【2019年陸上世界ランキング②】夏シーズンの動向

2019年夏シーズンランキング

世界陸上を9月に控えた2019年。
いつもの世界陸上であれば8月開催のため7月は最終調整時期となるのですが、今回はちょっと違う様子。
遅めの5月ごろにシーズンインして、どの選手も6,7月で一度仕上がった感じになっています。代表権がとれた選手は夏休みでリフレッシュして、ドーハに臨む感じ。

ってことで、今季は夏シーズンはありません。
7月が終わると同時にシーズンはほぼ終わりました。
あとは秋に世陸があるだけ。スロースタートのまんま気が付けばシーズンが終わっているのです。

今回は、ドーハを控えた夏シーズンのランキングをご紹介します。
スロースタートだった春シーズンは別でまとめていますのでそちらもご参考下さい。

 

 

2019年夏シーズン世界ランキング

2019年は陸上界ではターニングポイントの年になるかもしれません。
2017年にボルトが引退して初めての世界陸上。絶対王者としてボルトがいて、それを中心にしたアメリカとジャマイカの勢力争いがこれまでの陸上の面白さでした。
今年のランキングは大変なことになっています。
アメリカ最強時代の到来でしょう。

100m

ランク 選手 記録
1 Christian
COLEMAN
9.81 -0.1 USA
2 Noah
LYLES
9.86 0.9 USA
2 Divine
ODUDURU
9.86 0.8 NGR
4 Justin
GATLIN
9.87 -0.1 USA
5 Cravon
GILLESPIE
9.93 0.8 USA
5 Akani
SIMBINE
9.93 0.5 RSA
5 Arthur
CISSÉ
9.93 1.9 CIV
8 Zharnel
HUGHES
9.95 0.5 GBR
9 Yohan
BLAKE
9.96 0.4 JAM
9 Aaron
BROWN
9.96 1.7 CAN
11 Reece
PRESCOD
9.97 0.9 GBR
11 Abdul
Hakim SANI
BROWN
9.97 0.8 JPN

アメリカかオドゥドゥルか!?

100mで注目すべきはアメリカ勢。
今回の世陸もコールマンvsライルスの2強の対決となるであろうと予想されますが、ワイルドカードをもつガトリンが9.86というとんでもないタイムで走っています。

アメリカ以外では、ポストボルトの期待も大きいオドゥドゥル(ナイジェリア)がライルスと並ぶランキング2位につけています。全米学生選手権を制したオドゥドゥルがアメリカ勢にどれほど対抗出来るかというのが今シーズンの見所でしょう。
当然、世陸でもこのアメリカ勢とオドゥドゥルの対決に注目です。

そしてアジア勢では日本の活躍が目立ちます。
サニブラウン選手は9.97でランキング11位、小池選手が9.98で13位、桐生選手が10.01で20位となっており、複数人のタイムでいえばアメリカに次ぐ勢い。世陸のリレーでは優勝も十分に狙える力があります。

 

200m

ランク 選手 記録
1 Noah
LYLES
19.50 -0.1 USA
2 Michael
NORMAN
19.70 0.7 USA
3 Divine
ODUDURU
19.73 0.8 NGR
4 Kenneth
BEDNAREK
19.82 -0.8 USA
5 Alex
QUIÑÓNEZ
19.87 -0.1 ECU
6 Zhenye
XIE
19.88 0.9 CHN
7 Andre
DE RASSE
19.91 -0.6 CAN
7 Christian
COLEMAN
19.91 0.6 USA
9 Cravon
GILLESPIE
19.93 0.8 USA
10 Aaron
BROWN
19.95 -0.1 CAN

ライルスvsノーマン、伏兵は謝震業?

おなじみのライルスと、200mの超人ノーマンの2強時代です。この先10年はこの2人を中心に200mが回るでしょう。
おそらくコールマンは100mを専門とするので、ライルスノーマンに400mで44.73をもつケニー・ベドナレクがアメリカの200m代表になるでしょうか。
もちろんオドゥドゥルもいますが、こちらも多分100mを主戦場とするため、対抗するのはキニョネスと先日アジア新を叩きだした謝震業の2人。キニョネスはロンドン五輪で7位に入賞していますが、30歳となる今年は年齢的にリミットでしょう。そうするとやっぱり謝震業に期待がかかります。
あるいはドグラスがまだ粘るのか?この選手は一発はないものの、いつも上位に入ってきます。

 

400m

ランク 選手 記録
1 Michael
NORMAN
43.45 USA
2 Fred
KERLEY
43.64 USA
3 Kahmari
MONTGOMERY
44.23 USA
4 Stewart
TREVOR
44.25 USA
5 Nathan
STROTHER
44.29 USA
6 Rai
BENJAMIN
44.31 USA
7 Akeem
BLOOMFIELD
44.40 JAM
7 Vernon
NORWOOD
44.40 USA
9 Steven
GARDINER
44.45 BAH
10 Machel
CEDENIO
44.52 TTO

アメリカの独壇場

400mに関してはアメリカ以外に有力選手はいないといっても過言ではありません。
特にノーマンフレッド・カーリーの2人の争いが世陸決勝でみられるはず。この2人のどちらが400m第一人者になるのか。200mもあるノーマンは体力的にはちょっときついのかも?
強いて言えばガードナーの調子次第でどうなるのか?というところでしょう。
ヴァン二―キルクキラニ・ジェームスはどこでなにやってんでしょうか?

 

その他、棒高跳びなんかでも好記録がでています。またそのうちに…

 






Twitterで更新をお知らせしています↓