新国立競技場は陸上の聖地になれるのか?

新国立競技場

陸上の聖地と言えば世界陸上東京大会の会場にもなった今はなき国立競技場だったと思います。
サブトラックがなかったり(一応、織田フィールドがありますが遠すぎる)、そもそも設計が古いのでオリンピックを前に解体されてしまいました。
すったもんだの末、新国立競技場は現在建設中ではありますが、五輪閉会後の新国立がそのまま陸上の新たな聖地となるのか、はたまたトラックが撤去されて球技専用競技場になるのかといった議論がなされています。
今回は、この新国立競技場のすったもんだについてご紹介します。

 

 

 

現在、陸上の聖地はない?

メジャースポーツと言える陸上競技ですが、聖地といえばどこでしょう?
いくつか聖地っぽいところはありますが、新国立ができれば聖地になることは間違いありません。

陸上の聖地と言えば?

やっぱり旧国立だと思います。日本選手権をはじめとして、陸上の主要大会と言えば国立です。それ以外の競技場だとどうしてもサッカーに間借りする感じになってしまいます。

国立霞ヶ丘陸上競技場(旧国立競技場)

陸上の聖地と言えばここだったと思います。陸上のみならず、高校サッカーの聖地でもありました。
1964年のオリンピックのメイン会場であり、聖火台がそびえたっていた競技場です。世界陸上東京大会の舞台となり、カール・ルイスとリロイ・バレルの激闘の舞台にもなりました。関東インカレの会場でもあったため、関東の陸上選手にとってはここで走るのがひとつの目標。日本選手権もここで開催されていました。
都心のど真ん中にあることからサブトラックの設置が難しいなどの理由で、跡地に造られる新国立もトラック機能を残すかどうかでもめています。
設計があまりに古く、屋根がなかったりトイレが戦後感を漂わせていたりとノスタルジックな雰囲気の競技場でした。スロープ下の70mくらいの練習用走路で大勢がアップする感じはカオスでした。

駒沢競技場

1964年に東京五輪のサブ会場として整備された駒沢オリンピック公園総合運動場にある競技場。
ここは今でも高校の都大会会場になっており、関東大会なんかも東京であればここで開催されることから、東京出身の人にとっては聖地感があるかと思います。しかし、サブトラックがないこと、近隣状況からナイターで試合が出来ない事などの理由で現在はサッカーなどでも大きな大会での使用はありません。
ローカルレベルではちゃんとした大会も開催されているのですが、テレビでの露出がほぼない競技場ですので都民以外にはなじみがない競技場です。

横浜国際総合競技場(日産スタジアム)

世界リレー横浜大会の会場にもなった競技場。サッカーのリノスの本拠地として使われていて、日韓ワールドカップの決勝の会場にもなった巨大な競技場です。サッカーマネーが入っているため、施設は非常に綺麗に整備されています。横浜とは言うものの、最寄りは新横浜か小机です。新横浜なので新幹線でも行けますが、都心からだとちょっと遠い。
サブトラックもしっかりあり、旧国立が取り壊されてからは関東インカレの会場としても使用されていました。
基本的にサッカーメインの会場といった雰囲気があり、陸上の聖地と言うにはサッカーファンに申し訳ないしそもそもそんなに実績がない。

長居陸上競技場

大阪の長居公園にある競技場。サッカーのセレッソ大阪の本拠地として使用されています。
国内では数少ない世界陸上等が開催できる国際陸連クラス1の公認競技場で、2007年の世界陸上の会場にもなった競技場です。旧国立なき今ではここがいちばん実績のある競技場だと思います。
聖地とするのに致命的な欠点は大阪にあることでしょう。
サッカーなどと違って、陸上はやっぱり大学が一番盛り上がっているスポーツです。大学の集まる関東の競技場でないと聖地と呼ぶにはちょっと厳しい?
っていうか、ここで毎年日本選手権とかやられても観にいけない。

 

新国立、トラックを撤去する問題

そもそもこの問題を知らないと話になりません。
現在建設中の新国立競技場ですが、メイン会場のとなりの球場に仮設でサブトラックを建設することになっています。オリンピックのメイン会場として使用される間はいいのですが、問題は大会終了後です。
このサブトラックは仮設のため、大会終了後には撤去して球場に戻すそうです。サブトラを撤去すれば当然大きな国際大会の開催はできなくなるので、そもそも国立にトラックを残す必要自体が無くなります。
トラックがいらないならトラック部分を客席にしてしまって球技専用競技場にしてしまったほうがいいじゃないか!!
という話になっています。

