2022年【中学】陸上部におすすめのランニングシューズは?

ランニングシューズ, 短距離のシューズ, シューズ選び

Twitterもありまぁす↓

陸上をはじめるきっかけで一番多いのは『中学で陸上部に入った』だと思います。
で、部活だとコーチがいない場合が多いため練習方法はおろかどんな道具が必要すらわからないこともあるでしょう。私も中学の時はスニーカーと体育着で走っていました。
とりあえずシューズは必要そうだけどなにがいいんだろう…っと思っているあなたも、もう大丈夫!
陸上chが「初心者が買うべき道具」を教えましょう!!

ってことで今回は
中学陸上部におすすめのシューズはどれ!?
をテーマにご紹介。

ざっくりいえば、ミズノかアシックスのシューズを選びましょう!
で、今回はミズノ・アシックスのシューズのシューズを3つのカテゴリーに分けておすすめのシューズをピックアップ!
自分がシューズに何を求めるかによって紹介するモデルのなかから選んでいけばシューズ選びに失敗しないはず!!

ちなみに、スパイクは別記事でまとめています↓

 

 

中学生は「ミズノ」か「アシックス」のシューズを買おう!!

まず前提として、中学の部活で使うシューズに必要なのは…
・耐久性
・足の保護性能
・走りやすさ

この3つの要素です。逆に言えば、このどれかの性能が欠けているシューズは選んじゃダメ!!

そんなこと言われても良くわからない!っと思いますが大丈夫!!
つまりは、中学生はミズノかアシックスのシューズを買いましょう!っという結論に至ります。
長くなるので詳しいことは省略しますが、ミズノとアシックスのシューズはどのモデルでも非常にバランスよく作られていて、特殊なモデル以外は3つの要素のどれかが致命的に欠けているものはないため安心して履くことが出来ます。
特に理由がないなら部活で使うシューズにはミズノかアシックスの国内メーカーを選ぶべき!好きなら海外メーカーを選らんでもいいのですが、よくわからないならミズノかアシックスを買うべきです。
とはいえ、ミズノ・アシックスだけでもそのラインナップは膨大で、トップランナー向けから初心者向けまで様々なモデルがあります。

ってことで陸上ch的おすすめとして…
①部活生のために作られた【高耐久シューズ】
②高性能で速く走れる【スピードシューズ】
③安いのに何一つ不満なし!【コスパ最強シューズ】
っという3つのカテゴリーに分けて具体的にシューズをご紹介します。
ここで紹介するシューズはのなかから選んでおけば絶対に失敗しないぞ!!

 

 

①とにかくこれ!!部活生向けの高耐久シューズ

まずはこだわりがないならとにかくこれを選んでおけ!!っていうシューズをご紹介します。
ここで紹介するシューズは中高生の部活をメインターゲットとして開発されたシューズで、メーカーが予算をかけて研究して作った「ケガをしないためのシューズ」です。もちろん「速く走れる」っていうのは前提。

特徴は
・毎日の部活で使ってもケガしないように保護性能が高い
・耐久性が高くて毎日ハードに使っても長持ちする
・ランシューとして十分な性能でありながら値段が安い
・そもそも部活生向けに作っている

ターゲットが『ランニング初心者』ではなく『陸上競技初心者』なので、過剰な装備がなくシンプルで機能的な作りをしています。たしかに高級感はないのですが、部活で使う分にはこれ以上の装備はいらない。
「高反発素材」のような最先端装備はないものの、ランニングシューズに必要な機能は全て搭載されていて、部活生向けとはいえ走るための機能は上級者が履いても特に不満がないレベルです。

(ただし、2022年ではミズノはこのラインナップをカタログ落ち(廃盤)にしています。在庫があるのでしばらくは購入出来ると思いますが、お早めに。メーカーの採算が取れないと言うことはユーザーにとってはお買い得と言う事か!?)

ウエーブソニック2(ミズノ)

ミズノの部活生向けシューズで、やわらかめのクッションを搭載することで足への負担を低減している
また、ソールが平らな
『フラットソール』になっているため、スプリント動作で大切な接地の感覚を邪魔しないのもいいところ。
フラットソールは接地感覚が優れているためドリルでの使用に適していて、スパイクに近い感覚で走れるので初心者が陸上的な動きを習得するためのシューズとしておすすめです
また、安定性が高いのでスプリントトレーニングだけでなくジャンプ系トレーニングウエイトトレーニングでも使えます

耐久性・安定感を重視しながらもスピード感を犠牲にしないよううまくバランスしているため、これ一足あれば部活の全てのシチュエーションに対応出来るでしょう。

ソニックラッシュ2(ミズノ)

アッパーに合成皮革を多用することでウエーブソニック2よりもさらに耐久性を高めたモデル。全ランシューのなかでトップの耐久性があるため、部活だけじゃなく体育の授業や移動もすべてこれ1足でこなせる
部活でガンガン使うならこれ!!ただし、21年からはカタログ落ちしているので在庫限りか!?

