<スパイクレビュー>アシックスの名作スパイク!!サイバーブレードをレビュー

asicsサイバーブレード レビュー

日本を代表するスポーツブランドであるアシックス。
当然陸上競技にも力を入れており、かつては100mのチャンピオンをカール・ルイスと争ったリロイ・バレル(アメリカ)もアシックスのスパイクを履くほどでした。
不景気が続く現代ではその有志を世界レベルで観ることはそれほど多くはありませんが、ユニフォームはアシックスという国も多い。スパイクでは日本人以外ではルメートルをはじめとしてなぜかフランス人がアシックスのスパイクを履いていることがあります。また、跳躍種目ではアディダス・ナイキに隠れながらもアシックスを履く選手もチラホラ。
日本人の足にフィットするシューズをつくるメーカーとして成長したアシックスですが、外国人にもそれなりに需要はある模様。

で、今回はそんなアシックスの作る名作スパイク、サイバーブレードについてご紹介します。
個人的には昔履いていて、最近また買いました。

 

 

名作サイバーブレードを紹介

他にも良いスパイクは色々ありますが、サイバーブレードは名作っていう前提で進めて行きます。
名作サイバーブレードをザックリとした情報でザックリとご紹介。

サイバーブレードとはこんなスパイクだ

たしか1997年くらいにサイバーゼロが発売されたと思います。サイバーゼロというのは、リロイバレル以降続くスピードロスを極限まで減らすことで速く走る、ゼロ理論の結論としてアシックスが行きついたスパイクで、当時のフラッグシップモデルとしては珍しく傾斜の弱いフラット系スパイクでした。
伊東浩司さんが10.00の日本記録を出した時に履いていたモデルとして有名です。
そのサイバーゼロの最大の特徴はなんといっても靴紐ではなくマジックテープが採用されていたこと。いまでこそベルト式のスパイクはありますが、当時は超奇抜。

で、そんなサイバーゼロの下位モデルとして出てきたのが今回ご紹介するサイバーブレードなのです。

 
[アシックス] CYBERBLADE HF

 

発売から今までほとんど変化のない超ロングセラーモデル

発売年は定かではありませんが、少なくとも私が高校に入った時にはすでにほぼ今の形で定着した人気モデルでしたので、おそらく2000年か2001年くらいに発売されたんだと思います。
発売当初は2-3-2だったピンはすぐに1-3-4に変わり、真ん中の3本は固定ピンになりましたそれ以降は現在までプレートは多分変わってないと思います。
アッパーは発売当初はメッシュ地だったものが合成皮革に変わってちょっと軽量化されたことと、3つあるベルトの一番上のベルトが両サイドから止めるタイプに変更されたくらいで、そんなに大きな変更はありません。
マイナーチェンジはあるものの、10年以上変更のない超ロングセラーモデルです。

ロングスプリントモデルのド定番

陸上をやっていれば必ずミズノとアシックスのどちらを買うかで迷うはず。
なかでも『サイバーブレード』とミズノの『ジオスナイパー』あるいは『ジオサイレンサー』でどれにするか迷った人は多いでしょう。
どれも400mまで対応したロングスプリントモデルであるがゆえ、ロングスプリンターのみならず、女子のショートスプリンターまでもが比較沼にハマる事になります。最終的にはベルト特有の脱着のしやすさだけでサイバーブレードを選ぶ人もいます。
変更を重ねて改悪された感のあるミズノの2モデルに対し、サイバーブレードは一貫しており、現在ではロングスプリントと言えばサイバーブレードと言っていいほどのド定番モデルになりました。サイバーブレードを通らずしてロングスプリントは語れません。

 

