【初心者】中学生におすすめの陸上スパイクは?

スパイク, 初心者のスパイク選び

Twitterもありまぁす↓

中学で部活に入って初めて陸上競技に触れるという選手は非常に多く、管理人もそうでした。
部活に入って最初にぶつかるのがどのスパイクを買えばいいのか?という問題です。陸上はスパイクが唯一といっていい道具で、練習の質や大会での記録に直結する重要なアイテムです。

ってことで今回は
中学生におすすめのスパイクはどれ?
というテーマでご紹介。
どんな選手も最初はみんな初心者です。最初の1足目はその後の人生を左右する1足になるかもしれません。

 

 

中学生におすすめの陸上スパイクは?

スパイクについて基礎知識として知っておいてほしいことは
初心者向けモデル(土兼用モデル)と中・上級者級者向けモデル(タータン専用モデル)の2種類がある!!
ということ。ザックリですが、これがわかっていないとこれから先の話が通じません。
初心者向けオールラウンドは土でも使える兼用モデルで、中・上級者向けはタータンでしか使えないオールウェザー専用モデルです。単純に『兼用モデルと専用モデル』と言うこともあります。
そして、初心者が最初の一足目に選ぶべきなのは初心者向けオールラウンドモデル(兼用モデル)です

今回は、初心者向けオールラウンドモデルについて詳しく紹介していきます。

初めてのスパイクなら初心者向けオールラウンド!!

最初の1足目、初めてのスパイクであれば初心者向けオールラウンドモデルをオススメします
オールラウンドというのは、短距離から中距離・跳躍までどの種目でも使えるという意味です。
陸上競技はレベルが上がるほど専門性が高くなっていき、100mと400mでは使うスパイクが変わってきます。しかし、初心者のうちはそれほど専門性が高くないため、初心者向けのスパイクはオールラウンドとしてどの種目で使っても大丈夫なようになっています。
逆に言えば、中級者以上になるとオールラウンドモデルでは不十分になってくるのですが、それはまだ先の話です。
また、オールラウンドモデルはほぼ全てが土兼用モデルとなっていて、土のグラウンドでもタータンの競技場でもどちらでも使えるようになっています。
初心者向けなのでクッション性が強く、足への負担が軽いのも特徴です。

エフォート(asics)とブレイブウィング(mizuno)がベースモデル

陸上スパイクの最もベーシックなモデルとなるのがエフォート(asics)ブレイブウィング(mizuno)の2つ。

このモデルは初心者が最初に履くスパイクとして設計されており、筋力が弱く体がまだ出来ていない選手のために作られたスパイクです。そのため、小学生や中学生が履くスパイクとして最も一般的で、お店でも必ずこのどちらかを勧められます。

エフォート・ブレイブウィングの特徴
・ソールのかかと部分がゴムで耐久性が非常に高い。

・ソールのクッションが強くて足への負担が軽い。
・アッパーのクッションも強いから足入れがフカフカ。
・プレートの反発は非常に弱くて足への負担が軽い。
・土での使用にも重点を置いているので壊れにくい。

上位モデルはヒートシリーズとシティウスウィング

ヒートスプリント・ヒートフラット(asics)シティウスウィング(mizuno)の3モデルが初心者向けの上位モデルとしてラインナップされています。

見た目はベースモデルとほとんど同じですが、ベルトが付いていたり軽量化されていたりと、走りやすさを重視したモデルになっています
エフォート・ブレイブウィングが入門モデルだとすると、ヒートシリーズとシティウスウィングは初級モデルといったイメージ。ベースよりは上位グレードではあるものの、初心者のために設計されているため最初の1足として選んでも全く問題ありません。
ちなみに、ヒートシリーズは短距離向けにかかとの角を削ってあるのヒートスプリントと、中距離や跳躍でも使いやすくかかとが平らになっているヒートフラットの2つがあります。

ヒートシリーズ・シティウスウィングの特徴・若干の軽量化がされている。
・ブレを防止する為にベルトが付いている。
・ソール、アッパーともクッション性は非常に高い。
・プレートの反発は非常に弱くて足への負担が軽い。
・土での使用にも重点を置いているので壊れにくい。

 

