初心者の陸上スパイクの選び方①

初心者のスパイク選び, 初心者のスパイク①

上競技で必要になる唯一の道具であるスパイク。
スパイクの善し悪しはタイムに直結するため、どのスパイクを選ぶかは非常に大事なことです。
しかし、初心者のうちは何を買えばいいのかわからないもの。まだ専門種目が決まっていなかったり、子供に初めてのスパイクを買ってやろうという親が選ぶべきスパイクはどれなのか?

今回は
初心者がスパイクを選ぶうえで知っておくべき基本
をご紹介します。

色々書きすぎてこの記事は長くなってしまいましたが、これさえみておけば陸上のスパイクがどういうものなのかわかると思います。

 

その2もあります…

100mのおすすめのスパイクはこちらで紹介しています


 

 

 

 

 

陸上スパイクの基本の基本

パイクを買う前に、陸上用のスパイクがどういうものなのか知っておきましょう。

①スパイクの構造

普通の靴、あるいは別の競技のスパイクと陸上のスパイクとではどういったところに違いがあるのかでしょうか。構造的なところを簡単にご紹介します。
構造自体は初心者用でも上級者用でも基本的には同じで、素材や厚みによってスパイクの性格が決まります

ソール(靴底)の構造

普通のシューズと陸上のスパイクとの最大の違いはソールです。
ピンがあることと、プレートが埋め込まれていることが陸上スパイクの特徴です。

↓これが陸上スパイクの裏です↓

まずみてわかるのはピン(針)がついていること。
陸上用のスパイクの裏にはスパイク(針)がついています。このピンは、サッカーや野球とちがって本当に針です。つま先に部分にはピンが着いていて、ピンが地面に刺さることでグリップする構造になっています。このピンは基本的に取替え式で、すり減ったらピン交換できるようになっています。

そしてプレートというプラスチックが埋め込まれていることも特徴です。
つま先に埋め込まれたこのプレートはバネのような役割をもっており、長い定規を曲げたときのようにビョ~ンと反発してくれるおかげで、普通のシューズよりも速く走ることができるというわけです。
プレートの長さはスパイクによってまちまちで、写真のように前足部分だけでプレートが終わっているものが初心者向きです。

アッパーの構造

スパイクのアッパーは基本的にはランニングシューズと同じです。

↓初心者向けスパイクの外観↓

初心者向けのスパイクはパッと見ではランニングシューズも同じようにみえますが、履いても特に変わりはありません。上級者向けのスパイクになると軽量化のために穴があいていたり、素材が薄いものになっていたりしますが、初心者向けのスパイクのアッパーはランニングシューズと変わらないと言っていい思います
アッパーの薄さは耐久性とも関係しますので、最初の1足を選ぶ際にはアッパーが薄すぎないモノ(上級者向けでないモノ)を選ぶと良いと思います。

 

②初めてスパイクを選ぶときの注意点

はじめてのスパイク選びでは、絶対にみておかないといけないポイントがいくつかあります。これを間違えると用途とはまるっきり違うスパイクを買ってしまう可能性もありますので注意が必要です。

土用(兼用)とオールウェザー用(専用)の2タイプがある

陸上スパイクは基本的には土で使えません!!
それは陸上競技場のほとんどがタータンだからなのですが、部活で中学校の校庭などで使う場合には土でも使えるスパイクを選んで買う必要があります


スパイクには大きく分けて2つのタイプがあります。
土のグラウンドでも使える兼用タイプ
ゴムのトラックでしか使えない専用タイプ
学校のグラウンドで使うのであれば兼用のタイプを選ぶ必要がありますので気を付けて下さい。
初心者用のモデルはほとんどが兼用タイプですので、初心者用として販売されているスパイクであればほとんどが土のトラックにも対応しています。
初心者向けモデル以外は全てオールウェザー専用で、そう言ったモデルは土のトラックでは使えません。
専用スパイクは土での使用は出来ませんが、その分軽くつくられています。大会や競技場練習でしか履かないのであれば専用タイプを、土でも使いたいのであれば兼用タイプを選びましょう

