世陸ドーハ大会のファイナルエントリーが9月16日に締め切られ、17日には代表選手の壮行会が行われました。 今回のキャプテンは男子が走高跳の戸邉選手、女子が100mHの木村選手と発表され、そのなかにリオ五輪で日本選手団の旗手を務めた右代選手はありませんでした。 ただ欠席しただけかと思いましたが... 右代選手の代表内定が直前で取り消し!! なんと、壮行会終了後に右代選手がツイッターで代表内定が取り消しとなったと投稿したのです。 【読んでください】アジア選手権優勝と日本選手権優勝でエリアチャンピオン枠で世界陸上の内定をもらったのに、出発10日前に突然の内定取消しの連絡が入ったみたいです。直接の説明も陸連のからもらってないし、今日の結団式も欠席するべきなのかどうなのかギリギリまで悩みました。 — 右代啓祐 (@ushirokeisuke) 2019年9月17日   アジア選手権と日本選 ...