ハイパースプリントは中級者向け一歩手前のモデル

アシックスはさらに上のモデルとしてハイパーシリーズをラインナップしています。短距離向けのハイパースプリントと中距離向けのハイパーMD、長距離向けのハイパーLDの3モデルがあり、LDだけはなぜかオールウェザー専用なので注意。スプリントとMDは土兼用モデルです。

中級者向けのオールウェザー専用モデルはまだ早いと考えている選手に最適なスパイクです
初心者向けではあるものの、超計量でアッパーも薄めになっているため中級者モデルと遜色ないルックスをしています。重量はスプリントで約180gくらいと中級者向けスパイクと比べてもほとんど変わらず、エフォートの200g越えから10%くらい軽くなっています。
ハイパースプリントはかかとの部分が大きく削られて丸くなっており、スプリントスパイクとしてしっかり作り込まれています

ハイパーシリーズの特徴・土兼用の初心者向けながら非常に軽量。
・シームレスのアッパーでフィット感が良い。
・プレートの反発は非常に弱くて足への負担が軽い。
・オールウェザーでの使用も重視されていてプレートが軟らかい。
・試合で使えるパフォーマンスがあるので練習から試合までこれ1足で3年いける。

 

初心者は中級者向けモデルじゃだめなのか?

ここまでは初心者向けモデルの紹介でした。しかし、陸上スパイクにはもっといろいろな種類があり、中級者向けモデルを選ぶことも可能です。
当然、初心者だからといって初心者向けを買う必要はなく、好きなものを買えばいいとは思います。

2足目なら中級者向けがおすすめ

初心者といっても明確な分け方があるわけではありません。まだまだ初心者だと思っていても、2足目のスパイクであれば中級者向けがおすすめです。
しかし、高反発なモデルは扱いきれないばかりか怪我のリスクが高くなってしまうため、反発が控えめなモデルを選ぶようにしましょう。
おすすめするのはSP/サイバーブレード(asics)とXレーザーネクスト(mizuno)のどちらかです。

SPブレードとサイバーブレードはアッパーが紐かベルト化の違いです。
これらは中級者向けのオールウェザー専用モデルではありますが、反発は弱くクッション性が高いため、初心者でも十分に履きこなせるスパイクです。初心者向けに比べればアッパーが薄くなり、より本格的なスパイクになりますので、怪我に対するケアが必要ではあります。

競技場でしか使わないなら中級者向けでも大丈夫

初めてのスパイクであっても上で紹介したモデルであれば十分履けるとは思います。しかし、専用モデルなので学校のグラウンドで使うことは出来ません
週末の競技場練習と年に数回の試合でしかスパイクを使わないという場合であれば、足への負担は大きくないので初心者であっても中級者向けスパイクを選んで問題はありません。
繰り返しますが、土で使うなら初心者向けオールラウンドモデルを買いましょう。

 

 

陸上ch的にはどれがおすすめなのか!?

ここまでのことはどのブログや紹介記事をみても同じような事が書いてあると思います。陸上をやっていなくてもネットの知識だけで紹介できる内容でしょう。
そしてここからが陸上ch的な選び方です。
①最初の1足でなにも分からないならエフォート!!
②方向性が決まっていないならヒートフラット!!
③短距離メインと決めているならヒートスプリント!!
④短距離で頑張りたいならハイパースプリント!!
⑤2足目なら中級者向けモデル!!
この選び方をしておけば絶対に間違いありません!!
併記すると長くなるのでここではエフォートとブレイブウィングは同じ、ヒートスプリントとシティウスウィングは同じだと考えてください。
なぜこういう選び方がいいのか解説して行きます。

①エフォートかブレイブウィングを買っておけば間違いない!!

最初は迷うかもしれませんが…
初心者向けスパイクを買うならエフォートでもブレイブウィングのどちらかを買っておけば間違いありません!!
『ヒートスプリントの方がいいかな?』なんて思うかもしれませんが、正直言って初心者向けスパイクにそれほど大きな違いはありません。エフォートにしたから記録が伸びないなんていうことは絶対にありませんし、ヒートスプリントでできることはエフォートでも出来ます。
たしかに上位モデルの方が走りやすいかもしれませんが、走りやすいのが良いなら中級者向けを買うべきです。
あえて初心者向けを買うことは、まだ自分が練習を積んで体を作る段階なんだとわかっているからでしょう。それであれば、エフォートかブレイブウィングがベストです!!