サブトラック問題

サブトラックの問題は旧国立で走った選手であれば誰しもが思ったことだと思います。
旧国立にはサブトラックはなく、入口のスロープ下に設けられた70m程度の狭い直走路だけがスパイクを履いて走れるアップ場でした。ぎゅうぎゅうの環境でもトラブルなく使用できていたのは選手のマナーが良いからに他なりません。正直、旧国立のまんまでは国際大会どころか学生の大会ですら開催困難だと思います。
で、国立を新しくするのであれば当然ちゃんとしたサブトラックを作ろうと言う話になるのですが、どういうわけだかサブトラは仮設ということになってしまったのです。

サブトラがなければ競技場としての価値はない

サブトラがなくても競技場が立派ならそれでいいじゃないかと思うかもしれないが、国際大会や日本選手権など全国規模の大会は第1種公認競技場(世陸等は国際陸連のクラス1)でないと開催できない。この1種競技場となる為にはいくつか条件があるのだが、問題となるのはサブトラの要件。全天候舗装の第3種相当のサブトラが併設されていないといけないのだ。第3種っていうのは私立大学にある全天候型トラックくらいの規模のトラック。
つまり、
サブトラを撤去すると新国立競技場は第2種公認という分類になり、国際大会はおろか、日本選手権すらも開催できない競技場になってしまうのだ。サブトラがなければインターハイ規模の大会だって現実的には無理だ。
そんな国立競技場には存在価値はない。

都心に競技場がないのはどうなのか?

新国立はうまいことやって陸上競技場としても機能を残して欲しいと個人的には願っている。それはなぜかというと、都心に大きな陸上競技場がないからだ。
陸上競技場自体は都内にもけっこうある。23区内だけで400mトラックが8か所、多摩に7ヶ所もある。土や400m未満のトラックを含めると20ヶ所以上もある。これだけトラックがいっぱいある国は他にないんじゃないだろうか?
しかし、それらの競技場はほとんどが市民競技場的なもので、客席はメインスタンドがちょっとあるだけ。公認のことは置いておいて、お客さんが座って観戦できるような競技場となると駒澤味スタくらいだ。神奈川まで入れると日産等々力の2か所は使えるが、いわゆる都心からアクセスできるのは駒澤だけ。で、この駒澤はナイターがない…
つまり、首都東京にはまともな競技場がないのだ!!

スタジアムなくして陸上人気はない

大規模大会が開催可能なスタジアムがない限りは日本で陸上が盛り上がることはない。
卵が先か鶏が先か。スタジアムが先か陸上人気が先か。とりあえず現状の日本陸上界にはスタジアムを運営できるだけの集客力はない。それでもやっぱり日本で国際大会を開催して欲しい。例えばダイヤモンドリーグが日本で開催されるようになれば、あるいはそれをちゃんと宣伝して集客するだけの能力を陸連が身につければ、だんだんと陸上人気も上がるはず!!
新国立にはトラックを残さなくてもいいけど、ちゃんとした競技場を都内に1ヶ所は整備してもらいたい。ちょっと行けば有象無象の陸上競技場が20か所もあるんだから、それをどれか1つでもきちんと陸連が管理すれば不可能なことはないはず。

駒澤か味スタを陸上競技場にするのはどうだろうか?

都心の真ん中にあるのが一番いいんだけど、別にそこまで真ん中である必要はない。それこそ駒澤とか味スタくらいの場所にあっても全然問題ない。なんなら新国立は今の場所よりも代々木公園とかに造ってくれれば、その方がみんなありがたかったんじゃないかと思う。
陸上なんて年に数回しか大きな大会できないんだから、新国立にこだわるのはいささか無駄だ。新国立がサッカーの聖地として盛り上がってくれるなら日本のスポーツ界的にはその方がいい。陸上だってサッカーマネーのおこぼれに与れる。新国立は諦めて、今ある施設をお願いして改修してもらって陸上の国際大会も開催できるようにすれば誰も損しないんじゃない?
具体的に言えば一番良さそうなのは味スタ。現在公認は満了していて更新していないが、施設的には余裕で1種をとれる。ちょっと改修すれば国際陸連のクラス1だってとれる(はず)。調布なのでアクセスだって悪いことは無い。現在はFC東京とヴェルディの本拠地になっているが、新国立の専用化、あるいは織田フィールドをつぶしてサッカースタジアムの建設が決まれば、サッカーファン的にも良い話ではないだろうか。
あとは駒澤をちゃんと使えるように改修するかだ。駒澤は土地は余っているのでサブトラなんて造り放題。近隣住民や病院への配慮という点がひっかかるが、陸上の大会なんて年に数回だ。

