ミズノがWAVE DUEL NEO(ウエーブデュエルネオ)を発売!!

ミズノのランニングシューズ

ヴェイパ―フライがほぼ全てのシェアを占めた2020年の箱根駅伝。完全にナイキの時代となったこの大会で、10区で区間新記録を出したランナーが履いていたのは真っ白な謎のシューズでした。


このシューズ、ミズノが新世代モデルとして開発中のプロトタイプだったのです。
ナイキ一強と思われていた長距離シューズ界に風穴を開けるべくミズノが開発したこのシューズが『ウェーブデュエルネオ』として市販化されます!!

今回は
ウェーブデュエルネオが発売!!
についてご紹介。2021年の箱根ではかつてのようなミズノフィーバーを起こせるのか!?

 

ウェーブデュエルネオが7月中旬から発売!!

ヴェイパ―フライによって薄底が一気に淘汰されてしまった長距離シューズ。ついにミズノがヴェイパーに対抗できそうなシューズを発売します。
その名も『WAVE DUEL NEO(ウエーブデュエルネオ)』

画像:ミズノHP

ミズノは『高反発』で勝負!!

ヴェイパーフライはいわゆる『厚底シューズ』で、厚いソールにカーボンプレートを入れることで高い反発を生み、世界のエリートランナーが好記録を連発してイノベーションを起こしました。近年は各メーカーがこの厚底に追随し、厚底ブームとなっています。
対するミズノは『高反発シューズ』で勝負することにしたようです。

高反発素材によるエネルギーリターンを強調

ミズノはU4icというスポンジをミッドソールに使用していました。これは『軽くてクッション性が良い』ということでメーカーが売り出しているソールです。薄底シューズを主流としていたこれまでのミズノは、薄くてもクッションが確保されていることを強調していました
しかし、昨今の厚底ブームはプレートによる高反発が目玉です。ミズノもこの潮流には逆らえず、高反発を強調したソール素材を開発してウェーブデュエルネオに搭載したのです。
その高反発素材が『MIZUNO ENERZY』というもの。
で、ミズノはこの新素材による『反発』を強調したプロモーションを展開しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

・ 駅伝の話題をさらった ”プロトタイプシューズ”が 遂にヴェールを脱ぐ。 ミズノの持てるすべてを注ぎこんだ レーシングシューズ 『WAVE DUEL NEO』、発売。 接地のエネルギーを高効率で推進力に変える ミズノ史上最高のエナジーリターン素材 『MIZUNO ENERZY』をソール全体に搭載。 『WAVE DUEL NEO』が あなたのレース運びを劇的に変える。 https://www.mizuno.jp/running/?ad=rnfb20ENERZY20200701 #ミズノエナジー #反発は未来をつくるエナジーだ #mizuno#mizunorunning#running#runningshose#marathon#ミズノ#ミズノランニング#ランニング#ランニングシューズ#マラソン

MIZUNO RUNNING JP(@mizuno_running_jp)がシェアした投稿 –

 

『厚底』ではなく『高反発』

今回、高反発な新素材を使用したシューズが3つ発売されます。
レベル別にウエーブデュエルネオウエーブシャドウウエーブリボルトで、このうちウエーブデュエルだけは『MIZUNO ENERZY lite』という、MIZUNO ENERZYのなかでも高反発な素材を使用しています。
このシューズの特徴を知るにはメーカーの宣伝文句を見るのが一番です!!

ミズノ史上最高※のエナジーリターン素材「MIZUNO ENERZY」の中でも
最軽量の「MIZUNO ENERZY LITE」をソール全体に採用し、
少ない衝撃で高い反発性を実現。
さらに、陸上スパイクにも採用されるミズノ独自のプレートが反発性を
更に向上させた、ミズノ史上最高※のレーシングシューズ。

つまりは高反発素材と短距離スパイクのプレート技術を投入した高反発シューズだという事。
厚底という文言が一切ないことに注目!!
ミズノのナイキに対するライバル心がヒシヒシと感じられます…
ナイキの後追いではなく、あくまでミズノの技術で作ったシューズだということでしょう。
プレートに関してはこのシューズの前身と言って良い『ウエーブデュエル』で既に実戦投入されており、今回はそれを引き継いだ形になります。

個人的にはアッパーがポイント!!

このシューズが投入されることでマラソンシューズは戦国時代になるかもしれないわけですが、このブログは長距離はほぼ無視する方針です。
ソールよりも今回はアッパーに注目だ!!
ソールに関してはシューズがどんなに進化してもそれが陸上スパイクに生かされることはない。しかし、アッパーは陸上競技に大きな影響を与えるのです。
ナイキはフライニットと呼ばれる素材をスパイクに投球してそれまでの劣悪だったフィット感を劇的に向上させ、ナイキスパイクのポテンシャルを一気に引き上げました。今回、ミズノが投入した足袋系のアッパーは今後のスパイクにも採用される可能性があります!!