 

②中距離をやるならヒートフラットがいい

このブログは短距離・跳躍をメインに考えているのでここまでの話も短距離をすることを前提にしています。もし中距離をやるのであれば、迷うことなくヒートフラットを買いましょう
エフォートでもいいですが、ヒートフラットの方が軽いので疲れません。

 

 

③こだわるならヒートスプリントかシティウスウィング

 

短距離メインならヒートスプリントシティウスウィングにしておけば何かと便利です。
エフォートでも十分って言ってたじゃないか…って感じですが、ベルトがあってフィット感が良くなっていたり素材が軽くなっていたりするのでこだわりたいならヒートスプリントかシティウスウィングにすればOK
かかとは丸くなっていますが、跳躍で使っても問題ありません。
エフォートよりも微妙に軽かったりフィット感が良かったりするため、最初からこだわりたいならこちらにしておきましょう。ただ、こちらのほうがエフォートより記録が良くなるかと言えばあんまり関係ありません。

④ハイパースプリントはけっこう本格的!!

初心者向けなので反発はないものの、軽さとフィット感がしっかりしているため中級者向けのような走りができる本格的なスパイクなのがハイパースプリント
ハイパーシリーズは他の初心者向けモデルと比べるとちょっと性格が違い、けっこう本格的です。
ほかの初心者向けがシューズの延長線上のよう走り味なのに対し、ハイパースプリントは完全にスパイクの走り味です。中級者向けへのステップアップと考えるならこれがベストでしょう
軽い分足への負担は高くなりますが、それでも中級者向けよりかなり優しい。陸上chには平日の練習はシューズ、週末はスパイクというスパイクの使い方をおすすめしているのですが、その使い方ならこのスパイクがベストかもしれません。
練習だけでなく試合でもいい結果を出したいと思っているならハイパースプリントは選択肢として検討する価値あり!!

⑤2足目を買う人はもはや中級者だ!!

2足目なら初心者向けではなく中級者向けを買った方が良いと思います。
結局、速く走るなら中・上級者向けのスパイクが必要です。っていうか、速く走るために中・上級者向けのスパイクがあるんです。
2足目を買うってことは2年か3年の陸上経験があると思いますので、それはもう立派な中級者です。ミズノ・アシックスの中級者向けスパイクって言うのはそういうレベルの人に向けて作られていますので、初心者向けよりむしろ中級者向けの方が合います。たぶん。
ただし、まだ脚力に自信がないのならロングスプリント向けのスパイクを選ぶべき!!
そこででてくるのがブレード系Xレーザーです。

足への負担が少ないのに、軽量で非常に走りやすいのが特徴のモデル。女子選手が400mを走るために作ってあります。そう聞けばこのモデルが初心者にもやさしいことが分かるでしょう。

 

今回のまとめ

中学生の最初のスパイクは何がいいのか?
このテーマは昔からずっと議論されていますが、結局行きつく結論は…
最初の一足目は初心者向けオールラウンドを買おう!!
というもの。
グラウンドでの練習でつかうには土兼用モデルが必須で、そうなると初心者向けオールラウンドの中から選ぶ必要もあります。
なかでもエフォート・ブレイブウィングを買っておけば間違いない!!
という風潮があります。管理人もそう思っています。いやむしろ、エフォート・ブレイブウィング以外を買う必要はないとすら思います。
しかし、上位モデルとなるヒートスプリントやシティウスウィングはたしかにちょっとだけ走りやすのも事実。エフォートで十分ではあるけど、こだわりがあるならヒートスプリントかシティウスウィングを選ぶのが良いでしょう

初心者向けは足の保護を第一に考えているのでどうしても速く走るという点では不利になりがちですが、ハイパースプリントは別格。中級者向けへのステップアップを考えているならハイパースプリントがベストかも

もし、学校では使用せず週末の競技場練習と大会での使用に限られるのであれば、中級者向けスパイクもアリです。その場合には、足への負担がすくないロングスプリント系の中級者向けスパイクを選びましょう

中学生におすすめのランニングシューズは別記事でまとめています↓






Twitterで更新をお知らせしています↓