専門距離によってスパイクが違う

陸上のスパイクには跳躍など、種目ごとに専用のスパイクがあります。
そのなかでも短距離用のスパイクはショートスプリント向けロングスプリント向けの2種類があり、見た目は似ていても特性が違いますので、タータン専用のスパイクを選ぶのであれば対応距離を考えてスパイクを選ぶ必要があります。
初心者向けのスパイクはオールラウンドと呼ばれ、どの距離にも対応しています。

ショートスプリント向けのスパイクは反発が強いため足への負担も大きく、ロングスプリント向けは軟らかくて足への負担も軽いのが特徴です。
100mが専門であればスパイクはショートスプリント向けを、400mが専門であればスパイクはロングスプリント向けを選びましょう。
初心者向けであれば専門種目は気にする必要はありません。

・初心者向け・中級者向け・上級者向けに分かれている

スパイクは反発の大きさや耐久性によって
・初心者向けのモデル
・中級者向けのモデル
・上級者向けのモデル
の3種類に分けられています。
基本的に初心者は初心者向けか中級者向けを選びましょう

初心者が上級者向けを履いたって悪いわけはありませんが、上級者向けはクッションが最低限しか入っていないので、まだ体が出来ていない人が履くと怪我の原因にもなります。
中級者向けというのは中学~高校生の部活生をメインターゲットに開発されているラインナップで、耐久性やクッション性が高くできています。これであれば初心者が選んでもほとんど問題はありません。

初心者向けのメリット・デメリット・土でも使えるモデルが多い
・値段が安い
・乱暴に扱っても壊れない
・足へのダメージが少ない
・反発が弱いため速く走れない
・足入れがダル

・重たい
・見た目がダサい
中級者向けのメリット・デメリット・ラインナップが豊富で自分に合ったシューズが選べる
・反発があってそれなりに速く走れる
・足入れがちょっとタイト

・足へのダメージが多少はある
・値段が高い
・土では使えない

 

③初めてのスパイクの選び方

お店でスパイクを試着したときにはこういうところをチェックすれば間違いないというポイントをご紹介。

ちょっと小さめくらいがベストサイズ!!

スポーツ用品店なんかだと『余裕があるほうがいいですよ』って言われることもあります。
サッカーや野球など、他の競技のスパイクはは若干余裕があるくらいがいいとされていますが、陸上ではこれは必ずしも正しくはありません。
陸上のスパイクはできるだけパワーロスが少なく、ブレがないサイズを選ぶのがベストですので、すこしだけきつめのサイズを選ぶのが基です陸上のスパイクを選ぶ時にはフィット感を何より大切にしましょう。

陸上のスパイクはピンが地面に突き刺さるため、ほかの競技と比べるとグリップが桁違いです。サイズが大きいスパイクを履いていると、靴のなかで足がずれて皮が剥けたり、捻挫や膝の怪我の原因になります。
大きめのサイズにしないと不安かもしれません、初心者向けのスパイクはあらかじめゆったり作ってあるため、ゆとりのあるサイズを選ぶとガバガバになります。スパイクは成長期であれば1シーズンしか履けないものですので、今シーズンだけ使えればいいという選び方が良いと思います。

購入時のポイント着の時は足がむくんでいるので、若干きつめだったとしても実際に履くときには余裕ができます。購入時にはむくみも考慮しましょう。
初心者向けのスパイクは足型がゆるめに作られています。

鉄則!!ミズノ・アシックスから選ぶべし!!

とりあえずミズノアシックスから選びましょう
この両メーカーの製品であればなにを選んでも失敗はありあません。
ナイキやアディダスのスパイクは陸上界ではクセがあるものとされています。どうしても外国製が欲しければ2足目以降に考えましょう。

上級者向けは筋力がないと怪我する?

