幅跳び用スパイクと短距離スパイクの違いは?【7mジャンパーが教える幅跳び】

【幅スパ】幅跳び用スパイクの違い

陸上部に入部して幅跳びを専門にしようと思っている人はまちがいなくスパイク選びで迷います。
私も幅跳びスパイクを買うまではその必要性をあまりわかっていませんでした。
しかし…
一度履けば幅跳びスパイクの跳びやすさは衝撃的なものだった!!
専用スパイクを履けば絶対に記録が伸びます!!

今回は
7mジャンパーが教える幅跳びスパイクと短距離スパイクの違い
についてご紹介。
元7mジャンパーであり、中学から大学まで幅跳びを専門にしていた管理人が初心者のための幅跳びスパイク選びについてご紹介します。

  • 幅跳び用スパイクと兼用スパイクは何が違うのか?
  • 短距離用スパイクで幅跳びしちゃだめなのか?
  • そもそも幅跳び用スパイクって必要なのか?

上記のようなことがひっかかってなかなか幅跳びスパイク購入に踏み出せずに迷っているあなた、絶対に今すぐ買うべきです!!

 

 

幅跳びスパイクは4種類

幅跳び用のスパイクは各メーカーから1足ずつ発売されており、日本で普通に購入できるのは4種類です。

  • ミズノ(フィールドジオLJ)
  • アシックス(LJプロ)
  • ナイキ(ズームLJ)
  • アシックス(アディゼロLJ)

メーカーごとに違いはあるものの幅跳び用スパイクという点では共通した特徴があり、どのメーカーのスパイクを選んでも確実に幅跳びの記録が伸びます。
まずはそれぞれのスパイクの特徴について簡単に紹介します。

ミズノ(フィールドジオLJ)

おそらく国内で一番シェアが高いであろうミズノのフィールドジオ。見た目はほぼ同じでかかとの厚みが厚いAJという三段跳び用のスパイクもあります。
現日本記録保持者の城山選手、元日本記録保持者の橋岡選手といった日本のトップジャンパーの多くがこのフィールドジオを使用しています(トップジャンパーは硬さなどをカスタムしています)。また、あのカール・ルイスもミズノを履いていました。
踏切り安定感や反発性の高さが特徴で、強く高い跳躍ができるようになります。
詳しい事はレビュー記事で書いていますのでご参照ください。

アシックス(LJプロ)

2020年にLJプロ2が発売されましたが、ねじ山の強度不足によってリコール回収となっているため旧モデルでの紹介です。
旧モデルでも新モデルでも、アシックスの特徴としては共通したものがあります。
助走のスピードを高めるためのピン配置やプレート構造のため、スピードを生かした跳躍に向いています。

ナイキ(ズームLJ)

世界大会などで非常にシェアの高いのがナイキ。世陸ドーハでは男女の優勝者(ゲイルとミハンボ)がともにナイキのスパイクを使用していました。
スピードの出しやすさと踏切の安定感を高次元で両立しており、非常にバランスがいいスパイク
詳しい事はレビュー記事で書いていますのでご参照ください。

アシックス(アディゼロLJ)

他メーカーと比較すると短距離スパイクに一番近いのがアディダスで、非常に高い助走スピードが得られるが、踏切がピーキーな特徴的なスパイク。安定感には欠けるものの、とにかく速く走ることができるため上級者向けな印象はある。
スピードを生かしたスムーズな跳躍を目指すならこればベストかも。
詳しい事はレビュー記事で書いていますのでご参照ください。

 

 

 

 

幅跳び用と短距離用スパイクの違いは跳びやすさ

幅跳スパイクは専用品というだけあって、幅跳びに特化した構造をしています。
見た目ではよくわからないと思いますが、一度履けばその違いは明白。幅跳用スパイクはメチャクチャ跳びやすいのでスパイクを変えるだけで記録が伸びます

踏み切りやすい構造をしている

幅跳用のスパイクと普通のスパイクの最大の違いは『踏み切りのしやすさ』です。走りやすさだけでいえば短距離スパイクの方が勝っていますが、幅跳びスパイクを履くだけで踏み切りが劇的に良くなります

