【雑記】ナイキの厚底が禁止になるかもしれない話を陸上競技的視点で観てみる

雑記

陸上好きにはおなじみのナイキ・ヴェイパーフライ
カーボンプレートが内蔵された厚底ランニングシューズで、それまで薄底シューズが主流だった長距離界を荒らしてナイキ一色に染めたシューズです。
登場当初からその反発力の高さから『ドーピングシューズ』と揶揄されてきたこのシューズですが、ついに陸連がNGを出しそう。

っていうニュースが世間を賑わせています。直近の箱根駅伝でもヴェイパ―フライが区間記録を出しまくったけに、世間の注目も高い様子。
世間の注目もそろそろ逸れた頃ですので、ここでも取り上げようかと思います。

今回は
ヴェイパ―フライ禁止騒動を陸上的視点で観る
と称して、この騒動をご紹介。

 

 

 

ヴェイパ―フライがきわどい理由は?

そもそもこれがわかっていないと話になりません。
ヴェイパ―フライが禁止されるかもしれない理由はいったい何なのでしょうか?

ルール的には助力になるシューズはNG

陸連がヴェイパ―フライの禁止を検討している理由は簡単で、助力になるっぽいから
日本陸連のルールで紹介すると、第143条競技用靴の項がある。

第143条 競技用靴競技者は、裸足でも、また片足あるいは両足に靴を履いて競技をしてもよい。競技の時靴を履く目的は、足の保護安定とグランドをしっかり踏みつけるためである。しかしながら、そのような靴は、使用者に不公平となる助力や利益を与えるようなものであってはならない
使用される靴はどのようなものであっても、陸上競技の普遍的精神に合致し合理的かつ無理なく入手できるものでなくてはならない。

 

バネ構造が仕組まれている靴はダメっていうことで、ヴェイパ―フライはカーボンプレートによる反発がこの『助力や利益を与える』っていうところに引っ掛かる可能性があるのだ。

これだけ世界中で好記録が連発されているんだから、助力や利益を与えていることは否定できないだろう。
が、それはルール的にアウトなのか?というのが難しいところ。

間違えてはいけないのは、厚底だからダメなのではないということだ。厚底が特徴のシューズではあるものの、ルール上は厚いから禁止ということはない。さについては後述するが「さしつかえない」とされている

『厚底で疲れにくいのに速く走れてズルイから禁止』なのではなく、『助力になる反発があるから禁止』ということで議論になっているのだろう。
ヴェイパ―フライの反発の高さについては、靴をビヨ~~ンと高く跳ねあげる動画が出て話題になったこともある。登場直後からこのシューズはさすがにダメだろっていう話は出ていた。

 

反発がダメならスパイクもダメ?

ルール上は助力や利益をアウトとしているが、スパイクのプレートはセーフだここの線引きは程度の問題だと思われる。
ヴェイパ―フライにはカーボンプレートが入っていて、これがしなることで高い反発力を出す。ランニングシューズとしては珍しい特徴ではあるが、最近はミズノのウエーブデュエルをはじめとしてニューバランスのシューズなんかにもプレート構造が取り入れられているし、スパイクには昔からカーボンプレートが使われている。

翻って考えると、これまでヴェイパ―フライがセーフだった理由は、競技用靴として実績のある「プレート」の技術をそのままランニングシューズに流用したからだプレートはいままでスパイクでオッケーだったので、その反発は助力には当たらないと言えるはずだ
ルールとしては、バネのような露骨な助力はダメだとしている。しかし、プレートの反発については黙認しているのが現状だ。この線引きについては明確ではない。反発係数やらで明文化する手もあるが、そうなるとなにかと面倒だ。

今回の問題で面倒くさいのは、これが禁止になると短距離スパイクにも何かしらの影響が出かねないということだ。

 

厚底が禁止されている種目もある

『ヴェイパ―フライで高跳びやれば勝てるんじゃね?』
っと思った人もいるでしょう。半分その通りです。

ヴェイパ―フライは厚底であってもそれ自体はマラソンシューズとしては違反ではない。ただ、ルール(同じく143条の靴底と踵という項)で厚底シューズが禁止されている種目があるのです。
それが幅跳び・高跳びの2種目だ。

第143条 靴底と踵走高跳と走幅跳における靴底の厚さは13㎜以内、走高跳の踵は19㎜以内でなければならない。その他の種目における靴底と踵はどのような厚さでもさしつかえない
〔注意〕 靴底と踵の厚さは、靴の内部にある靴底の最上部と靴の外部にある靴底の最下部で計測され、これには前述の構造、または取り外し可能な中敷も含まれる。

つまり、高跳びと幅跳びでは13mmより分厚いシューズを使ってはいけないのです。
普通にスパイクを履いていればそんな厚さのものはないので気にすることはない規則ですが、ヴェイパーフライだと13mmどころか3cm以上あるので幅・高で使うと反則です

一方で、その他の種目における靴底と踵はどのような厚さでもさしつかえない。』という一文がある通り、ルールとしては厚底で速く走れるシューズなんてものは想定していないのがわかる。
幅・高以外の靴としては厚底は禁止されていないどころか、さしつかえないのだ。
ヴェイパ―フライ騒動でルールを改正するのであればついでに厚さについても改正すると思うが、現状は厚くてもオッケー。

 

 

リオもナイキ一色だったんだぞ!!

ヴェイパ―が注目されている理由の一つに、『箱根でみんな履いてた』っていうのがあるでしょう。実際、2020年の箱根ではナイキが8割以上のシェアを持っていて、異様な光景でした。
が、陸上ファンであればナイキ一色のその光景に既視感があったはず
そう、リオ五輪の方がヤバかった!!

リオ五輪といえば黄色いスパイク

リオ五輪といえば黄色とピンクのスパイクです。
ほぼみんなナイキ↓

出典:IAAF

リオでは中・長距離はほぼ全員が黄色いナイキを履き、短距離でも女子100mでは決勝8人中6人がナイキの黄色いスパイクでした。
ボルトと日本人選手以外はほぼナイキという状況の大会がリオ五輪でした。
っていうか、ユニフォームすらほぼナイキです。

リオのナイキフィーバーを知っていれば、箱根駅伝のナイキ率にはそれほど驚くことはないはず。ナイキがこれだけ突然シェアを採るのは、シューズ自体がどうこうという面よりもナイキの資金力によるものでしょう。

ナイキは宣伝が上手

ナイキと言えばタイガーウッズですが、タイガーと契約するまでナイキはゴルフ用品なんて作っていなかったそうです。にもかかわらず、タイガーウッズのおかげで一気にゴルフ用品メーカーとしても名をはせるようにになったと。
あんまりやる気がなかったからか、最近ゴルフからは撤退しましたが、ナイキがゴルフの一時代を築いたのは間違いないでしょう。
結局、道具なんてのはメーカーが金をかけて宣伝するかどうかで世間の評価も変わります。良い選手が使っている道具は良い商品で、そのための契約選手です。

 

すったもんだもエンターテイメント

ヴェイパ―が規制されようが、もっと反発の強いシューズが他のメーカーから出てこようが、市民生活には何の影響もありません。
禁止されたせいで代表候補の選手がしくじっても他の選手が代表になるのでそれはそれでドラマです。

しょうじきなところ、どうでもいい。

 

 






Twitterで更新をお知らせしています↓