筋力が少ない初心者が上級者向けを履くと怪我の原因になると言われています。
実際のところちょっと履いたくらいじゃあまり関係ありませんが、上級者向けのスパイクは軽量・高反発に特化しているので、負荷が高いのは確かです。最初のうちはスパイクにそれほどのスペックは必要ありませんので、初心者~中級者向けのものを選んだほうが良いでしょう。

ただ、初心者用であれば怪我しにくいと言えるのかといえば全然そんなことはありませんので、ある程度の筋力がつくまではスパイクは履かずにシューズで練習してもいいと思います。

土での練習ではスパイクなんかいらないかも

土とオールウェザーでは走る感覚がまったくが違います
そのため、土の練習ではスパイクを履いてもあんまり意味ありません。練習が土なのであればランシューで十分です。
スパイクを1足しか買わないのであれば、試合で使えるようにオールウェザー専用を買うことをオススメします。試合用と練習用で2足買うなら何でもいいと思います。
っていうか、兼用スパイクで走ってもぜんぜん速くならない!!

田舎で競技場も土なのであればしょうがないですが、今どきタータンじゃない競技場ってかなり少数です。

 

 

 

 

 

超基本的なスパイクの扱い方

パイクは大切な道具です。扱い方を間違えると壊れてしまいます。

スパイクは大事に扱いましょう

精神論的にも道具は大事にしたほうがいいのですが、走ってる途中にプレートが割れたりすると怪我をする可能性もあります。
大切に扱いましょう。

・こまめに脱げ!!

陸上のスパイクは速く走ることに特化した装置です。そのため、他の競技のスパイクに比べると快適性は低く出来ています。
耐久性も低いため、走る時以外はできれば履かない方が良いくらい。ずっと履いていると足が痛くなることもあります。
アスファルトを歩くとすぐに削れてしまうので、水を飲みに行く時などは横着せずに脱ぎましょう

初心者用はずっと履いていても大丈夫な造りをしていますが、最初のうちからこまめに脱ぐクセをつけたほうがいいでしょう。
セットが始まる前に履く、ゴールしたら脱ぐ、次のセットが始まる前にまた履く。くらいで良いと思います。

・かかとは絶対に踏むな!!

中学生なんかはよくかかとを潰してますが、スパイクは繊細な道具です。ちゃんと靴紐をほどいて脱着しましょう。

・2年くらいでダメになるぞ!!

スパイクはプレートがヘタってくると買い替えです。
たいていは2年くらいが限度でしょう。3年も使うとフニャフニャで終わってます。消耗品だと思って買いましょう。

・ピンもたまには替えたほうがいい

上級者向けのスパイクでは固定ピンのモデルもありますが、基本的にはどれも付け替えタイプです。
消耗品なので年に1回くらいは替えた方が良いでしょう。接地の感触がちょっとだけ変わります。あんまり長く使って削れ過ぎるとピン回しで外せなくなりますので注意。
800円くらいなのでケチらず替えましょう。

 

ピンの種類

ンは買った時に付いているものをそのまま使えば問題ありませんが、消耗品のため1セットはストックしておいたほうがいいでしょう
ついていたものと同じものを買えば問題ありませんが、一応は長さと形状の特徴や規程を知っておきましょう。

取替えにはピン回しを使いますが、これはスパイクに付属していますしバラでも売ってます。
土のグラウンドであれば土用のピンを、タータンであればタータン用のピンを使うのが鉄則です。中学校の大会なんかだと土ピンのまんま大会に出ている選手もかなり多いですが、これは本当はギルティ。

スパイクピンについてはこちらでも紹介しています…

スパイクピンに関するルール

以前はピンの先端が平たくなければなりませんでしたが、2013年度からは針状のピンが使用できるようになりました。ルール的には9mm以下(走高跳・やり投は11mm以下)であればおっけーですが、土ピンでタータンを走るのはご法度です!!
針状のピンは競技場や大会の規定で禁止されていなければ使用できますが、タータン用の土ピンはほとんど売っていないので、競技場では平行ピンと呼ばれるピンを使うのが普通です。

競技会一般規則
スパイクの数
3. 競技用靴の靴底および踵は、11本以内のスパイクを取りつけ
られる構造とする。11本以内であればスパイクは何本でもよい。
〔国内〕 靴底と踵には、スパイクの位置を変えることができるよう
な装置は11カ所を超えてはならない。
スパイクの寸法
4. 競技用靴の靴底または踵から突出した部分のスパイクの長さは
9㎜を超えてはならない。また走高跳およびやり投の場合は、12
㎜を超えてはならない。スパイクは先端近くで、少なくとも長
さの半分は4㎜四方の定規に適合するように作られていなければ
ならない。