足袋アッパーはマジですごい!!

私、陸上スパイクのアッパーで最強なのはNB(ニューバランス)だと思っています!!
っというのも、過去にレビューした2つのスパイクがとんでもないフィット性をもっているから。


このNBのスパイクはベロがなくて、足袋あるいは靴下のように履きます。今回発売されるウェーブデュエルネオは廃カットタイプとローカットタイプがあるのですが、どちらもベロがない足袋系シューズになっています。
ナイキはこのような構造のスパイクを前から作っていて、ナイキとNBのアメリカ勢の間で注目されていた構造がやっと日本にも入ってきました。

このシューズを履いたことないのでなんともいえませんが、ベロのないシューズのフィット感は普通のシューズとは別次元です。そんなスパイクが数年後にミズノから出て来ると想像すると今から貯金がはかどります。

 

値段高すぎ問題はミズノでも健在だ!!

ヴェイパ―フライが注目を浴びた要員の一つは値段の高さです。普段は知らない一般の人でもヴェイパ―フライと言えば値段が高くて分厚い奴っていう認識がある人がいます。それくらいワイドショーなんかでも値段の高さが話題になりました。
ナイキの最新作であるアルファーフライネクスト%は33,000円

ウェーブデュエルネオは¥25,300(税込)だ!!

ウェーブデュエルネオの通常版(ハイカット)税込みで¥25,300です。足首回りが低くなっているタイプは ¥20,900(税込)。ちなみにどちらもベトナム製だ
ヴェイパーに比べれば安いけど…
シューズに2万も出すなんてブルジョア!!

ウェーブクルーズJAPANの方がよくね?

ミズノといえばみんなの憧れウエーブクルーズJAPANだ。
日本製のウエーブクルーズJAPANが定価で¥18,700(税込)だぞ!!
実売価格では15,000円くらいのイメージ。安ければ1万円で売ってることもある。

[ミズノ] ウエーブクルーズ ジャパン
ミズノの薄底フラッグシップであり、ヴェイパーの登場までは日本とエリートランナーといえばみんなクルーズだった(アシックスを除く)。
箱根駅伝でもミズノはメインスポンサーで、ミズノのシューズを履いた大学生が走っているのを見るのが日本の正月である!!
正直言って、ウエーブデュエルネオがすごいシューズであったとしてもウエーブクルーズJAPANより数千円以上の価値があるとは思えない。

日本製にこだわらなければ1万前後で買えるはず!!

もともとミズノの日本製シューズはとんでもなく質が高かった。私も高校時代に衝撃を受けて以来、シューズはほとんどミズノの日本製だ。一度日本製のミズノを履けば他の市販品は全部ブッカブカに思える。それほどに良い。
が、ここ数年はオーダーシューズの質も落ちているように思う。値段が上がっているにも関わらずだ。そんなこともあって今はオーダーせずにウエーブニットという謎のシューズを使っている。
そんな顛末はこちらの記事で↓


わざわざ高い金を出して日本製を選ぶというのがある種のステータスであり、それがシューズにこだわるということだと個人的には思っている。
が、競技レベルでなければそんなこだわりは金の無駄だ。それに海外製でも品質は良い。
たとえば、ウエーブエンペラーには日本製とベトナム製があって、定価だとベトナム製が¥15,290(税込)、日本製が¥18,700(税込)だ。ベトナム製だと3,000円程安い。

[ミズノ] ウエーブエンペラー 3

[ミズノ] ウエーブエンペラー ジャパン 3
実売価格ではベトナム製だと8,000円くらいで売られていることもある。この価格差に価値を感じるかどうかがランナーの『こだわり』。安い方で良いやと思う人にはベトナム製で十分な性能がある。
そういう観点で観ると、ベトナム製のシューズに2万円以上の値段を付けるとはミズノも落ちた。
しかし、
そんな日本製至上主義の考えはもう古いのかもしれない。ちょうど1年前、ネオのつかないウエーブデュエルが出たときにも書いたが、もはやそれが普通になっているのかもしれない。

 

個人的にはミズノらしいシューズが出たと思ってポジティブにとらえています。最近元気のないミズノが再び箱根路で活躍することができるかどうかはこのシューズの売れ行き次第。最近では珍しくちゃんとプロモーションをしているので、けっこう気合の入ったモデルであることは間違いありません。
スパイクでもベロなしを速くだしてほしいところです。






Twitterで更新をお知らせしています↓