【初心者】マラソン・ランニングのウェアおすすめな陸上ウェアを3パターンのセットで紹介!!

陸上ウェア

これと言った道具がなくても始めることができるのがランニングのいいところ。しかし、せっかくやるならそれなりのウェアを買っても損はないはず。こだわったウェアを着て走るとやる気がでるし買ってしまったからには長続きするはず。

ってことで今回は
マラソン・ランニングウェアをご紹介
今回は全く初心者で何を買えばいいのかわからない!!という方のために、陸上歴20年の私が絶対に失敗しない、それでいて安いウェアの選び方をご紹介します。
何もわからず適当に買ってダサくなったらどうしようという心配もこれで解決!!

 

シャツ・パンツ・シューズの3点は必須!!

ランニングウェアといったらシャツ・パンツ・シューズの3点セットです。
これさえちゃんと揃えていればどこに行っても大丈夫だし、これだけあれば大会にも出られます。
むしろ、これ以外のものはなくても大丈夫。
ポシェットとか小物系がなんとなく欲しくなるかもしれませんが、しばらくは必要ありませんし、競技ランナーでそんなもの持っている人はいません。まずは3点を揃えて走ってみて、欲しくなったら小物を買い足していくようにしましょう。

これで解決!!全身おすすめコーディネート!!

長い説明をはぶいて、なにも考えずにまるっとこのまま揃えれば絶対に大丈夫!!という、初心者にもおすすめコーディネートをご紹介だッ!!

①かっこいい感じのTシャツスタイル

まずは、一般的に選択肢に入るであろう海外メーカーを中心にしたスタイル。
初心者のうちはメーカーにこだわらずネットで買うことも多いと思いますが、値段だけで買うとダサい感じになりかねないので注意が必要です。
ここで紹介するような、ニューバランスやナイキ・アディダスといった大手海外メーカーのウェアであればダサくはならないので安心してください。


ニューバランスのTシャツとナイキのハーフパンツでイマドキでおしゃれな感じにしながらも、シューズはちゃんとしたアシックスのGT2000を選ぶというわかっている系スタイル。初心者でもシューズはそれなりのものを選ばないとダメ。
もしこれでシューズを海外メーカーにしてしまうと、どことなく初心者感が出てしまいますので注意。
ウエア上下で約7,000円、シューズ約7,0000円くらいなので1万5,000円以下でかっこいい感じになります。

②初心者感を感じさせない系スタイル




なんと、全身をミズノで固めたスタイル。陸上大会のスタンドにはこういう服装の人(マネージャーとか学生選手)がいっぱいいます。
ミズノは競技用のガチ製品を多く出している競技志向が強いのメーカーで、アラサー以上の陸上競技経験者はミズノを選びがち。海外メーカーを選ぶような軟派者ではなく、ミズノを選ぶ硬派なひとになりたい。そんな思いが溢れ出ているセットです。
特にTシャツがミズノだと初心者感を感じなくなるのでオススメ(無地を除く)
また、パンツも無地ではなくちょっとだけ柄がはいっているとそれっぽくみえます。値段は無地のものよりも1,000円位上がりますが、ミズノの場合は質感も値段に伴ってよくなるので1,000円差なら絶対に損はない。
これも全部で1万円ちょっとで揃うので、初心者っぽい感じにしたくなければ悪いことは言わないのでTシャツだけでもこれにしといた方が良いと思う。

 

 

③コスパ重視だけどおさえるところはおさえたスタイル




このセットではコスパを重視しているため見た目はいまいちですが、機能に妥協はありません。
他のコーディネートに比べるといい知れぬ初心者感がただよっていますが、それはコスパを重視したことで無地系の服装になっているから。しかし、ミズノ・アシックスの速乾シャツであれば安いものでも十分な機能性があります。
見た目が初心者っぽくても走る分には全く影響ありません。おしゃれに走りたかったり人の目を気にならあまりおすすめしませんが、まずはランニングを始めてみたいという人はこのセットで十分です
また、980円くらいのシャツと違っていわゆるメーカーもののシャツは機能性や耐久性がしっかりしているので、できればシャツは2,000円以上くらいのものを選んだほうが良いと思います。
また、パンツは日本メーカーのものはあまり安売りしていませんが、海外メーカーのものは安くなっていることがあるので狙い目。なぜかプーマはちょっと安い気がする。
そして、
ラッシュアップ2というランニングシューズのコスパは最強。実売価格5,000円以下なのにクッション性やフィット感が良く、ランニングシューズに求められる性能をしっかりクリアしています。部活性をターゲットにしたシューズのため足の保護性も高いので初心者の最初の1足に最適

 

タイツやソックスもランニング用があるとイイ!!

とりあえず上記の3点があれば全く問題なくランニングライフを送れるはずですが、数か月やっているとランニンググッズが欲しくなってくると思います。
なかでもタイツやソックスなどはランニング用として走りやすいように設計されているものがありますので、そういうグッズから少しずつ揃えていくと良いでしょう。

タイツは必要?

