世陸ロンドン ダイジェスト4日目

ロンドン大会ダイジェスト

2017年8月4日(金)~から13日(日)までの10日間、世界陸上がロンドンで開催されました。
10日間の競技結果をそれぞれ紹介します。

4日目の競技はこちら
08:30 男子200m 予選
18:35 男子三段跳 予選
19:00 女子ハンマー投 決勝
19:30 女子400mH 予選
20:20 男子400mH 準決勝
20:25 女子三段跳 決勝
20:55 女子400m 準決勝
21:30 男子110mH 決勝
21:50 女子1500m 決勝

 

 

男子200m

予選

サニブラウンは2着で準決勝進出飯塚は4着で予選落ちかと思われたが、前の2人がレーンオーバーで失格になり、繰り上げで2着となって予選を通過した。

 

女子ハンマー投

決勝

ヴォルタチク(ポーランド)が82m98のPBをもち頭一つ抜けていたが、3投目までで71m94と低迷し、7位でぎりぎり4投目以降に進出した。結果的にはヴォルタチクが5投目の77m90で優勝したものの、中国勢の調子がよく、王 崢が2位、張 文秀が4位に入った。

POS ATHLETE COUN MARK
1 Anita WŁODARCZYK POL 77.9
2 Zheng WANG CHN 75.98
3 Malwina KOPRON POL 74.76
4 Wenxiu ZHANG CHN 74.53 SB
5 Hanna SKYDAN AZE 73.38
6 Joanna FIODOROW POL 73.04
7 Sophie HITCHON GBR 72.32
8 Katerina ŠAFRÁNKOVÁ CZE 71.34 SB
9 DeAnna PRICE USA 70.04
10 Hanna MALYSHIK BLR 69.43
11 Kathrin KLAAS GER 68.91
12 Alexandra TAVERNIER FRA 66.31

 

 

男子400mH

準決勝

1組

クレメント(アメリカ)とバー(アイルランド)が抜けているかと思われたが、バーが棄権。序盤からワーホルム(ノルウェー)が飛ばし、そのままホームストレートまで先頭を守る。9代目のハードルを越えたところでサントス(ドミニカ)とモウァト(ジャマイカ)が追いあげるが、10台目を超えたところからクレメントが一気に追い抜く。この組の2人がタイムで拾われ、、上位4名が決勝に進出した。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Kerron CLEMENT USA 48.35 Q 0.156
2 Karsten WARHOLM NOR 48.43 Q 0.175
3 Juander SANTOS DOM 48.59 q PB 0.192
4 Kemar MOWATT JAM 48.66 q 0.204
5 Abdelmalik LAHOULOU ALG 49.33 0.186
6 Patryk DOBEK POL 49.4 0.158
7 Victor COROLLER FRA 55.69 0.17
  Thomas BARR IRL DNS  

2組

日本の安部は中盤まで粘るものの、7台目でハードルに引っ掛かり減速してしまう。フセイン(スイス)、グリーン(イギリス)、ハン(フランス)が並んで10台目に入るが、ハンが引っかけて脱落。
POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 TJ HOLMES USA 49.12 Q 0.187
2 Kariem HUSSEIN SUI 49.13 Q 0.147
3 Jaheel HYDE JAM 49.75 0.157
4 Jack GREEN GBR
49.93
0.927
0.23
5 Takatoshi ABE JPN
49.93
0.929
0.212
6 Mamadou Kasse HANN FRA 50.35 0.165
7 Aron Kipchumba KOECH KEN 50.4 0.174
8 Jaak-Heinrich JAGOR EST 50.43 0.149

3組

コペロ(トルコ)、フッチ(アメリカ)、サンバ(カタール)の3人の争いになると思われた。中盤からフッチが遅れ、コペロとサンバが前に出た状態でホームストレートに入る。9台目を超えてフッチは加速するが、コペロがさらに伸びて届かなかった。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Abderrahaman SAMBA QAT 48.75 Q 0.247
2 Yasmani COPELLO TUR 48.91 Q 0.203
3 Eric FUTCH USA 49.3 0.15
4 Ludvy VAILLANT FRA 49.95 0.205
5 José Reynaldo BENCOSME DE LEON ITA 50.29 0.186
6 Ricardo CUNNINGHAM JAM 50.54 0.216
  Guillermo RUGGERI ARG DQ 0.198
  Marcio TELES BRA DNF 0.175

