DLオスロでコールマンが9.85、小池は10.15。400mHでも好記録!!

19年DLオスロ

2019年6月13日(木)、ノルウェーのオスロでダイヤモンドリーグ第5戦が開催されました
世陸に向けたシーズンも本格的に始まり、各選手好記録を出しています。

 

 

ダイヤモンドリーグオスロ大会の好記録

100mでコールマンが9.85!!

まずは100m。
ポストボルト大本命、クリスチャン・コールマン(アメリカ)が格の違いを感じさせる走りをみせつけました。

とりあえず動画をどうぞ↓

 

 

このレースではコールマンマイク・ロジャース謝震業ウジャプレスコッドら超有名選手が顔を揃えました。
そしてそのなかには日本の小池選手も。

コールマンが圧倒的な走りで9秒85の今季世界最高記録をマークして優勝
コールマンは先日も9秒86で走っており、2019年シーズンの100mパフォーマンスランキングでは1,2位となりました。
世陸では優勝候補最有力。注目です。

そして、10秒01で2位に入ったのは、PB9秒97をもつ中国の謝震業
蘇炳添に続く中国の有力選手で、日本選手としては絶対に負けられない選手ですが、やはり力があります。
コールマンがこれだけの走りをしているなかでも、硬くならずに10秒01で走る実力はさすが。

小池選手は5着ながら10秒15
先週6月11にはフランスノモントルイユで10秒20で走っているだけに、日本選手権を前に絶好調といったところ。
日本選手権では優勝もあり得る仕上がりです

400mHでウォーホルムが47.33!!

400mHでも好記録がうまれました。
地元ノルウェーのカールステン・ウォーホルムが47秒33のヨーロッパ新記録で優勝。
これは世界歴代13位の記録です。

このレースには日本の安部選手も出場。
49秒78で5着でした。

 

レース序盤からウォーホルム選手がぶっ飛ばします。
内側のカイロン・マクマスターが付いて行くものの、最終コーナーからは完全な独走状態。
これだけの走りが出来れば世陸・五輪の優勝も現実的なものになります。

400mHではカタールのマンバという選手が最有力ですが、世陸ドーハではウォーホルムとの戦いに注目です。

 

 






Twitterで更新をお知らせしています↓