平行ピン、土ピン、ニードルピンの3種類

ピンには平行ピン土ピンニードルピンの3種類があり、それぞれ用途が違います。ルール上は大会でもニードルピンの使用も可能ですが、日本ではまだほとんどニードルピンは流通していません。
タータンでは平行ピン、土では針ピンと考えましょう。

ピン回しは土ピンだろうが平行ピンだろうが、現在のミズノ・アシックスのピンであればどれでも互換性があります。

 

・平行ピン

先っぽが平たくなっている銀色のピン
国産の専用スパイクにはもともとこれが付いていて、ミズノ・アシックスの間には互換性があります。2段になっている『二段平行』タイプを基本として、ツリー形になっているタイプや一段のタイプもある。

ミズノの名称は普通に平行ピン
アシックスはパウピラという謎の商品名で売られている。

9mmまで使用できますが、長いほどヌケが悪くなるため最近は7mm以下が主流。兆着は9mmを使うことが多く、高跳びとやり投げでは11mmまで使えます。とりあえず二段平行の7mmを買っておけば間違いない

 

注意!!アシックスもミズノも銀色のシルバーピン!!
アタッチメントとの併用は不可!!

・針ピン(土ピン)

初心者用のスパイクにもともとついている、針状の尖がったピン
土ピンの場合はアタッチメントというねじ山保護のパーツとセットで使うため、通常の平行ピンとねじ山の長さが違うので注意。土で使うため消耗は激しい。一般的には長め(~12mm)を使う事が多いが、長いとかなり引っ掛かる。

ミズノは普通にアンツーカ用という名称。
アシックスはランスパークという意味不明な名称。

ミズノは黒色、アシックスは金色をしている。ので、銀色はタータン用で色つきは土用と覚えよう。アタッチメントを付けずに使うとスパイクが壊れるので注意が必要!!

注意!!土ピンは銀色のピンとはネジ山の長さが違うため、アタッチメントを使わずに土用ピンを付けるとスパイクが壊れます!!

アシックス曰く

無題

アタッチメント

アタッチメントというのは、土ピンと一緒に使うネジ山の保護部品のことです
土ピンを使うときには必須ですし、銀の平行ピンでは使用してはいけません

10年くらい前まではチップタータン用に食い込みを良くするためのアタッチメントもありましたが、今はほぼ絶滅しています。
ミズノはアタッチメントと呼んでおり、白いのが山のないタイプで緑色のが山のあるタイプ。
アシックスはレジナスガードと呼んでいます。

 

また、土ピンは本当に針なので、ピンカバーがあったほうがいいでしょう。
カバーをしないとスパイク袋がすぐに破れます。初心者用スパイクには最初から付属していますが、使っているうちにちぎれるのでスパイう袋にあなあ開く前に新調しましょう。

注意!アタッチメントは必ず土ピンとセットで使用します。銀色の平行ピンでは使用できません!!

特殊なピン

その他のピンとして、『アタッチメントと併用するチップタータン用のピン』と、『つま先に付けるVピン』というのもあります。
アタッチメントと併用するタイプのピンは、形は平行ピンですがネジ山が長くて土ピンと同じように黒いや金です。これを銀のピンと間違えてつけるとネジ山を壊すので気を付けましょう。

Vピンはアシックスのスパイクに取り付けるピンです。
全てのスパイクに付くわけではありません。最近は使ってる人があんまりいないかな?昔は3本の爪みたいになったピンもあったけど消えました。

ニードルピン

ニードルピンとは読んで字のごとく、針状のピン。
日本ではほとんど流通していませんが、海外製のスパイクを買うと付いてくる針タイプのタータン用ピンです。土用ピンとの違いは長さとネジ山。

銀色のニードルピンはアタッチメントを付けずに使用します
ミズノ・アシックスでは販売しておらず、店舗でも売っていないためネットで買うしかありません。
また、かつては国内での使用は禁止されていたため、一部の大会や競技場では使用が禁止されたままになっていることもあります。ルール上は特に指定がなければ使用出来ますが、競技場ごとのローカルルールも確認が必要です。