 

 

②「走りやすさ」で選ぶならスピードタイプ!!

次に、「走りやすさ」を重視したスピードタイプのシューズをご紹介します。
「スピードタイプ」といってもレース用の超薄底シューズではなく、マラソンで言うとサブ3.5くらいがターゲットになっているクッション系のカテゴリーになるシューズです。

特徴は
・屈曲性が良くて接地感覚が良い
・フィット感が良くて走りやすい
・軽いけど耐久性もそこそこある
・クッション性もそこそこある

部活向けシューズでも速く走れるようになっているのですが、より軽量でやわらかいため履き心地もいいのがこのカテゴリーのシューズで、スピードを出しやすいのにクッション性や耐久性を犠牲にしていないのがポイントです。
「走りやすさ」だけでいえば上級者向けのレースシューズが一番なのですが、レースシューズは足へのダメージが大きいため部活で使うには不向き。スピードが出しやすくてそれでいてクッションや耐久性も高いというちょうどいいバランスのシューズがこのスピードタイプのシューズです。

ウエーブエアロ19(ミズノ)

(2022年にカタログ落ち!!)
クッション性を重視しつつも接地感覚のいいシューズならウエーブエアロがベスト!!だと思います。
軽量でありながらロードレースで使えるようにクッション性・耐久性も高いミズノの定番シューズ。クッション性と走りやすさを両立したシューズと言えば一番に名前が上がるシューズでしょう。
ロードでの使用にも耐える使える耐久性、バウンディングもできるクッション性、スプリントで不満のない履き心地っというランニングシューズに求められる性能を全部ハイレベルで突っ込んだ万能シューズで、部活で使うならベストな1足になり得るでしょう。
管理人もかつてオーダーシューズを作る時にはエアロのソール(旧型)を選んでいたくらいで、スプリントやドリルだけでなく跳躍でハードに使うようなシチュエーションにも対応できる万能なシューズです。

ただし!おすすめなのは2021年モデルの「19」までです!!
2022年モデルの「ウエーブエアロ20」は厚底になって接地感覚が悪いのでスプリントで使うなら「19」まで。あえて20を使うくらいならライトレーサーかターサーで良いと思います。在庫があるうちにどうぞ。

ターサーエッジ(アシックス)

ターサーシリーズはアシックスのスピード系モデルにつく名称で、そのなかでサブスリー向けのクッションモデルに位置付られているのがこのターサーエッジです。
スピードが出しやすいようにこう反発でありながらクッション性能が高いのが特徴で、コンセプト的にも部活に最適な感じがしますね。また、ターサーエッジのいいところは、ラスト(足型)がレーシングタイプになっているためフィット感がけっこう良いっというのもおすすめポイント。
クッション性や耐久性を重視したモデルでありながら、上級者が履いても満足出来るくらいの履き心地の良さを持っています。
ちなみにターサーシリーズには他にも反発性重視の「ターサーRP」と日本製の「ターサージャパン」っていうのもあって、「エッジ」はクッション重視のシューズっていう立ち位置になります。そのため、もっと反発がほしければ「RP」を、履き心地がいいのがよければ「ジャパン」を選んでもいいと思う。

 

 

③結局これに行き着く!?コスパ最強シューズ

ここまで見てややこしい…っと思ってしまったあなたにおすすめしたいのがコスパ最強シューズです。
ランニングシューズとして必要とされる性能をすべて高い次元で兼ね揃え、しかも安いシューズがこのカテゴリーのシューズです。

特徴は
・初心者から上級者まで誰が履いても不満なし!!
・ランニングシューズとしての完成度が高い
・なぜかすっごい安い

そんなシューズある!?って感じですが、あるんです。
特別履き心地が良いわけではないけどまったく不満はないし、クッション性や耐久性はハイレベルでありながら走っていて邪魔になるものはない。
悪く言えばこれといった特徴がないのですが、良く言えば悪い要素が何もない。それがコスパ最強シューズ。
これを買って失敗したって話は聞いたことないし、失敗する要素がないと思います。誰がどんなシチュエーションで使っても満足できる、そんなシューズ。

デュエルソニック(ミズノ)

部活向けで紹介した「ウエーブソニック」と似てるけど、上級モデルの「ウエーブデュエル」の要素が入ったのがこのデュエルソニックです。
最大の特徴は「スパイクのDNAを受け継ぐ」っということでパイクのようにプレートが内蔵されていること。クッションは厚いのにプレートがあるおかげで反発が高く、楽にスピードを出すことができます。
レート内臓でスパイクに通じる反発特性があるので短距離で使いやすく、それでいて安い。これさえあれば他のシューズを選ぶ必要がないです。
ただし、すでに廃盤になっています!!在庫があれば安くなってるからチャンスか!?

