【2021年スパイク事情】ミズノの2021年モデルは終わりの始まりを予感させる…

2021年スパイク事情

年も明け、新作スパイクが発表・発売される時期となりました。
2021年はミズノのスパイクラインナップが大きく変わるようです。一時期は多くのシェアを持っていたミズノですが、近年他メーカーに押されて一部のモデル以外は選ぶ理由がなくなってきているだけに、明らかにラインナップのテコ入れが必要な状況でした。

っていうことで今回は
2021年スパイク事情~ミズノ編~
をご紹介。
2021年は大きな変更があるミズノですが、どうみても失敗。あきらかに他メーカーに対抗できるラインナップではありません。どうしてこうなった?
迷走感があったミズノでしたが、今回の変更では撤退もありえるんじゃないかと思えるほど謎の新作をリリースしたぞ!!

 

2021年ミズノの新作と廃盤モデル

2020年限りで廃盤になったモデルは以下

  • クロノオニキス
  • ジオスプリント
  • ジオサイレンサー
  • ジオバーサス

管理人おすすめのジオバーサスは無事廃盤となりました!!
まあ、そうでしょうね。個人的には初心者はあれを履くのがベストだと思っていますが、メーカーも全然推してないし、普通はなかなかあんなの買わないと思います。
また、ジオスプリントとジオサイレンサーというミズノ主力の中級者向けスパイクが廃盤となりモデルチェンジすることになります。中高生向けの主力ロングセラーモデルだけに、この変更が失敗すると大変なことになります。

新作4モデルに注目!!エックスブラストとエックスレーザーが誕生

ミズノの新作は4モデル。

  • エックスブラストネクスト(ショートスプリント・取り換えピン)
  • エックスブラストエリート(ショートスプリント・固定ピン)
  • エックスレーザーネクスト(ロングスプリント・取り換えピン)
  • エックスレーザーエリート(ロングスプリント・固定ピン)

シリーズでみると『エックスブラストシリーズと『エックスレーザーの展開で、ブラストがショートスプリント向け、レーザーがロングスプリント向けです。
また、ブラストとレーザーにそれぞれ固定ピンタイプと取り換え式タイプがあります。
新作4モデルはネーミングもさることながらそのルックスも厨二感たっぷり!!そのうちこまかく紹介します。

ジオスプリントがエックスブラストに、ジオサイレンサーがエックスレーザーに進化

廃盤になったジオスプリントがエックスブラストに、ジオサイレンサーがエックスレーザーに変わったと考えるのがわかりやすいと思います。FXとして屈曲性を上げてリニューアルしたばかりのジオサイレンサーでしたが、なぜかこのタイミングで廃盤。ロングセラーモデルだけにこれが消えると困る選手も多いことでしょう。
ジオスプリントに関しては他のメーカーと比べるとこれといった長所がなかったのでやっとのモデルチェンジ。

中級者向けなのに固定ピンという愚行!!

ブラストとレーザーのどちらにも『エリート』という固定ピンタイプがラインナップされています。
え!!なぜ固定ピン!?
短距離で固定ピンでも良いという人にはクロノインクスがありますので、エックスブラストエリートは誰にとっても魅力がないでしょう。エックスレーザーに関しては短中距離モデルの固定ピンは他に選択肢がないためある程度の需要はあるかもしれません。しかし、7mm固定ピンだと中距離には長い。400mで使うならインクスでいいでしょう。
インクスを履けるほどの自信はないけど固定ピンのスパイクが欲しいという選手にはピッタリなモデルかもしれませんが、そんな超ニッチな層をターゲットにするなんて…
来年廃盤じゃね?

 

2021年のミズノスパイクラインナップ一覧

モデル 適応距離 ピン
クロノインクス9 100~400m・H 固定
エックスブラストエリート 100~400m・H 固定
エックスブラストネクスト 100~400m・H 取換
エックスレーザーエリート 100~400m・H 固定
エックスレーザーネクスト 100~400m・H 取換
ジオスパートMD 200~800m 取換
クロノディスト7 800~1万m 固定
ジオスパートLD 800~1万・SC 取換
シティウスウイングFX 初心者・土用
ブレイブウイングFX 初心者・土用

あとはフィールド用がありますが、幅跳び用がルール改正に合わせて厚みが変わります。

 

中途半端ですが、まだミズノの公式HPにリリースが出ていないので詳しく紹介できません。後日追記していこうと思います。

 






Twitterで更新をお知らせしています↓