サイバーブレードの特徴

なぜに名作とするのか、それはサイバーブレードには他のスパイクと違う魅力があるからです。サイバーブレードを名作たらしめるその特徴とは。

超希少なベルトフィッティングモデル

良くも悪くもベルトフィッティングであることがサイバーブレードの特徴です。『サイバーフィット』と呼ばれるこのベルト式は、前足、中足、足首をそれぞれ別で締めつけるため、多くの足型に対応できます。
一方で紐式のようなガッチリ感はないため、ブレが気になる人もいます。
アシックスはサイバーフィットでフィット感を高めているとは言っているものの、サイバーブレードの紐バージョンであるSPブレードを出しているあたりなかなかの自己矛盾をかかえている。
そんなデメリットもあるベルトフィッティングを恒常的に採用するメーカーは他に殆どなく、今はベルトが欲しければアシックス一択の状況です。
SPブレードとサイバーブレードのどちらが良いかと言えば絶対にサイバーブレードでしょう。それはSPブレードを買うくらいなら他にいくらでも選択肢があるから。サイバーブレードは希少なベルトモデルであったがゆえにロングセラーモデルとなり得たのです。
ベルトフィッティングには賛否ありますが、個人的にはトイレに行く時にすぐ脱げるのが最大のメリットだと思ってます。練習にはベルトが最適。

昔ながらのピン配置

ロングセラーモデルということは流行に疎いということ。サイバーブレードは昔懐かしい『ピンで押す』系のピン配置であるため、母子球に2つもピンが配置されています。そのおかげで力を入れやすく、パワフルな走りが可能です。このピン配置のおかげで適当な走り方をしてもそれなりに走らせてくれるというのがサイバーブレードの良いところ。初心者から中級者まで誰でも使いやすいピン配置と言えると思います。
反面、ヌケが悪いので最近のモデルに比べると重たさを感じます。
昔ながらの走りが出来る数少ないスパイクです。

クッション多めの反発そこそこでベストバランス

ロングスプリントモデルがゆえ、クッションが多く入っていて、それでいてショートスプリントにも対応できるレベルの反発があります。
これほどバランス良く出来たスパイクはなかなかないと思います。このスパイクを履いて不満なんか出ないはず。どのレベルの選手がどの距離で使ってもマッチする汎用性の高さは特筆もの。
エグいスパイクばっかり履いていると、サイバーブレードの優しさに脚のみならず心までもが癒されます。

 

 

 

サイバーブレードのインプレッション

結局履いてどうなのか?個人的感想。

履き心地は軟らかい

サイバーブレードの履き心地についてインプレッション。軟らかくて脚に優しいスパイクです。

何より脱ぎ履きするのが楽

履き心地以前に脱ぎ履きがめちゃくちゃ楽です。どんなシューズよりも楽だと言えるでしょう。これだけでサイバーブレードを買う理由になる。ベルトフィッティングは締めつけ感は全然しっくり来ないんですが、簡単に履けるというのは非常に楽。

フィット感はけっこう普通。でも良くは無い。

軟らかめのアッパー素材と緩めの足入れであることに加えて、最大の不安材料はベルト式と言う事。
ベルトフィッティング特有の締まってるんだか締まってない感じはあります。個人的には好きじゃありませんが、気にならない人はそれほど問題ないと思います。
良く言えばベルトによってアッパーが面で締まってくる感じで、ベルトの張力がかかっている部分はしっかり締まる。
でもやっぱり張力が集中してかかるので、締めつけ感の差が気になる感じ。履いてちょっと走ってからもう一回締め直したくなっちゃう。
アッパーがスカスカな割にはちゃんと締まるし、紐に比べて特にフィット感が悪いとまでは言えないと思いますので細かくない人なら良い感じのフィット感で履けるでしょう。むか~しのミズノのベルト式モデルであるジオスパークよりは全然良いです。あれはクソでした。
ベルトであっても紐とさほど変わらず案外と普通にフィットすると言えると思います。

それなりにブレる

これが気になるのは体重が重いのと跳躍系とかパワー系のスパイクばっかり履いていたせいかもしれません。個人的にはサイバーブレードの唯一にして最大の欠点ではないかと思っています。
なんやかんやでベルト式はパワーに弱い。グイっと踏めばズルっとブレる。カーブを曲がれば靴がよじれる。こればっかりはアッパー性能の限界だと思います。体重が軽ければ気にならないのかも。
サイバーゼロ以降、フラッグシップモデルはサイバーステルスやサイバーオーラ等のベルトモデルがありましたが、全部廃盤になって今のフラッグシップは普通の靴紐モデルであることを考えればベルトのデメリットは大きいのでしょう。

