幅跳びのエチェバリア、追参で8m92!?

大会結果いろいろ

2018年にダイヤモンドリーグで8.83(+2.1)の追参世界歴代3位の記録をマークしたこともあるエチェバリア選手ですが、なんと3.3m/sの追風参考で8m92を跳んだ模様。
追参の世界歴代最高はマイク・パウエルが1992年に跳んだの8m99(+4.4)。歴代2位もパウエルで8m95(+3.9)となっています。
パウエルは公認で世界記録である8m95をもっているため、8m92だとパフォーマンス世界歴代4位となり、カールルイスのパフォーマンスを上回ったことになります。
歴代の記録と並べてみると、時期的にも驚異的な記録である事が分かります。

歴代 選手 記録 年日
1 Mike POWELL 8.99 +4.4 1992.7/21
2 Mike POWELL 8.95 +0.3 1991/8/30
3 Mike POWELL 8.95 +3.9 1994/7/31
4 Juan Miguel ECHEVARRÍA 8.92 +3.3 2019/3/10
5 Carl LEWIS 8.91 +2.9 1991/8/30
6 Bob BEAMON 8.90 +2.0 1968/10/18
6 Mike POWELL 8.90 +3.7 1992/5/16