桐生選手が10秒04の好記録!!

陸上ニュース

本来であれば東京五輪まっただなかのはずだった2020年夏シーズン。
先日の東京選手権ではケンブリッジ飛鳥選手が10秒22をマークするなど、トップ選手は少ない大会の中でも力をはっきりしています。
そんななか、桐生選手が10秒04(+1.4)の好記録をマークしました。

 

 

桐生選手が5度目の10秒04!!

富士北麓公園陸上競技場(山梨)で行われた北麓スプリントトライアルに桐生選手、ウォルシュ選手らが出場し、好記録をマークしました。


10秒04は日本歴代8位に相当する記録で、歴代パフォーマンス16位タイ。世界歴代219位タイの記録で、2019年の世界ランキングでは37位に相当します。
今シーズンでは現在時時点で世界8位タイでノア・ライルズと並ぶ記録。世界の中でもトップレベルのパフォーマンスを発揮していることがわかります。
桐生選手は2017年と2019年に2回ずつ10秒04をマークしており、自身5度目の10秒04となりますので今シーズンも調子はいい様子。






Twitterで更新をお知らせしています↓