かつては禁止されていたニードルピンですが、今ではルール上は使用できるようになりました。海外メーカーのスパイクには最初からニードルピンが付いています。しかし今でもミズノとアシックスは並行ピンを標準装備しています。 どっちのピンのほうがいいのだろうか... ってことで今回は ニードルピンと並行ピンでは走った感覚はどう違うのか? をテーマにご紹介。 ピンを変えると走ったときの感覚は結構違います!!     ピンは『刺さりやすさ』別に4種類ある ピンには刺さりやすさ別に4種類あり、それぞれ走った感覚が違います。 まず、前知識としてピンについてザックリと説明すると... ルール上はタータンではピンは11本以内で長さは9mmまでと決められています。かつてはピンは長くて多いほうがグリップが良くて速く走れるとされていて、カール・ルイスの履いていたミズノのスパイクは10本ピン(プラスチッ ...

陸上スパイクの最大の特徴は『ピン』がついていることでしょう。国産スパイクは並行ピンがついており、海外のスパイクにはニードルピンがついています。それぞれのピンには特徴があり、シューズとの組み合わせによって走りの良し悪しを左右するであろうけっこう大事なパーツです。 当ブログでもなんどかスパイクピンについての記事を書いています。 今回は 速く走りたいならニードルピンがおすすめ!! っていうことでニードルピンの良さをご紹介。トップ選手でも並行ピンを使っている選手とニードルピンを使っている選手がいますので実際のところどっちでもいいのですが、ニードルピンを使うと走りがブラッシュアップできるかも?   ニードルピンは走りやすい!! ニードルピンっていうのはこういうやつ ニードルピン 7mm 50本 陸上競技用ピン 先端がとがっていて、7mmが標準ですが中には5mmのものもあります。ねじ山部分は ...

スパイクを買うとピンは付いてきます。 初心者用であれば土用のピンが、タータン専用スパイクであれば平行ピンが付いてくるとおもいます。このピンにメーカーごとの違いはあるのでしょうか? 結論から言えば、すべてのピンに互換性があって、ミズノとアシックスのピンは混ぜても使えます!! 平行ピンでも土用のピンでも、ミズノとアシックスであればごちゃ混ぜにして使えます。 10年前くらいまではミズノは独自規格の星型ピンだったため、ミズノのスパイクであればミズノのピンを使う必要がありました。今ではミズノとアシックスの両メーカーとも国際規格(?)の楕円型になっているため互換性があり、どちらのメーカーのピンだろうと関係なく使えます。 今回は、海外メーカーのニードルピンにメーカーごと違いを確認してみました。 ピンについては他にも記事がありますのでご参照ください。 (【初心者向け】スパイクピンの基本) (二段平行と一段 ...