2020年スパイク事情 ミズノ編

2020年 ミズノ編

いよいよオリンピックイヤーとなった2020年。
日本メーカーは特に気合を入れないといけない年ではあるのですが、2020年の各メーカーのスパイク事情はどうなっているのでしょうか?
毎年その年のスパイクラインナップをあつめてまとめていますので、2020年版もまとめました!!

ってことで、
2020年スパイク事情 ミズノ編
です!

 

 

ミズノ

世界選手権ではアシックスをはじめとする他メーカーに大きく差をつけられている感じのするミズノ。いよいよ箱根駅伝でもナイキにシェアを独占されてしまっています。
2020年は節目の年でもあるので、いよいよインクスが9から10になるのか?っと思っていたのですが、特に変更ありませんでした。
ミズノのラインナップをザックリまとめると
クロノシリーズ
オニキス→色変更
インクス→色変更
ディスト→色変更

ジオシリーズ
スプリント→色変更
ジオサイレンサー→10からFXになりアッパー変更
ジオバーサス→2からFXになりアッパー変更
ジオストリーク→ジオスパートMDにモデルチェンジ
ジオスプラッシュ→ジオスパートLDにモデルチェンジ

初心者向け
シティウスウイング→2からFXになりアッパー変更
ブレイブウイング→3からFXになりアッパー変更

クロノシリーズはそのままに、ジオシリーズに大きな変更があります。
サイレンサーバーサスがFXというサブネームとなり、柔軟性をピックアップしたスパイクになりました。もともと柔軟性に定評があるモデルだけに、長所をもっとアピールしようって言う事でしょう。
また、ストリークスプラッシュが廃盤となり、ジオスパートMDジオスパートLDにモデルチェンジとなります。プレートは変更ないので、アッパー変更だけです。

フルモデルチェンジもあるので動きのある年とはなりますが、変更幅は小さめです。ミズノはオリンピックを契機にどうこうというプランではないということでしょう。

クロノオニキス2

¥34,000+税
約120g(26.0cm片方)
青ベースから白ベースに変更。1色展開。

クロノオニキス 2

クロノインクス9

¥26,000+税
約140g(26.0cm片方)
ホワイト×レッド×ネイビーとホワイト×ピンク×ブラックのnewカラーの2色展開。

クロノインクス 9

クロノディスト7

色が白ベースになった。

ジオスプリント4

¥20,500+税
約170g(26.0cm片方)
内外で異色のツートンカラーで2色展開。
プレートは変更なしで、名称も4のまま。

ジオサイレンサーFX

¥20,500+税
約170g(26.0cm片方)
昨年までのサイレンサー10からFXに名称が変わり、アッパーが大きく変更それました。
FXはフレキシブルのことで、前足部のインソールに切れ込みが入っていて従来品よりも柔軟性がアップしたとのこと。
ピンク黒の1色展開。

ジオサイレンサー FX

ジオバーサスFX

¥17,500+税
約175g(26.0cm片方)
これもFXになってアッパーがサイレンサーに準じたものに変更。サイレンサーとそっくりだけどバーサスは肉抜き無し。
色はピンクベースと白ベースの2色展開。

ジオバーサス FX

ジオスパートMD

¥¥20,500+税
約170g(26.0cm片方)
ジオストリークからフルモデルチェンジ。プレートはそのままにアッパーがニットアッパーになった。

ジオスパート MD

ジオスパートLD

ジオスプラッシュからモデルチェンジ。プレートはそのままにアッパーがニットアッパーになった。

シティウスウイングFX

FXになりアッパー変更。

ブレイブウイングFX

FXになりアッパー変更。

 

 

まだ発売前のモデルもあるので、情報出たら追記します。

 

 

 

 

 

 

 

 






Twitterで更新をお知らせしています↓