【雑記】陸上選手はどのスポーツ選手よりも足が速い

雑記

雑記です。

当たり前ですが、陸上選手は世界で最も足の速い人達です。
っていうお話。

『陸上は100mだから50mまでは野球選手の方が速い』
っていう事を言う人もいます。
今でも毎年、50mで日本記録を超える高校球児が出て来ます。まあ、実際そんなはずないんですけど。
それが個人で言っているなら良いんですが、スポーツ紙とかでも平気で言ってるので困ったもの。
そしてそういうのを信じちゃってる人はけっこういます。

日本だと野球ですが、短い距離で足が速そうな競技っていうとアメフトでしょう。
実際、アメリカの陸上選手はアメフト出身だったり、ガトリンがドーピングで出場停止になった後にアメフトに転向したりもしています。

野球にはいわゆるフィジカルモンスターがいますが、それよりもアメフトのほうがモンスターだらけなように思えます。
アメフトも短い距離のダッシュが重要な種目で、アメフトの場合は40ヤード、約36mがひとつの基準になっています。
日本の野球みたいに『40ヤードまでなら陸上選手より速い』って言う人もいると思われます

そんな、『陸上選手より速い人がいるのか論争』に我らがボルトが結論を出しています。
2017年に引退したボルトですが、その後はセレブ生活で世界各地をウロウロ。
2019年2月に行われたNFLのイベントでそれは起こりました。

特設会場で40ヤードを走る、適当な服装に平たいスニーカーのボルト
そのタイムはなんと4秒22
いまいちピンときませんが、この記録は歴代のNFL史上最速タイ記録だそうです。
NFLのHPで4.22の走りが観られます

さすがのボルトでもあの感じだといいとこ10秒5台くらいだと思います。もっと遅いかも。
もちろん、アメフトは走るだけじゃないし、NFL選手の足がめちゃくちゃ速いのは間違いない。
それでも、NFL最速であっても引退後のスニーカーを履いたボルトには勝てない。
それが陸上選手の速さなのです。

ボルト越えの高校球児なんているわけなかろう。






Twitterで更新をお知らせしています↓