注意!ニードルピンは国内メーカー品ではありません。ミズノ・アシックスのスパイクに付ける場合はネジがゆるかったりねじ山がおかしかったりしますのでその場合は壊れる原因にもなります。
また、軟らかくて削れやすい物が多いので、ネジが外せなくなったりもします。使うならそれなりの覚悟と準備が必要です。

 

ちなみに、各メーカーのニードルピンを比較したところ、同じ規格でできているっぽいことがわかりました。

 

 

 

 

 

スパイクの話全然でてこねぇ!!
とここまで読んだ方は思っていることでしょう。
この記事は初心者のオススメスパイクを紹介するための記事ではないのです。
初心者がスパイク選びで心がけることを説く記事だったのです。

まあでもここからはやっとスパイクの話になります。

 

 

 

 

 

 

 

スパイクの種類

ッカーの場合はポジションが違ってもスパイクは変わりませんが、陸上の場合は種目や成熟度によってスパイクの形や特性が大きく違います。大まかに知っておきましょう。

100、200mを短短やショートスプリント、200、400mを短長やロングスプリントと呼び、スパイクの対応距離が短くなるほどスパイクの攻撃性は高くなり、長い距離に対応したものほどスパイクは軟らかく履きやすいものになってきます

オールラウンド用①(初心者向け)

ターゲット:初心者、スパイクを始めて履く人、土でスパイクを使う人

ラインナップは
アシックス:エフォートヒートフラット


ミズノ:ブレイブウィング
シティウスウィング

こんな人にオススメ・スパイクに触れるのが全く始めて
・練習が土のグラウンド
・オールウェザーでの使用はあまり考えていない

・とにかく安いスパイクが欲しい
・試合はまだ考えていない
・まだ小学生か中学の初心者

その安さゆえに学校の貸出しスパイクはだいたいがこのタイプのため、誰もが一度は履いたことがあるはず。
いわゆる初心者用スパイクで、店員や先輩や先生はこぞってこれを買わせようとすることでしょう。それは怪我の責任を取りたくないから。このラインのスパイクは最下層のスパイクで、運動靴に針が付いただけのようなシューズです。速さという点ではランニングシューズのほうが速く走れる可能性もあります。
ただし
速く走れないぶん怪我のリスクも減ります
速く走ることよりも怪我をしないことやスパイクに慣れるための構造をしているため、中高生が試合で使うには物足りない性能だけど、小学生が履くならこれで十分だと思います。
土での使用を前提に作られているため非常に頑丈だが、プレートはピンを固定するためについているようなもので、反発はほぼ無い。

対応距離はオールランドとは言うものの、どの種目でも使えないとも言え、本気でやるなら不十分。
もしすでに専門種目が決まっているのであれば中級者向けのものを買った方が良いと思うくらい本当に本当の初心者のために造られている。

まだ足が全く出来ていない(筋肉が付いていない)初心者の足型を想定しているため、普通のモデルでもけっこうワイド目に作ってあって、ワイドモデルを選ばなくても十分にワイド。
試着してギューっと紐を締めてみて靴が寄ってしまうようであれば、ワイドモデルではなくて普通の幅のモデルか足入れがきつくなる中級者モデルを選ぼう。

このラインであればミズノだろうがアシックスだろうがどれを選んでも大差ない

正直いって…
個人的にはあんまりオススメはしない。
初心者向けのスパイクに土用の長いピンつけてグラウンドを走るのはけっこう怪我のリスクが高いから。土での練習であればランニングシューズで十分だし、タータンの練習であればちゃんとした専用スパイクを履いたほうがいい。

オールラウンド用②(初級者向け)

ターゲット:100m13~14秒台

ラインナップは
アシックス:ヒートスプリントハイパースプリント


ミズノ:ジオバーサス(オールウェザー専用)

こんな人にオススメ・エフォート、ブレイブウィングはなんか嫌だ
・オールウェザーでスパイクを使いたい
初めて試合に出る

・中級者向けモデルを履くのはなんだか怖い
・耐久性があったほうが良い


あえて言うと、初者ではなく初者向けです!!

