2019年アジア選手権 結果速報

ドーハアジア選手権

2019年4月21日(日)~24日(水)、カタールのドーハ(ハリーファ国際スタジアム)で開催されたアジア選手権の結果をご紹介します。

 

日本人選手結果

短距離

100m

男子

選手 予選 準決勝 決勝
桐生祥秀 10.29+0.9m/s Q 10.12+1.4m/s Q 10.10 1.5m/s 金メダル
山縣亮太 10.30-0.2m/s Q 10.18 +1.2m/s Q DNS

桐生選手が優勝。山縣選手は決勝進出したものの足の違和感でDNSでした。

 

 

 

女子

選手 予選 準決勝
福島 千里 11.92-1.3m/s q  12.02+1.3m/s 落選

 

200m

男子

選手 予選 準決勝 決勝
小池祐貴 21.18+2.0m/s Q 20.60+1.3m/s Q 20.55+1.7銀メダル

小池選手が準優勝。出場予定だった飯塚翔太選手は急性虫垂炎によって欠場しました。

 

 

女子

選手 予選
山田美来  24.09+1.0m/s 落選
三宅奈緒香 24.36+2.3m/s 落選

 

400m

男子

選手 予選 準決勝 決勝
ウォルシュ・ジュリアン 46.00 Q 45.67 q 45.55 5位入賞
伊東利来也 46.59 Q 46.52 Q DQ

ウォリュシュ・ジュリアン選手が5位入賞。伊東選手は7位でフィニッシュしましたがレーン侵害により失格になりました。

 

 

女子

選手 予選 決勝
広沢 真愛 53.91 Q 53.54 4位入賞

 

中・長距離

800m

男子

選手 予選 準決勝 決勝
村島匠 1.54.39 Q 1.50.76q 1.52.32 6位入賞

女子

選手 予選 決勝
塩見 綾乃 2.05.33  Q  2.07.70 6位入賞

 

1500m

男子

選手 予選 決勝
館澤亨次 3.49.31 q 3.44.70 5位入賞
田母神一喜 3.55.95 Q 3.45.15 7位入賞

大学生の2選手が見事入賞しました。

 

 

女子

選手 決勝
卜部蘭 4.17.90 4位入賞
陣内綾子 4.24.17 10位

5000m

男子

選手 決勝
松枝博輝 13.45.44 3位入賞
服部弾馬 13.47.82 4位入賞

女子

選手 決勝
田中希実 15.44.59 6位入賞
髙松智美ムセンビ 16.08.16 8位入賞

10000m

男子

選手 決勝
鎧坂哲哉 28.44.86 4位入賞
阿部弘輝 29.17.47 6位入賞

女子

選手 決勝
新谷仁美 31.22.63 銀メダル
堀優花 33.15.65 6位入賞

新谷選手は31.50.00の世陸標準を突破しました。

 

障害

110mH

男子

選手 予選 決勝
高山峻野 13.69 +1.0m/s Q 13.59+1.7m/s 4位入賞
金井大旺 13.67+2.1m/s Q 13.64+1.7m/s 5位入賞

 

 

100mH

女子

選手 予選 決勝
木村文子 13.19 +1.9m/s Q 13.13 +1.3m/s 金メダル
青木益未 13.31 +1.3m/s Q 13.28 +1.3m/s 銅メダル

なんと、木村選手と青木選手が1位と3位に入りました。すばらしい。

 

400mH

男子

選手 予選 決勝
安部 孝駿 49.63(1/1h) Q  49.74 5位入賞

この種目では、46.98の世界歴代2位の記録を持つ地元カタールのサンバ選手が47.51の今季世界最高記録でブッチぎり。

 

 

女子

選手 予選 決勝
宇都宮絵莉 58.68 q 57.38 4位入賞
青木沙弥佳  59.43 落選  

3000mSC

男子

選手 決勝
塩尻和也 8.32.25 銅メダル
山口浩勢 8.47.07 6位入賞

 

 

女子

選手 決勝
石澤ゆかり 10.06.55 6位入賞
藪田裕衣 10.14.00 10位

 

跳躍

走高跳

男子

選手 予選 決勝
衛藤昂 2.16 q 2m29 銀メダル
戸邉直人 2.16 q 2m26 銅メダル

衛藤選手と戸邉選手が2位、3位でメダル獲得。

 

 

女子

選手 決勝
津田 シェリアイ 1.75 5位入賞
仲野 春花 1.75 7位

棒高跳

男子

選手 決勝
江島雅紀 5.51 6位入賞
山本聖途 5.51 7位入賞

 

 

女子

選手 決勝
田中 伶奈 4.00 5位入賞
南部 珠璃 DNS

走幅跳

男子

選手 予選 決勝
橋岡優輝 7.81 +0.2m/s Q 決 8m22(+0.5) 金メダル
城山正太郎 7.72 +1.1m/s q 7m78(+0.5) 5位入賞

若手最有力の橋岡選手が日本記録まであと3cmと迫る跳躍を6本目に決めて逆転優勝。
世界陸上ドーハ大会の参加標準が8m17cmですので、橋岡選手は標準突破。

 

 

女子

選手 決勝
高良彩花 6.16 -0.1m/s 銀メダル
中野瞳 6.10 +0.6m/s 5位入賞

 

三段跳

男子

選手 予選 決勝
山本凌雅 15.97+0.1m/s q 16.04 +1.6m/s 7位入賞
山下航平 15.78-0.5m/s q  15.08 +1.4m/s 10位

女子

選手 決勝
宮坂楓 12.95 +1.6m/s 8位入賞

 

投擲

砲丸投

男子

選手 決勝
中村太地 17.51 9位

女子

選手 決勝
郡奈々佳 15.68 4位
太田亜矢 15.50 5位

円盤投げ

男子

選手 決勝
湯上剛輝 57.90 4位入賞
米沢茂友樹 53.67 11位

女子

選手 決勝
郡奈々佳 NM
齋藤真希 52.87 6位入賞

ハンマー投げ

男子

選手 予選 決勝
墨訓照 65.28(11/A) q 65.86 9位
木村友大 59.62(15/A) 落選  

女子

選手 決勝
渡邊茜 63.54 銅メダル
勝山眸美 59.70 5位入賞

混成

十種競技

選手 決勝
右代啓祐 7872pt  金メダル
中村明彦 7837pt 銅メダル

十種の2人が金メダルと銅メダルを獲得。

 

 

7種競技

選手 決勝
山﨑有紀 5753pt 4位入賞
ヘンプヒル恵 途中棄権

 

リレー

4×400mR

男子

オーダー 決勝
ウォルシュ・ジュリアン
– 佐藤挙太郎
– 伊東利来也
– 若林康太
3.02.94 金メダル

マイルリレーで金メダルを獲得。この記録は2018年の世界パフォーマンスランキングでは45位相当。

女子

オーダー 決勝
広沢真愛
– 青山聖佳
– 武石この実
– 岩田優奈
3.34.88  銅メダル

混合

オーダー 決勝
若林康太
– 武石この実
– 稲岡真由
– 佐藤挙太郎
3.20.73  銅メダル

4×100mR(女子)

オーダー 決勝
壱岐いちこ
– 山田美来
– 青野朱李
– 三宅奈緒香
44.95  6位入賞

 






Twitterで更新をお知らせしています↓