2019年 ランニングシューズ事情 ミズノ編

2019年 ミズノ編

ランニングブームもそろそろブームというよりフィットネスとして定着した感があります。
ブームに乗れなかったミズノと、ブームには乗ったものの海外勢に押し出されたアシックス。ブームを契機に日本市場に定着した海外勢。
箱根駅伝ではヴェイパーフライが繁茂し、上位はほぼ海外ブランド。かつてはシェアを独占し、スポンサーのはずのミズノのシューズなんかほとんどテレビに映らないほどに変遷した昨今のシューズ事情。

そしてそんな動向とはあんまり関係ないトラック競技者向けモデルたち。

2019年のトラック向けのアップシューズを中心にラインナップを整理します。

アシックス編はこちら(2019年アシックス

過去の事情はこちら
2018年(ミズノ・アシックス
2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー

スパイクの事情はこちら
2019年(ミズノアシックス
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノアシックスナイキアディダス
2016年(ミズノアシックスナイキアディダスその他
初心者(初心者のスパイク

 

 

ミズノ

公式サイト内でもカテゴリー分けがごちゃごちゃになっているミズノ。『エキスパート』『レーサー』『ランナー』という3つが分かりやすいと思うのでこれでまとめます。わかりにくすぎる分け方だけどレーサーあたりが練習向きと考えて大丈夫。
変わりゆく時代のなかでもラインナップは昨年から特に変化はなし。

エキスパート(長距離用)

基本的に長距離用なのでザックリ。耐久性が低すぎてアップシューズとしては不向き。バウンディングなんかしたら一発でアウト。
クルーズ、エキデン、エキデンスピリットの3つ。

ウェーブクルーズ13

約160g(26.0cm片方)16,740円
みるからに薄い。履くと想像以上に薄い。『伝統のクルーズ、13代目は反発性が向上。』らしい。レーシングシューズとしては最高。
『ブルー×ホワイト×オレンジ』が2019年の新色でほか2色は2018から継続。

 
[ミズノ] ウエーブクルーズ 13

ウェーブエキデン12

約135g(26.0cm片方)16,740円
超軽量モデル。スパイクレベルで軽い。練習で使うなんて無理でしょう。

 
[ミズノ] ウエーブエキデン 12

エキデンスピリットDR2

約150g(26.0cm片方)10,800円
『駅伝をはじめるキミへ。軽さと素足感覚を追求した駅伝専用の勝負靴。』という謎コンセプトのシューズ。安さと軽さを重視したモデル。

 
[ミズノ]  エキデンスピリット DR2

 

スピードレーサー

計量だけどセパレートソールになっている。耐久性は高くはないけど軽さとフィット感が良いのでなにかと使える。

ウェーブエンペラー3、JAPAN3

約195g(27.0cm片方)15,012円、JAPAN約175g(27.0cm片方)18,360円
ジャパンは日本製。ソールも違う。どうして同じ名前で売ってるのか良く分からない。練習用に使うならJAPANである必要はないと思う。2018モデルでは全部紫の悪趣味なやつもあったけど2019モデルは無難に無印2色、JAPAN2色。レディースモデルとワイドモデルもある。
フィット感が良くてスピードを出してもブレないので、反発の全くないスパイクみたいな感覚で使える。冬季練習用なら1シーズンはもつ。

 
[ミズノ] ウエーブエンペラー 3

 
[ミズノ] ウェーブ エンペラー ジャパン 3

ウェーブアミュレット8

約205g(27.0cm片方) 15,012円 2018年モデル
個人的には好きなシューズ。陸上競技で使うには過不足なくなんでもできるので重宝しています。ミズノのセミオーダーで選べるソールはこれのそーるです。
サブ3.5向けシューズなので軽くてそこそこ耐久性があるので十分使える。バウンディングで酷使しなければぜんぜんこれでいける。
シューズに強いこだわりがないのであればこれを買っておけば間違いない。安いし耐久性があるし軽いのでこれで不満が出る事は無いはず。見た目がださいくらい?
ただ、たぶん廃盤になったっぽい。ミズノはこの『エアロより軽いけどエンペラーよりクッションがある』っていうラインのシューズを売るのが下手すぎる。

 
[ミズノ] ウェーブ アミュレット 8

ウェーブエアロ17

約230g(27.0cm片方)14,580円
サブ4向けシューズなので体重重めな人が変な走り方で走っても壊れないレベルの耐久性がありつつもランシューとして十分な軽さを持っている。スピードに耐える軽さをもちつつもバウンディングにも使える。しかもドロップが低いので接地感覚を邪魔しにくい。反面、フィット感は普通。悪いところはちょっと重くて微妙に厚いところ。
迷ったらこれ買っておけば間違いは無い。

 
[ミズノ] ウエーブエアロ 17

 

 

ランナー

ランナーと言うか初心者ランナー向けシューズ。練習では跳躍練習専用機として使える。バウンディングしまくるならこれがいい。

ウェーブプロフェシー8

約380g(27.0cm片方) 24,840円
クッション性に全振りした極端なモデル。走りにくいけどバウンディングに使うならすごくいい。
メーカーは『ハイエンドのランニングシューズとしては言わずもがな、今日のトレンドともマッチしたハイテクなデザインを纏った今作はファッションツールとして街履きにもオススメしたい』とかいう狂言を垂れてますがこんなの街中で履いてる人いたら指をさして笑う。

 
[ミズノ] ウエーブプロフェシー 8

ウェーブライダー22

初心者向けマラソンシューズの定番。パワーをかけるとブレるし重い。バウンディング多めならこれもいい。

 
[ミズノ] ウエーブライダー 22

 






Twitterで更新をお知らせしています↓