初心者向けよりは速く走ることを意識したモデルで、ここからがスパイクのスタートと言ってもいいだろう。
機能的には初心者用とそれほどの差は無いが、このラインからは足入れや反発性がスパイクとして最低限のレベルに達している
ランニングシューズよりは速く走れるはず。

初心者が選ぶスパイクとしてはこのあたりがオススメです!!

クッション性や安定性が高いので初心者が練習で使い倒すには最適なスペックで、オールウェザートラックでの使用を想定してあるため、反発は最低限確保されておりそれでいてそこそこ軽い。スパイク入門機としてバランス良く仕上がっています。
このクラスのスパイクでちゃんと走れるようになれば、中級クラスのスパイクへの移行もスムーズに出来るはず。
特にアシックスの新作であるハイパースプリントは、中級モデルのSPブレードと同じ型を使っているのでサイズ感が同じです。

ロングスプリント用(短短~短長距離、中~上級者向け)

ターゲット:100m11.5~12秒台、専門が200m以上のロングスプリンター、上級者の練習用

ラインナップは
アシックス:サイバーブレード SPブレード

ミズノ: ジオサイレンサージオストリーク

こんな人にオススメ・どれを選べばいいのか良く分からない
・あんまりレベルの低いスパイクは嫌だ

・練習でも試合でも使いたい
・ある程度反発のあるスパイクが欲しい

・脚へのダメージは少ない方がいい
・長い距離が走れるモデルが欲しい

初心者が買うには先輩や先生からストップがかかるラインのスパイク。
実際には高校生をメインターゲットとして開発されているため、ロングスプリント系のスパイクは非常に軟らかくできている。
女子選手でも使えるように作られていて脚には優しいので、ある程度練習をしていて筋力がそれなりにあれば問題なく履ける。
かかとの部分はクッションがあり、プレートは軟らく、傾斜がそれほどきつくないモデル群。
競技用として使えるレベルのシューズで、上級者でもこのクラスのスパイクを履いて練習する人もいる。

一気に専門性が高まって速く走るためのシューズになるためこのあたりからはミズノとアシックスで違いがでてくる。足入れはキツめになるので必ず試着して足に合うものを選ぼう。

反発性を高めつつもクッションがしっかりしていて懐が深いため、粗削りな走りでもグングン前に進めてくれる。
オールラウンド的に短距離系のどの種目でも使えるが、専門的に使うのであればロングスプリント系の種目になる。
脚力のある男子選手が100mで使うにはちょっと軟らかいが、反発は十分あるので高校県大会レベルや女子なら100mでも全然使える。

汎用性が高いので迷ったらこのクラス選んでおけば間違いない上級者でもこのラインのスパイクに文句を言う人はたぶんいない。

サイバーブレード、SPブレードはロングスプリントなら大学レベルでも対応。

ショートスプリント用(中~上級者向け)

ターゲット:100m11.5~12秒台、高反発が好きな人

ラインナップは

アシックス:サイバーブレード SPブレード

ミズノ:ジオスプリント

こんな人にオススメ・とにかく反発がほしい
・ある程度走り込める脚力がある
・ショートスプリントに特化したモデルが欲しい
・もっとパワーをかけて走りたい
・練習でも使えるモデルがいい

アシックスのブレード系はロングスプリント寄り。
高反発なモデルで、かかとの部分は丸くなっていて接地しない構造になっていたり傾斜のきついモデルが多い。軽量性と反発性を重視しているため、足への負担は大きくなる

スピードがでる反面、足や走り方がある程度出来ていないとバテやすく、疲労骨折やアキレス腱痛になりやすい。反発をうまく推進力に変える必要があるが、上級者向けのスパイクに比べれば粗い走りでも対応してくれる。
初心者が履くには耐久性が足りないかな?