プレートは軟らかい

プレートはけっこう軟らかい。スパイクでありながらクッションを感じられます。ただ、反発がないわけではなく、踏めばそれなりに進みます。
軟らかいのでスプリントスパイクとしてはフラットに使える部類だと思います。ただ、プレートを曲げやすい分反発は少ない。
プレートを手で曲げると、ピンのある前足部はやわらかいのですが、拇指球うしろから土踏まずあたりにかけては立体構造のプラスチックのおかげで曲げ剛性が高い。一枚板のプレートと違って耐久性は高そうだけど支え台的な構造でちょっと邪魔な感じはあるかも。

傾斜感が独特かも

見た目の傾斜はけっこうあるけど、プレート自体は軟らかいから体重を乗せればぺたっと伸びるから個人的には傾斜が強いスパイクだとは思わないけど、傾斜を感じる人も多いかも。長い平行ピンをつけていると4本ある後列のピンの突き上げ感がけっこうあって、これが傾斜感を出している。さらにピンの後ろ側が立体になっているので、ピンと立体が出っ張りのような役目になっている。
傾斜が強いと感じる人は、ピンを短くしたり刺さりやすいものに交換すると傾斜感が減ると思います。

かかとはフワフワ

かかとはクッションが入っているため、フワフワです。走っている時にはかかとなんかつかないので別に気になりませんが、歩いているときにはタータンと相まってグニャグニャします。

 

初心者から上級者まで満足出来る走り心地

サイバーブレードはかなり完成度の高いスパイクだと思います。もちろん特化モデルに比べれば反発は足りないしクッションも強すぎるのですが、そこをうまくバランスさせたスパイクがサイバーブレードだと思います。

誰が履いても速く走れる理想の中級モデル

軟らかくてそれなりに反発がある。すなわち、誰でも履きこなせるスパイクだと思う。
前に紹介したナイキのズームJAフライ3やアディダスのアクセラレータ、あるいはかつてのアシックスのフラッグシップであるソニックスプリントエリートに比べるとかなり走りやすい。上級と言われるこれらのモデルはある程度スパイクに合わせた走り方をした方がスピードが出るのに対して、サイバーブレードは何も考えずに適当に地面を蹴ればちゃんとスピードが出るのだ。
誰でもこれを履くだけで90点のパフォーマンスが出来る感じ。フラットで走ろうがフォアで走ろうがモモを上げようが脚が流れようが体感的なスピードはあんまり変わらない。これであれば初心者から中級者まで誰が履いても速く走る事が出来そう。
ただし、細かい要求に答えてくれる感じではない。ある程度以上のレベルになればクッションが邪魔だったりベルトが頼りなく感じたり反発に物足りなさを感じてくると思う。そんな時は上級モデルへ以降する時期だ。
サイバーブレードを使ってみて伸び悩んだら上級モデルにステップアップすればいいのではないだろうか?

クッションのあるスパイクは安心感がある

サイバーブレードはなかなかクッションが強いスパイクです。三段跳び用のスパイクを履いているような感覚になります。30歳を過ぎて上級のエグいスパイクばかり履いていると、いつ肉離れするのかとヒヤヒヤしながら走るのですが、サイバーブレードを履くと言い知れぬ安心感に包まれます。
実際のところはスプリントスパイクなので油断すれば怪我に繋がるのですが、なんとなく大丈夫そうな気になる。練習に使うならこれくらいのクッションがあると安心だ。

 

 

サイバーブレードと他のスパイクの比較はそのうち時間がある時に追記しようかと思ってます。

 

 

サイバーブレードはオススメか?

サイバーブレードとジオスナイパーを比較しても結局良く分からないと思います。もうそんなときはベルトか紐かで選びましょう。
サイバーブレードはオススメかと言えば

無難にオススメ。買って失敗することはない。

と答えます。
初心者から上級者まで、これを買って失敗は絶対にありません。ちょっとでも気になるなら買って損なし。1足だけの人も練習用の人も試合用の人もこれを買っておけば間違いありません

 

サイバーブレードのライバル、ジオシリーズの違いについてはこちら


スパイク事情はこちら
2019年(ミズノアシックスNBアディダス
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノアシックスナイキアディダス
2016年(ミズノアシックスナイキアディダスその他
初心者(初心者のスパイク

ランニングシューズ事情はこちら
2019年(ミズノアシックス
2018年(ミズノ・アシックス
2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー
初心者(基礎編市民ランナー編陸上初心者編