東京オリンピックが開催されるはずだった2020年。ナイキのヴェイパーフライ騒動の余波によって特注スパイクの使用が制限されるなど騒然としているスパイク業界ですが、世陸の公式スポンサーになるなどしてその存在感を世界でアピールしたいアシックスはとんでもないスパイクを一般発売したのです。 ってことで、今回は 2020年スパイク事情アシックス編 をご紹介。 ピンなしスパイクに跳躍スパイクなど、ラインナップを一新したアシックスにとって飛躍の年になるのか!?     アシックスの2020年短距離スパイク事情 2020年のスパイク情勢はかなりややこしいことになっています。 2019年の世界陸上ドーハ大会で桐生選手、ウォルシュ選手が履いて話題となったいわゆる『ピンなしスパイク』がメタスプリントという名称で一般向けに発売されました。それに伴ってアシックスのフラッグシップモデルであったソニッ ...

いよいよオリンピックイヤーとなった2020年。 日本メーカーは特に気合を入れないといけない年ではあるのですが、2020年の各メーカーのスパイク事情はどうなっているのでしょうか? 毎年その年のスパイクラインナップをあつめてまとめていますので、2020年版もまとめました!! ってことで、 2020年スパイク事情 アディダス編 です!     アディダス ボルトが引退したことによってプーマの存在感は薄れ、ナイキとアディダスが現在の2強です。しかし、コールマン、フレイザープレイス、アッシャースミスなど、トップを争う選手はナイキが多くのシェアを占めています。 アディダスは、ノア・ライルズとプロ契約を結んでおり、ライルズの活躍次第でこの先のアディダスも決まります。 アディダスのスプリントスパイクと言えば硬くて傾斜がきついことが特徴で、2020年モデルもイメージそのままです。一度アデ ...

いよいよオリンピックイヤーとなった2020年。 日本メーカーは特に気合を入れないといけない年ではあるのですが、2020年の各メーカーのスパイク事情はどうなっているのでしょうか? 毎年その年のスパイクラインナップをあつめてまとめていますので、2020年版もまとめました!! ってことで、 2020年スパイク事情 ミズノ編 です!     ミズノ 世界選手権ではアシックスをはじめとする他メーカーに大きく差をつけられている感じのするミズノ。いよいよ箱根駅伝でもナイキにシェアを独占されてしまっています。 2020年は節目の年でもあるので、いよいよインクスが9から10になるのか?っと思っていたのですが、特に変更ありませんでした。 ミズノのラインナップをザックリまとめると クロノシリーズ オニキス→色変更 インクス→色変更 ディスト→色変更 ジオシリーズ スプリント→色変更 ジオサイ ...