陸上は大きく試合期・移行期・冬季の3つに分けることが出来ます。春は冬季と試合期の境にあたりますが、ここでの過ごし方はシーズン序盤の成績に直結します。 冬季で距離を踏んたのであればそれをパフォーマンスにつなげたいところですが、3月の練習を失敗すると春シーズンで調子が上がらず夏まで不調が続くことも。 3年生であれば春のシーズンで失敗するとそのまま引退です。 今回は 陸上ではシーズン直前の春先にどんな練習をするべきなのか? についてご紹介。 地域や設備で具体的な内容はかわりますが、だいたいどこでもこんな感じで練習しておけばインハイ予選でそれなりの結果が出せるはず。     3月は試合に向けた準備をする期間 3月の練習の位置付けは『試合の準備』です。 4月末の試合でベストなパフォーマンスを発揮する為に、冬季のトレーニングを競技に昇華して行くのが3月の練習。がむしゃらに走るだけの ...