女子三段跳

決勝

予想通りに15mジャンパーであるロハス(ベネズエラ)とイバルグエン(コロンビア)とリパコワ(カザフスタン)いの3人の戦いになった。リパコワはロンドン五輪で優勝しており、好調の2人にどこまで食い込めるか期待された。
イバルグエンはリオ五輪でも優勝し、今回優勝すれば世陸3連覇。ロハスはなんと身長192cmで、走高跳では187cmの記録を持っています。ベテランであるイバルグエンは、それを上回る走高跳193cmを持っていますが。

3本目まで予想通りに1位イバルグエン(14m89)、2位ロハス(14m83)、3位リパコワ(17m77)という展開。3人の記録はほとんど差がなく、誰が勝ってもおかしくない状況に。5本目でイバルグエンが14m91を跳んで逆転。3本目まででトップだったイバルグエンはベスト8の最終跳躍者になっていたため、最後の逆転にスタジアムの注目が集まる。着地地点は14m90のあたりで、測定するまで逆転したかが分からない。結果は14m88。残念ながらロハスには及ばず。ロハスは世界陸上では全種目を通してベネズエラ初の金メダリストになった。

POS ATHLETE COUN MARK WIND
1 Yulimar ROJAS VEN 14.91 0.4
2 Caterine IBARGÜEN COL 14.89 SB 0.9
3 Olga RYPAKOVA KAZ 14.77 SB 0.9
4 Hanna KNYAZYEVA-MINENKO ISR 14.42 SB 1.2
5 Kristin GIERISCH GER 14.33 0.3
6 Anna JAGACIAK POL 14.25 0.7
7 Ana PELETEIRO ESP 14.23 PB 1.4
8 Shanieka RICKETTS JAM 14.13 0.3
9 Patrícia MAMONA POR 14.12 0.1
10 Kimberly WILLIAMS JAM 14.01 0.2
11 Susana COSTA POR 13.99 0.4
12 Neele ECKHARDT GER 13.97 0.9

 

男子110mH

決勝

スタート直後からマクリオド(ジャマイカ)が前に出る。それをシュベンコフ(ロシア)、ダリエン(フランス)、メリット(アメリカ)が追う展開。4台目でマクリオドにシュベンコフが追い付き、二人で抜け出す。
10台目でバーイ(ハンガリー)が一気に伸び、ギリギリでダリエンをかわして3着に滑り込む。マクリオドの強さが光るレースになった。

POS ATHLETE COUN MARK REACTION
1 Omar MCLEOD JAM 13.04 0.123
2 Sergey SHUBENKOV ANA 13.14 0.132
3 Balázs BAJI HUN 13.28 0.122
4 Garfield DARIEN FRA 13.3 0.115
5 Aries MERRITT USA 13.31 0.163
6 Shane BRATHWAITE BAR 13.32 0.169
7 Orlando ORTEGA ESP
13.37
0.361
0.140
8 Hansle PARCHMENT JAM
13.37
0.365
0.145

女子1500m

決勝

世界記録保持者のディババ(エチオピア)が予選から調子が悪かったため、ハッサン(オランダ)、キピエゴン(ケニア)を中心としたレースになると考えられた。
ハッサンはいつも通りに集団後方に付け、レースは地元イギリスのミューアを先頭に細かくペースが上下する展開。800mを過ぎるとハッサンが最後尾から先頭まで出てレースが動く。
ラスト1周はハッサン、キピエゴンが引っ張りそれにミュアー、シンプソンが続く。ラスト200mでミュアーがハッサンの後ろにつけ、キピエゴンが独走態勢に入る。ホームストレートに入ると後ろからシンプソンとセメンヤが猛烈に追い上げる。ラスト30mでハッサンが力尽きて3人抜かれ、ミュアー、シンプソン、セメンヤの2,3位争いになるが、ミュアーは4着になった。
ディババは結局12着に沈んだ。

POS ATHLETE COUN MARK
1 Faith Chepngetich KIPYEGON KEN 04:02.6
2 Jennifer SIMPSON USA 04:02.8
3 Caster SEMENYA RSA 04:02.9
4 Laura MUIR GBR 04:03.0
5 Sifan HASSAN NED 04:03.3
6 Laura WEIGHTMAN GBR 04:04.1
7 Angelika CICHOCKA POL 04:04.2
8 Rababe ARAFI MAR 04:04.3
9 Meraf BAHTA SWE 04:04.8
10 Malika AKKAOUI MAR 04:05.9
11 Hanna KLEIN GER 04:06.2
12 Genzebe DIBABA ETH 04:06.7

 






Twitterで更新をお知らせしています↓