幅跳用はソールがフラット

一般的な短距離用スパイクは傾斜がついていますが、幅跳用スパイクは傾斜が浅くほぼフラットです。
このソール構造によって、踏み切りでのローリング動作がスムーズにできるようになっています。
ローリングというのはかかとから入ってつま先に抜けていく動作で、これができるだけで強い踏切ができるようになります。幅跳びスパイクは自然と足が転がるようにできているため、何も考えずに踏み切ってもそれなりのローリングになるのです。

つまり、幅跳びスパイクを履くだけで勝手に強い踏み切りが出来るようになる!!

グリップ力がすごい

メーカーによってピンの数や配置は様々ですが、どれも踏み切りの力を逃さないように高いグリップ力を発揮する配置になっています。幅跳び用スパイクはグリップが高いことで踏切り板を踏んだ力を跳躍力に変換してくれるため、ほかのスパイクよりもロスが少ない強い踏切ができるようになります。

幅跳びスパイクの裏はこんな感じ↓

どのメーカーにも共通しているのは、一番後ろの列のピンが直線的に配置されている。これによって踏み切りでの強烈なグリップとブレーキが発生し、スピードが高さに変換されます。
一方で、抵抗にもなるためスプリントに使うには向いていません。

 

 

幅跳び用のプレートは超高反発!!

短距離用と比べると、幅跳用スパイクは反発がかなり高くなっています
1歩で6mも7mも跳ぶわけですから、幅跳びは短距離よりも大きな反発が必要です。その競技特性に合わせて幅跳び用のスパイクも非常に大きな反発が得られるように設計されています。

プレートがめちゃくちゃ硬い

短距離用に比べるとガッチガチのプレートが付いています。
マジでもうほんとガチガチ。手で曲げることは不可能な硬さで最初はびっくりするかも。
プレートが硬い事によって、体重の数十倍の衝撃がかかるとされる踏み切りでもスパイクが負けることなく反発してくれるます
当然足への負担も大きいため、扱い切るにはそれなりの筋力は必要になるでしょう。
固いプレートによる強烈な反発によってポーンと高く跳ぶことができるのが幅跳び用スパイクです

アッパーもガッチリ

強い踏み切りでもブレないアッパー性能が求められるため、短距離用のペラペラな感じとはまるっきり違う感触のアッパーになっています。アッパーはガッチリ系。
素材自体もしっかりしていて伸縮性はあまりありません。さらに足首等のベルトでガッチリ締めつけることもでき、強い衝撃に耐えるために最適化されたアッパー構造です。

 

 

幅跳びをするならスパイクは絶対に買うべき!!

幅跳びを専門として陸上競技をすることを決めたのであれば、今すぐにスパイクを買うべきです。

今すぐ買うべきです。
今、この瞬間に買うべきです!!
すぐにフィールドジオを買うべきです!!

っというのは、まあもうちょい考えてもいいのですが、記録を求めるのであれば幅跳びスパイクを買わなければ練習の努力が無駄になるかもしれません。それほどに幅跳びスパイクの競技に与える影響は大きい。
これほどまでに幅跳びスパイクをオススメするのは、管理人の実体験によるものです。
そんなお話をちょっと。

スパイクを変えたら記録が伸びる!?

管理人は中学から大学まで幅跳びをやっていました。中学まではサッカーもやっていたので本格的に陸上に取り組むようになったのは高校になってから。
で、中学から高校1年までは初心者向けのアルシオーネという今でいうブレイブウイングを履いていました。高校になっても『6mくらい跳ばないとフィールドジオを履くのは恥ずかしいなぁ…』なんていう今思えばぶっ飛ばしてやりたくなることを言っていました。
で、いよいよ高校1年の夏、思い切ってフィールドジオLJを買ったのです…
そしてあの日、私のなかで電撃が走りました。

スパイクを変えただけで自己ベストを一気に60cmも更新!!

