陸上の日本選手権が6月27~30日の日程で開催されます。 それに先立ち、日本グランプリシリーズという計14試合ある国内シリーズ戦の第6戦で、日本選手権前では最終戦となる布施スプリントが終了しました。これで国内の主要大会はひと段落。選手はそれぞれ海外に出るなどして日本選手権へ向けた最終調整にはいります。 6月はじめの段階での日本ランキングとそれを参考にした2019年日本選手権の展望・みどころをご紹介します。 エントリーはまだ発表されていませんので、ランキング上位者が出場するとは限りません。 エントリー発表されました。山縣選手は棄権です。 タイムテーブルはこちら... 歴代の優勝者一覧は別記事でまとめています... 6/10更新     短距離 短距離はなんといっても男子100m。過去最高の激戦となるでしょう。 男子100m 2日目(6/28金) 世陸ドーハ標準:10.10 ...