新型コロナの影響で一般ランナーのレースは中止となり、エリートランナーだけで行われることになった20年の東京マラソン。 参加費がどうこう話題になっていますがそれは置いておいて、トップ選手たちのレースをザックリ紹介。 今回は 男子マラソン代表が決まる東京マラソンを展望 MGCファイナルチャレンジの1つであるこのレース。東京は高速コースであるだけに設定記録を上回る可能性が一番高い大会と言えます。 既に本戦で中村匠吾(富士通)と服部勇馬(トヨタ自動車)の2名が決まっており、残る1枠をかけた争いが今大会のトピックです。       東京マラソン2020の展望 東京マラソンは2017年からコースが変更になっています。 2018年には設楽選手によって2時間6分11秒という当時日本記録がマークされるなど、高速レースとして認知される大会となりました。 昨年の優勝記録は雨にもかか ...

マラソンの東京五輪代表を決めるためのシステムであるMGC。 当ブログは基本的には長距離関連はノータッチなのですが、MGCは予選段階ではちょっとだけ触れていました。 MGC本戦は無視していたのですが、いよいよファイナルチャレンジが大詰めとなりおもしろくなってきましたのでMGCファイナルチャレンジについてご紹介。 今回は MGCファイナルチャレンジの結果まとめ として、ファイナルチャレンジの結果を順次更新して行こうかと思います。 現在、男女ともに全3戦のうち、男子1戦女子2戦が終了しています。   MGCファイナルチャレンジがなにかと言うのは以前の記事をご参照あれ↓     MGCファイナルチャレンジの結果まとめ 男女別でファイナルチャレンジの結果をまとめてご紹介。 MGCファイナルチャレンジとは?東京五輪の代表枠は3枠あり、このうち2枠は2019年9月15日行わ ...