中学のそれなりのレベルから、高校の県大会出場レベルならこのシューズで十分。ただ、10秒台を狙うとなるとちょっときついかも。
専門種目が100、200mに決まっていてある程度の経験あがるならこのラインのスパイクを履いておけば間違いない。
現在、アシックスには短短に特化した中級モデルはないので、海外ブランドも検討してもいいかもしれない。

短距離用(上級者向け)

ターゲット:上級スプリンター

ラインナップは
アシックス:JETスプリント


ミズノ:クロノオニキスクロノインクス 9

憧れのトップエンドモデル
プレートが硬く、軽量化されているため非常に速く走れるが、クッションがほとんどないため足への負荷が高く疲れやすい。
スパイク自体の耐久性も低いため、最初の1足には向かない。
上手に走らないと推進力を発揮できないので、初心者が買ってもうまく使えない。
ここまでくると好みの問題。

こんな人にオススメ・とにかく良いモデルが欲しい
・練習用と試合用を分けている

中・長距離用

ターゲット:800m以上のランナー

ラインナップは
アシックス:コスモレーサーMDコスモレーサーLD

 

ミズノ:クロノディスト ジオスプラッシュ

プレートはやわらかい(というかほぼ無い)ので反発は少ないが、疲れにくいので長い距離を走れる。
軽さを重視しているので耐久性は低い。
短距離をやるなら買っちゃダメ!!だけど、足に優しいスパイクが欲しい人はこれでもいいかも。

跳躍用

ラインナップは
アシックス:LJ PRO


ミズノ:フィールドジオ LJ

幅跳用、高跳用、三段跳用があり、プレートはめちゃくちゃ硬い。
高く跳ぶことだけを考えてに作ってあるので100mとかで使うとピョンピョン浮く。跳躍選手には必須だが、これ1足で短距離もカバーするのはちょっときつい。
見た目は初心者用と似てるけど履くと全く別物で、不思議なことにめちゃくちゃ跳びやすい。世界レベルのトップ選手もほぼ同じモデルを履いてる。

幅跳用スパイクについては別記事で紹介しています…

 

 

 

 

 

スパイクはどこで買うのがいいのか?

めてのスパイクはどこで買うのがベストなのか?
店舗で買うか、ネットで買うか?基本的にはネットで買うのが良いと思います

店舗とネットのメリットデメリット

当たり前ですが、試着をするなら店舗に行く必要があります
陸上のスパイクは繊細な道具ですので、試着して自分の足に合ったものを探すのが基本です。量販店にもスパイクコーナーがある場合もありますし、陸上専門のショップもあります。
スパイクを買いに行くというのは普通は人生でそう何度もあるものではないので、イベントとして店舗に行ってみるのもいいでしょう。
ネットの良いところはラインナップが豊富なところと何よりも値段の安さだ!!

店舗の○ 最大のメリットは試着ができること!!

ネット社会の現代。わざわざ店舗でスパイクを買う最大の理由は試着ができるからです
スパイクはメーカーによって微妙にサイズ感が違ったりしますので、実際に履いてみて合うかどうかを確かめてから買った方がいいでしょう。
その点では、店舗で買うメリットはあります。

店舗の× 値段が高い?

店舗は人件費も家賃もかかっているのでその分商品は高い場合が多いです。同じ商品を買うのに高い金を払うのは、試着ができて店員から直接話を聞くことができるから。店舗のスパイク代には接客代も含まれています
店舗に行ってみて、店員さんが良い人だったら多少高くても店舗で買うのも良いと思います。実際、有名なショップはこのあたり良くわかっていてかなり接客が良いです。いらないものまで買いたくなる。
まあ、初心者で初めてのスパイクって言ったらどこであろうと『ブレイブウイング』『エフォート』を勧められると思いますが。
また、店舗だとなかなかハシゴできないので、その値段が高いのか安いのかの判断も付きにくいと思います
もし店員が知識のない人だたったり適当な接客だったら試着だけしてさっさと帰りましょう。たいていの場合はネットの方が安いです。

ネット通販の○ ラインナップが豊富で安い

ネットの場合はラインナップが豊富。というか流通しているほぼすべてのものが買えます。
そしてなによりネットのほうが全然値段が安い
ネットだとショップ間の値段比較が一瞬で出来るので、適正価格で売られている場合がほとんどです。値段の安さではネットが最強です
稀に店舗で特売をやっている場合もありますが、そういうのにはある程度の知識がないと手を出しにくいと思います。

