世界リレー速報 放送がクソ

世界リレー

世界リレーの1日目がガラガラの競技場で開催された。
1日目の開催種目は8つ
①混合シャトルハードルリレー 予選
②女子4x400mR 予選
③男子4x400mR 予選
④混合2x2x400mR決勝
⑤男子4x100mR 予選
⑥混合4x400mR 予選
⑦混合シャトルハードルリレー決勝

結果から言えば、
④と⑦で銅メダル獲得。

問題は2つ。
まずは客席がガラガラすぎること。まあこれは予想できた。
もう一つの問題はTV中継が最悪だったこと。④と⑦は放送されていないのだ。

1日目の中継は19:00~20:50がBS、8:50~9:54が地上波で放送された。
そもそもシャトルハードルリレーは予選、決勝共に中継は一切されず、包装内では結果にも触れられなかった。
途中、実況が混合リレーのルールを間違えていたりもした。

④の混合2x2x400mR決勝に至っては、レースの途中でBSの放送が終了。その後地上波に移るも地上波ではレースを完全無視。BSから観ている視聴者はレースを途中で打ち切られたまま結果は知らされなかった。

本当にクソ。クソクソあんどクソ。

決勝種目だよ。
途中まで中継したなら最後まで責任もってくれ。
メダル採ってるし。

まあしょうがない。っと思えないのはそれがその後、⑥の混合4x400mR予選でも似たようなことが繰り返された。
日本チームの出走するレースがいよいよスタートというところで放送が打ち切られて次のニュース番組に切り替わったのだ。
ドラマとかならわかるけどニュースなんてなんとでもなるだろ。

もう陸上を潰したいとしか思えない。
少しでも陸上の発展を思っていればこんなことできないと思う。あるいは世界陸上チームが仕事できない人を集める左遷先になっているか。地上波に切り替わった直後、混合リレーの結果に一切触れないキターの人も本当に見損なった。よくもまあ生放送のあの状況であんな態度がとれたもんだ。

とりあえずテレビで観る限りでは世界リレー横浜は1日目の段階では本当にびっくりするくらいダメな大会。

近年盛り上がりつつある陸上熱に水をぶっかけるTV放送、世界陸上の放映権は今回のドーハを最後にして次は違う局で放送してほしい。






Twitterで更新をお知らせしています↓