決勝種目が多く、見所が多いこともあって1日目に比べると会場の客入りも良かった2日目。 男女4×100m 男女混4×400m 男女4×200m が行われました。   1日目の結果(ザックリ)はこちら     4×100m(男子、女子) 今大会のハイライトである4継の決勝が行われました。 男子決勝ダイジェスト 日本チームは予選でまさかのパトンミスで失格となったため、決勝への出場はなりませんでした。 スタートリスト レーン 国 オーダー 2 トルコ 1バルネス 2ハルベイ 3サフェル 4グリエフ 3 ジャマイカ 1カーター 2フォート 3ドワイアー 4エリス 4 イギリス 1ウジャ 2アリエーティ 3ジェミリ 4ブレイク 5 アメリカ 1ロジャース 2ガトリン 3ヤング 4N.ライルズ 6 イタリア 1デサール 2ヤコブ 3マネンティ 4トルトゥ 7 ブラジル 1ド ...

中継がダメダメだった1日目ですが、地元開催となった日本選手団は大活躍。 4×100mR 予選 日本のメダル獲得が期待されるこの種目、よっぽどの陸上通でなければこの種目が再注目種目です。陸上通だってこの種目は必見。 男子、女子とも予選が行われました。 男子ダイジェスト 再注目はスプリント2強国であるジャマイカとアメリカ。予選とはいえ、どちらの国もそれなりのメンバーを揃えて来たため、ハイレベルな予選が予想されました。 1組目にジャマイカ、イギリス。2組目にフランス。3組目にはアメリカ、日本、カナダ、中国が出走し、3組目がちょっと厳しい組という感じ。 レース結果 1組目 順位 国 記録 1 イギリス 38.11 Q WL 2 ブラジル 38.22 Q SB 3 ジャマイカ 38.51 q SB 4 南アフリカ 38.66 SB 5 ドイツ 38.91 SB 6 オーストラリア 39.05 7 イ ...