ランニングではパンツの下にタイツを履いている人もたくさんいます。街中をショートパンツやランニングパンツでウロウロするのに抵抗がある人はタイツを履きましょう
競技者はタイツなんか履きませんのでタイツを履くと初心者っぽさは出ます、競技場でなければあんまり関係ありません。
個人的にはタイツを買うくらいならワンランク上のシューズを買ったほうがいいと思いますが、そこは自分の優先度で決めていいと思います。
タイツにはざっくり2種類あって、締めつけることで動きを補助する機能性タイプただのスパッツのタイツに分かれます。

機能性タイツ


着圧や皮膚の伸縮を考えて作られているタイツで、着た方が楽に走れるような気になるタイプ。
実際のところこれくらいの着圧だとほとんど効果はないと思いますが、せっかく買うならこういうタイプのほうが得した気になれるかも。あんまり安いやつは耐久性が低いので5,000円前後のラインのほうが結果的に満足できると思います。

寒さ対策のスパッツタイプ


陸上競技でも冬に使われるタイツで、着圧がどうこうはあまり謳われていないタイプで、『ロングタイツ』と呼ばれています。
立体裁縫のものとただのスパッツのものがあって、ちゃんとしたメーカーの立体裁縫のものは値段が高くなるが非常に動きやすく履いていることを忘れるほど。
国内メーカーのものであれば耐久性も高いので5,000円前後の価格ではあるものの、1着あれば学生が部活で使っても3年間はもつ。市民ランナーレベルであれば1回買ったら5年くらいは使えるのでは?
競技ではジャージ的な位置づけで冬の寒い時期やアップの時に使われ、裏起毛になっていて保温性が高いタイプもある。競技場ではこれをアウターにするので上にショートパンツは履きませんが、もっこりするし一般人には奇妙な格好なので、市街のランニングで使うならパンツをはいたほうが無難。

コンプレッションを重視するサポーターのほうがいい


コンプレッションを重視するのであれば専用のサポーターを着用することをおすすめします。タイツの着圧では足りないので、タイツにコンプレッションを求めるよりもサポーターを使った方が狙った効果が出せます。
私は足がつりやすくて悩んでいたのですが、ふくらはぎのサポーターを使うようになってからはかなり改善しました。サポーターによって筋肉が振動が抑えられるので疲労軽減の効果があるそうです。

 

 

靴下は専用品だと断然走りやすい

ランニング用ソックスなるものが各メーカーから出ています。生地が薄くて裏にゴムが付いているのが特徴で、1足1,000円以上しますがとても走りやすい。メーカーによって全然履き心地が違うため、けっこうこだわりポイントかも。
ランニングソックスは2タイプ、しっとり系サラサラ系があります。あとは普通のソックスと5本指ソックスがありますのでお好きな方でいいでしょう。マニアックなポイントですが、靴下は足裏のマメを防止したり足のブレを抑制するためにけっこう重要なグッズです。

個人的にはミズノのソックスが好き

しっとり系はやっぱりミズノだと思います。


私は学生時代からずっとこれを使っていますが、とにかく良い。
しっかりしたソックスでミズノの右に出るメーカーはない!!
ポイントは、薄いのに生地がしっかりしているというところ。そのおかげでシューズとのフィット感が増すのです。
1足で1,000円以上するので高い買い物ではあるものの、大会で使うだけなら数年履いても生地がダメにならないし、安いソックスとは比べ物にならないくらい履き心地がいい。5本指タイプもあります。
アシックスの同じようなソックスも買ったがありますが、そちらはすぐにビロビロになってしまったのでリピートしていません。やっぱりミズノがいい。

Nishiも履きやすい

サラサラ系で良いのはNishiの製品。

ニシっていうのは陸上関係者以外にはなじみがないかもしれませんが、ハードル・砲丸・やりといった陸上用品を作っている専門メーカーです。
ニシのソックスはスケスケメッシュで非常に薄いのが特徴で、ミズノに比べても薄い。非常に軟らかいので、ピターっと足に吸いつくサラサラした感じの履き心地です。
ムレないのでマメができにくく、足裏の感触がわかりやすいのでランニング用ソックスとしての完成度は非常に高い。

それっぽいやつなら安くても十分

靴下1足に1,000円以上出すのはなかなか勇気のいることです。そこまでの質を求めないのであればそれっぽいやつならそれで十分です。

安くても一応ランニング用とかスポーツ用っていうソックスがありますので、そういうソックスでも十分に走りやすいと思います。結局ソックスなんて薄ければなんだっていいのでそれほど高いものを買う必要はない!!のかもしれない。
私も練習のときはもったいないので安いやつを使っています。

 

 

ちょっといいウェアを買うとランニングが長続きするはずですので、モチベーションのためにお金をかけるというのもいい考えです。もし途中で飽きてしまっても、ちゃんとしたメーカーのシャツを1着持っておけば色々な場面でかっこいいシャツを着ることができるので、ちょっといいやつを買っておいて損はないと思います。
機能的には大した差はないのでユニクロでもいいのですが、やっぱりメーカーものは見た目がいい!!
初心者っぽい野暮ったい感じになりたくないのであれば、ランニング用のシュとしたシャツのほうがおすすめ。値段の差は1,000円くらいですのでちょっとくらい奮発してもいいポイントなんじゃないかと思います。






Twitterで更新をお知らせしています↓