っていう話があるんです。どう思います?
実際にはもうちょっとややこしいんです。

 

球技専用競技場にする問題

そもそも陸上競技には集客力がありません。オリンピックレベルの大会を開催すれば客は入るものの、先日の世界リレーなんかをみても分かる通り、現地で金を払って陸上を観戦する人なんて日本にはほとんどいない。日本陸連には陸上競技をビジネスとして成功させるだけのノウハウも能力もない。
そんな陸上のために税金を使って巨大な競技場を維持するのは無駄だというのだ。まあそれはほんとにその通りだと思う。
なんというか、正論だ。
で、集客が見込める競技と言えばサッカー。代表選を新国立で開催すればペイできるのではないかということで、五輪終了後にはトラックをつぶして客席を増やす。そうすることでもともと6万8000席の客席は8万席にまで増えるという。これはワールドカップが開催できる規模のスタジアムだ。ついでにコンサートもできるようにすれば稼働率も上がるという。
日本サッカー協会は『代表選はサッカー専用スタジアムでしかやらない』と言っているらしい。

サッカーはサッカー専用スタジアムのほうが絶対にいい

そもぞもなぜトラックを潰す必要があるのか?っていうと、サブトラ問題だけではなく、トラック自体が邪魔だからだというのも大きな理由。競技場に行ったことがあればわかると思うが、スタンドから芝生まではトラックのせいで結構な距離がある。もしこのトラックがなくなれば、その分スタンドは芝生に近づくのだ!!
私はサッカーもやっていたのですっごいわかる。せっかくスタジアムまでサッカー観に行ったのに遠くて全然観えないのは半分はトラックのせいだ。サッカーを観ると言う点ではトラックは邪魔でしかない。

東京に専用競技場がない!!

専用競技場っていうのは、トラックのない競技場のことです。サッカーとかラグビーとかをメインにした競技場。Jリーグでも柏レイソルや鹿島アントラーズの本拠地がこのタイプです。テレビで観ていても客席とフィールドが近くて臨場感ある。
東京には現在3つのJリーグチーム(FC東京、ヴェルディ、FC町田ゼルビア)があるにもかかわらず、どこもトラックのある競技場を本拠地としていて専用競技場はゼロ。
都内に専用競技場が必要なのは間違いありません

代々木にサッカー専用スタジアムの建設構想がある

織田フィールドを潰してサッカー専用スタジアムにしようという構想。現実性は今のところ低そうだけど、アクセスの良い場所にサッカー場がないというのもまた日本の問題。もしもこれが実現すれば、FC東京はちゃんと東京に本拠地を置けるし、日本で一番アクセスの良いスタジアムになることは間違いない。
ただ、織田フィールは潰れるのであそこで走っている人達にはひんしゅくを買うかもしれない。

代々木がだめならやっぱり新国立でしょう

新国立がもし球技専用競技場になったところで、Jリーグのチームはそこには本拠地を置かないと言っている。そんじゃあそれが無駄かといえば、今は日産スタジアムや埼玉でやっている代表選を東京で出来るというその意味は大きい。陸上にとってはマイナスだけど日本にとってはその方がプラスかもしれない。だって、トラックあったらほんと邪魔だもん!!

 

こんな感じで、新国立ですったもんだしているのは陸上界だけではないのです。サッカー界もスタジアム問題を抱えています。
そもそも税金で建てるスタジアム。レガシィっていうけど、負の遺産になったら困っちゃうのは都民。公共施設なんて収支のこと考えればほとんどが赤字だろうから、そういうのを支えるための税金とも考えられる。難しそうな問題ですな。
いずれにしても、陸上人気が低いまんまではどうしようもありません。頑張れ陸連。

 






Twitterで更新をお知らせしています↓