ネット通販の× 実物が見れない

当然ながら実物を手に取ることは出来ません。唯一にして最大のデメリットでしょう。
ただ、実物を見なくても買えるということは、田舎とかで近くにお店がなかったり、店舗にないレアなものでも手に入ると言う事。ナイキやアディダスなんてネットじゃないとほぼ買えません。
試着しないとどれがいいのかわからないってのはあるかもしれませんが、ミズノとアシックスのスパイクであればサイズさえ間違えなければたぶん問題ありません
なんていうか、初心者向けのスパイクで足に合わなかったなんて話聞いたことありません。
初心者用スパイクはランニングシューズと同じメーカーの同じサイズを買えばたぶん失敗することはありません
もし、アマゾンでワードローブが選べる場合は試着できるので問題は解決です。
シャツならワードローブに対応しているものは多いのですが、スパイクはまだないと思います。そのうち対応するかも?
(ワードローブについてはこちらの記事を参照して下さい)

実際のところ、ネット買わない理由がない

店舗もネットもそれぞれ良いところはあります。ただ、結局はどっちで買っても商品は同じです
サイズ感さえわかっていれば値段の安いところで買った方がいいと思います。
私はシューズもスパイクもウェアもほぼネットで買っています。わざわざ店舗で買う必要ってあんまりないんじゃないでしょうか?

アマゾンで買うのがベター


クリックするとアマゾンに飛びます
ネットで買うと言ったら一番最初に候補に挙がるのはアマゾン
だと思います。
陸上chでも紹介記事にはアマゾンのリンクを貼っていますし、私も基本的にはアマゾンで買っています。

ミズノやアシックスであればほぼ全ての商品がラインナップにありますし、通販でアマゾンを使わない理由の方が少ないと思います。

欠点としては商品一覧がうまいこと出てこないので値段や似ているスパイクを一見して比較できないことでしょうか。
指名買いするのであればアマゾンで買わない理由は無いと思います。
 
プライム会員でないと送料がかかる場合があるので、もし送料がかかるものを買うならプライムに入った方がいいと思います。
30日間無料体験できるので、30日以内に解約すればお金はかかりません。 
せっかくネットで買うのに送料分高くなるのは本末転倒です。

 

店舗で試着、ネットで比較・購入がベスト

お店で実物をみてネットで値段を比べて安いものを買うっていうのが一番良いと思います
お店で試着をしたのに買わないってはギルティと思うかもしれませんが、背に腹は変えられません。

お店のセールスが上手なら試着してそのまんま買っちゃう人もいるでしょう。それもまた良い買い物です。
私はサイズ感がだいたいわかっているので海外製のスパイクであっても試着することなくネットで買う場合がほとんどです。たいていは大丈夫ですがたまに失敗するので、試着できるなら試着した方がいいと思います

店舗で試着してみて、アマゾンとゼビオで比較して一番安いところで買うっていうのがベストじゃないでしょうか?

 

 

んなことで、初心者のスパイクの選び方をご紹介しました。
なんにもわからないならとりあえず初心者用を買ってください。店員に聞いたら絶対に初心者用勧められますし、最初は初心者向けを買っても不満はないはうです。でも、そのうち初心者用だけでは足りなくなります。1シーズン初心者用を履いたら次のシーズンにはちょっといいスパイクを買ってみましょう。
そもそもスパイクはヘタってきますので消耗品です。2年に1回くらいは新しくした方が良いと思います。
上級者でもあえて練習用にオールラウンドを買う人もいます。

 

その2ではもっと簡潔ご紹介しています


その他スパイクレビューはこちら

海外スパイクのざっくりした比較はこちらの記事をご参考下さい。

スパイク事情はこちら
2019年(ミズノアシックスNBアディダス
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノアシックスナイキアディダス
2016年(ミズノアシックスナイキアディダスその他
初心者(初心者のスパイク

ランニングシューズ事情はこちら
2019年(ミズノアシックス
2018年(ミズノ・アシックス
2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー
初心者(基礎編市民ランナー編陸上初心者編






Twitterで更新をお知らせしています↓