ライトレーサー(アシックス)

アシックスの部活向けのシューズといえば昔からこのライトレーサーです。
もはや部活用でアシックスならライトレーサー以外を選ぶ必要がない!!
っていうくらいド定番のトレーニングモデルです。
実売価格も5000円前後なので本当にコスパは最強。アシックスの良心です。
安いとはいえ競技者のランニングシューズとして十分な機能と高い耐久性を兼ね揃えており、初心者から上級者まで不満なく使える万能シューズです。
また、安くてもちゃんとしているので大学レベルでもこれを履いていることもありますし、管理人が初心者におすすめするならまずはこれ。ランニングシューズに求められる性能は網羅されているので、部活用でこれを買って失敗することはまずあり得ないでしょう。

普通に買える旧モデルは「2」で、2021年にはモデルチェンジして「3」が出ました。
さらに2022年にはアッパーがちょっとだけアップデートされた「4」が出たのですが、ソールには変更がないので性能的には3で十分です。ただ、新しい方がいいっちゃ良いのでどうせ買うなら4がいいとも言える。
迷ったらとりあえずライトレーサーを買っておけ!!

 

 

海外メーカーのシューズはだめなの?

ミズノ・アシックスをおすすめしていますが、世間ではナイキがブームです。
ナイキ・アディダスのシューズじゃだめなの?っていうと…
海外メーカーでもシューズ自体はいいんだけど、選ぶのが難しいのでやめておいたほうが良い。
っというのが陸上chとしての考えです。
詳しいことは今回は書きませんが、海外メーカーはシューズを見ただけではどんな性能なのかがわかりにくい。初心者向けからトップモデルまでが一貫したルックスになっているので自分にあったシューズを見出すのは難しいと思います。
その点、日本のメーカーのシューズは見た目はダサいかもしれないけどコンセプトがわかりやすいので選びやすい。最初の1足目でシューズに詳しくないのであれば、ミズノ・アシックスのどちらかで選んだほうが失敗しないと思います。

 

 

中長距離の試合にシューズで出るのは要注意!!

800m以上のトラック種目、いわゆる中・長距離をやる選手は注意!!
ルールでは25mmを越える厚さのシューズは試合では使えません!!
厳密に言えば、800m未満は20mm、800以上は25mmを超える厚さのシューズでは試合に出られません。

そのため、練習から試合まで全部をシューズ1足だけで全部やるっていうのは実質的に不可能で、試合に出るならシューズとは別にスパイクが必須だと考えてください。中学生の1500mでシューズが使えないってのはちょっとキツいですが、これはルールなのでしょうがない。レースではスパイクを履きましょう。
また、2024年秋以降はまたルールが変わって800m以上でも20mmまでしか使えなくなります。

ってことで、25mm以下の中・長距離のレースで使えるシューズをまとめた別記事があるので詳しくはそちらを見て下さい!!↓


 

今回のまとめ

シューズ選びというのは競技人生を左右する重要なものであり、自分が選んだシューズで自分の動きを作っていくというのは陸上競技の大きな楽しみの一つです。しかし、ランニングシューズは世間にたくさんありすぎてなにがなんだかわからない!!
今回は、陸上ch的部活におすすめなランニングシューズをご紹介しました。

とにかく、メーカーはミズノ・アシックスのどちらかにしましょう。
第一候補としておすすめなのが部活生のために作られた【高耐久シューズ】です。
メーカーが予算をかけて部活性のために設計したシューズで、部活で使うならこれ以上のものはない!まずはこのカテゴリーのなかから選んでみましょう。

もっと「走りやすさ」を重視したいなら高性能で速く走れる【スピードシューズ】がおすすめ。
クッション性・耐久性がありながらもスピードが出しやすいように設計されており、柔軟性もあるので接地感覚がいいのが特徴です。履き心地もいい。

いろいろ見たけどよくわからない!って人は安いのに何一つ不満なし!【コスパ最強シューズ】を買っておけば間違いなし!!
ランニングシューズとしての性能は高い次元でクリアしているのになぜか値段が安いのがこのカテゴリーのシューズで、見た目はたしかに地味だけど余計なものがないので非常に走りやすい!そして何より安い!!失敗する要素がありません。

っと、こんな感じでおすすめシューズを紹介しました。
じゃあ、管理人が1足だけおすすめするならどれか?っというと…
中学生ならライトレーサーを買っておけ!!

ライトレーサーはトップ選手でもはいている人がいるくらいの性能を持っているのに信じられないくらい安いシューズ。
むしろ、他のシューズを選ぶ必要がどこにある!?

 

 

中学生におすすめのスパイクはこちら↓






Twitterで更新をお知らせしています↓