それまで初心者用を履いてい私の自己ベストは5m80。思い切ってミズノのフィールドジオLJを買って次の大会で使ってみたらなんと…
6m40跳べました。
6mジャンパーの仲間入りしました。
ちっちゃい大会でしたが優勝しました。

標準記録を突破したので大きい大会に出る権利がもらえました。
びっくり。
スパイクを変えただけで60cmも記録が伸びたのです!!
伸び盛りだったというのはあると思いますが、明らかに踏み切った時の体の浮き方が違いましたのでスパイクのおかげだと思っています。
練習を変えたわけでもアップを変えたわけでもなく、いつも通りに大会に出たら大幅な記録更新。しかもそこそこの記録がでたもんでびっくりしました。
もちろん、これは管理人の場合なのでスパイクを変えたからと言って必ずしも記録が伸びるとは言い切れないでしょう。しかし、幅跳び用のスパイクは明らかに跳びやすかったし、今考えてもスパイクによってこれくらいの記録更新はあり得る範囲だと思います。
アルシオーネはすぐ捨てました。

スパイクで練習の質が格段に上がる

幅跳びスパイクを買うと跳躍練習でもそのスパイクを使うようになります。
初心者用スパイクで練習した場合と比べると跳躍1本1本の負荷は数段高くなりますが、練習の質はその数倍上がります。欲を言えば練習用と試合用で2足欲しいところですが、私はずっと1足でやっていましたので1足あればなんとかなります。

できる練習の幅が広がる

幅跳びスパイクは正しく踏み切るための形状をしています。そのため、練習でもいつも正しい形で踏み切り動作を取ることができます。短助走での跳躍練習であっても、幅跳びスパイクを使うだけでバチっと固まったいい跳躍フォームで跳ぶことができます。また、全身を使ってポーンと跳ぶ感覚での練習ができます。
これはシューズやほかのスパイクではなかなかできません。幅跳びの練習は幅跳び用のスパイクを使うことで効果アップが望めるのです。

正しく使えばケガも防げる

初心者用スパイクはブレが大きいため膝や足首への負担が大きいということにも注意する必要があります。幅跳び用はプレートが硬く負荷が高いのは間違いありませんが、ブレが少ないため関節への変な負担はありません。
それなりに練習をして基礎的な筋力がついていれば、跳躍練習には幅跳び用スパイクを使った方がリスクは避けられるでしょう。

 

 

 

 

幅跳びスパイクの選び方

最初は無難にミズノかアシックスを買った方がいいとは思いますが、どのスパイクでも兼用スパイクとは別次元の跳躍が出来るようになると思います。
ってことを紹介した記事がありますので、幅跳び用スパイクを選ぶときは参考にしてください。

今回のまとめ

今回は幅跳び用スパイクと短距離用スパイクの違いということで、幅跳び用スパイクの優位性について紹介しました。
まとめると…

  • 幅跳び用のスパイクは各メーカーから発売されており4種類。それぞれに特徴があり、どれを選んだとしても跳躍レベルを引き上げてくれます。
  • 場合によってはスパイクを変えることで50cm以上の記録更新も見込めます。それほどに幅跳び用のスパイクは跳躍に特化しています。
  • 幅跳び用スパイクの特徴はガッチガチに硬いプレートと高いグリップ力。これによって反発を生かした高い跳躍が可能となります。
  • 幅跳びスパイクを使えば練習の質を上げることも可能。
  • 幅跳びするなら迷わずスパイクを買うべき!!

 

 

 

 

初心者のスパイク選びはこちら


スパイクレビュー記事一覧はこちら

スパイク事情はこちら
2019年(ミズノアシックスNBアディダス
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノアシックスナイキアディダス
2016年(ミズノアシックスナイキアディダスその他
初心者(初心者のスパイク

ランニングシューズ事情はこちら
2019年(ミズノアシックス
2018年(ミズノ・アシックス
2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー
初心者(基礎編市民ランナー編陸上初心者編






Twitterで更新をお知らせしています↓