くラスト200mで置いて行かれる。

POS ATHLETE COUN MARK
1 Jakub HOLUŠA CZE 3:38.05 Q
2 Timothy CHERUIYOT KEN 3:38.24 Q
3 Marcin LEWANDOWSKI POL 3:38.32 Q
4 Chris O’HARE GBR 3:38.59 Q
5 Fouad ELKAAM MAR 3:38.64 Q
6 Nicholas WILLIS NZL 3:38.68 q
7 John GREGOREK USA 3:38.68 q
8 Jordan WILLIAMSZ AUS 03:38.9
9 Ronald KWEMOI KEN 03:39.5
10 Homiyu TESFAYE GER 03:39.7
11 Kalle BERGLUND SWE 03:40.1
12 Benson Kiplagat SEUREI BRN 03:41.0
13 Richard DOUMA NED 03:47.7

 

女子走幅跳

決勝

リース(アメリカ)、バートレッタ(アメリカ)、スパノビッチ(セルビア)、クリシナ(ロシア)の4人の勝負になった。
1回目でクリシナが6m78でトップに立つと、2回目でスパノビッチが6m96で逆転する。3回目にはリオ五輪で銀メダルのリースが高い跳躍で7m02を跳んでトップに。
5回目でクリシナが踏切をぴったり合わせて再逆転かと思われたが、7m00で2位(2011年以来の7m台)に。バートレッタは4位で臨んだ6回目に7mラインまで跳び6m97でスパノビッチを1cm上回り3位に滑り込むが1位には惜しくも5cm届かない。
スパノビッチは6回目に6m91で再逆転はかなわず4位が決まる。
リースが2大会ぶり4回目の世陸優勝となった。クリシナは意外にも五輪・世陸を合わせて初めてのメダル獲得。

POS ATHLETE COUN MARK WIND
1 Brittney REESE USA 7.02 0.1
2 Darya KLISHINA ANA 7.00 -0.3
3 Tianna BARTOLETTA USA 6.97 -0.2
4 Ivana ŠPANOVIC SRB 6.96 0.1
5 Lorraine UGEN GBR 6.72 0.5
6 Brooke STRATTON AUS 6.67 -0.9
7 Chantel MALONE IVB 6.57 -0.1
8 Blessing OKAGBARE-IGHOTEGUONOR NGR 6.55 0.2
9 Lauma GRĪVA LAT 6.54 1.0
10 Claudia SALMAN-RATH GER 6.54 0.8
11 Eliane MARTINS BRA 6.52 1.2
12 Alina ROTARU ROU 6.46 -0.3

 

男子ハンマー投

決勝

3連覇を目指すファイレク(ポーランド)に誰が喰らいつくかという試合になったが、結局ファイレクが勝った。
全体に記録が低調したまま6回の投擲が終わり、ファイレクが1位で3連覇。今季2度80mを投げているノビキが3位となり、ポーランドの2人がメダルを採った。
POS ATHLETE COUN MARK
1 Pawel FAJDEK POL 79.81
2 Valeriy PRONKIN ANA 78.16
3 Wojciech NOWICKI POL 78.03
4 Quentin BIGOT FRA 77.67
5 Aleksei SOKYRSKII ANA 77.5
6 Nick MILLER GBR 77.31
7 Dilshod NAZAROV TJK 77.22
8 Serghei MARGHIEV MDA 75.87
9 Pavel BAREISHA BLR 75.86
10 Marco LINGUA ITA 75.13
11 Bence HALÁSZ HUN 74.45
12 Özkan BALTACI TUR 74.39
 

女子3000mSC

決勝

19歳で世界記録を出した元ケニアのジェベト(バーレーン)と、前回金でリオ五輪で銀に入ったジェフケモイ(ケニア)を中心としたケニア勢のレースになる。
スタートからトップを走っていたジェプコエチ(ケニア)が最初の水郷コースを間違える。その後焦ったのか、他の選手を巻き込んで転倒し、いきなり荒れた展開になる。
レース終盤、ジェベト、チェプコエチに、リオ五輪銅のコバーン(アメリカ)、フレリクス(アメリカ)の4人の戦いになる。
ラスト半周でなんとジェベトが遅れ、アメリカの二人が最後の水郷で1.2体制になり、なんとそのままゴール。アメリカがまさかのが1.2フィニッシュで初の金メダルを獲得。
8分台の記録を持つ2人がメダルに届かない大荒れの結果となった。
男子でもアメリカのジャガーが銅メダルを獲得しており、今大会の3000mSCではアメリカが躍進した。
POS ATHLETE COUN MARK
1 Emma COBURN USA 9:02.58 CR
2 Courtney FRERICHS USA 9:03.77 PB
3 Hyvin Kiyeng JEPKEMOI KEN 09:04.0
4 Beatrice CHEPKOECH KEN 09:10.5
5 Ruth JEBET BRN 09:14.0
6 Celliphine Chepteek CHESPOL KEN 09:15.0
7 Etenesh DIRO ETH 09:22.5
8 Winfred Mutile YAVI BRN 9:22.67 PB
9 Gesa Felicitas KRAUSE GER 09:23.9
10 Purity Cherotich KIRUI KEN 09:25.6
11 Belén CASETTA ARG 9:25.99 AR
12 Genevieve LACAZE AUS 9:26.25 SB
13 Geneviève LALONDE CAN 9:29.99 NR
  Aisha PRAUGHT JAM DQ
  Birtukan FENTE ETH DNS
 
 

女子200m

決勝

タル―(コートジボワール)、ミラー(バハマ)、シパーズ(オランダ)の3強が4.5.6レーンに入り、それにアメリカの大学生のスティーブンスというなかなかハイレベルなメンバーが揃った。
コーナーで地元イギリスのアッシャースミスがいい走りをする。しかしやっぱりタル―、シパーズが2人でならんでストレートに。ミラーは遅れたように見えたが、ラスト50mで伸びる。タル―とシパーズが競りながらゴールに入るが、100分の3秒差でシパーズが2連覇となった。2位にタル―、3位にミラーが入り、順当と言える結果になった。
POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Dafne SCHIPPERS NED 22.05 SB 0.165
2 Marie-Josée TA LOU CIV 22.08 NR 0.199
3 Shaunae MILLER-UIBO BAH 22.15 0.147
4 Dina ASHER-SMITH GBR 22.22 SB 0.169
5 Deajah STEVENS USA 22.44 0.178
6 Kimberlyn DUNCAN USA 22.59 0.198
7 Crystal EMMANUEL CAN 22.6 0.158
8 Tynia GAITHER BAH 23.07 0.162
 






Twitterで更新をお知らせしています↓