【幅跳び】空中動作のコツ~反り跳び編~

幅跳びのポイント

Twitterもありまぁす↓

幅跳びのなかでも専門的な動きが求められるのが『空中動作』です。ほとんどの人が独学で見よう見まねの動きで対応しているのが現状だと思いますが、ちゃんとした動きをすれば20cmくらい記録が伸びるかもしれません。
そんな空中動作について全4回でのコツをご紹介するシリーズ。今回は3回目。
第1回:共通するポイント編
第2回:かがみ跳び編
第3回:反り跳び編(イマココ)
第4回:はさみ跳び編
第3回目である今回は、空中動作で最もメジャーである反り跳びのやりかたとコツをご紹介していきます。前回紹介したかがみ跳びは空中で足を抱え込むだけでしたが、反り跳びとはさみ跳びの2つは複雑な空中動作が必要で難易度も上がります。

ってことで今回は
空中動作のコツ~反り跳び編~
をご紹介。
初心者からトップ選手まで、多くの選手が使っているフォームが反り跳びです。その名の通り空中で体を反る空中動作である反り跳びは、難易度が低くて習得が簡単なのに効果が高いという誰にとってもありがたいフォーム。
ぜひ、反り跳びをマスターしてかっこいい跳躍を完成させましょう!!

 

 

反り跳びのコツとポイント


反り跳びとはさみ跳びには前方回転力を打ち消す効果があります
。これはつまり、かがみ跳びよりも反り跳びのほうが有利な着地姿勢をとれるということです。
そして、反り跳びははさみ跳びと違って動きがシンプルです。つまり、高い技術がなくてもそこそこ簡単に身に着けることができるということです。

そんなわけで、反り跳びはかがみ跳びよりも前方回転力を打ち消す力が強く、はさみ跳びよりも簡単で難易度が低いといういいとこどりのフォーム。そのため、多くの選手に使われるもっともメジャーな空中動作です。
しかし、簡単とはいえバチっと決めるにはそれなりに特別な技術が必要になります
まずは反り跳びを決めるためのコツとポイントをご紹介していきます。

反り跳びは『反る』ことで前方回転力を打ち消すフォーム

まずは例によって、なぜ反り跳びが必要なのか?をちゃんと考えましょう。
かがみ跳びでは空中で前転しようとする力に負けてどうしてもつんのめった着地になってしまいます。そのため、ある程度のレベルになると回転力を打ち消す動作が必要になります。それが『空中動作』
かがみ跳びは前方回転力に逆らわない跳び方でしたが、反り跳びとはさみ跳びは前方回転力を打ち消すことで有利な姿勢をとろうという技術です。
反り跳びが必要な理由は『前方回転力』を打ち消すためで、その目的は有利な着地姿勢をつくることってことを忘れないようにしましょう。
かがみ跳びはシンプルに『強い踏み切り』『足を前に投げ出す着地』をするために空中動作を意識しないためのフォームでしたが、反り跳びは『空中での前転を防ぐ』ためのフォームです。かがみ跳びでは対応できない『空中の姿勢』を制御するためにとる動作が『反り跳び』なのです。

つまり、反り跳びでは『強い踏み切り』『足を前に投げ出す着地』ができていることが前提です。そもそも、強い踏み切りができていないなら前方回転力も弱いため反り跳びをする必要がありません。
場合によってはかがみ跳びで十分なこともあるでしょう。っていうか、初心者のうちはかがみ跳びの方が記録が出ると思います。

 

『空中で両足を揃える』のが反り跳び

なにをすれば『反り跳び』と言えるのでしょうか?
それは…
空中で両足を揃えたら反り跳びです。絵でいえば③~⑤の動きが反り跳びのポイント!!
空中動作は大きく3種類ありますが、これらは空中でリードレッグと踏み切り足をどの位置に持ってくるかでだいたい区別することができます。
かがみ跳びはリードレッグを引き上げたままにするフォーム。
はさみ跳びはリードレッグと踏み切り足を前後バラすフォーム。
そして、反り跳びはリードレッグと踏み切り足を揃えるフォームです。
揃えるタイミングによってかがみ跳びっぽい反り跳びや、はさみ跳びっぽい反り跳びにもなるので明確に分類するのは難しいというかあんまり意味がないのですが、大体の判別は可能です。人によっては1回転半のシザースは反り跳びの一種だという人もいます。

 

 

反り跳びのフォームをつくるためのポイント

反り跳びのフォームをつくるために意識するポイントは絵でいうと③~⑤の場面です。

かがみ跳びでは③でリードレッグを降ろさず、はさみ跳びでは④で踏み切り足を我慢せずに前に持ってきます。これが反り跳びとの大きな違いとなります。
反り跳びは③でリードレッグをグイっと後ろに持ってきつつ、④で踏み切り足が前に出たくなるのをグっと我慢する必要があります。フォームを作るときに意識するポイントはここ。
特に④で我慢するのが大事。我慢ができないと動きが小さくなって前方回転力が打ち消せずに着地姿勢が悪くなります。
イメージとしては…
頂点から④を頑張ってキープして砂場に着くギリギリで一気に⑤から着地!!
このイメージなら足を前に投げ出すいい感じの着地姿勢がとれるようになるでしょう。

イバルグエンをお手本にご紹介

お手本としてイバルグエン(コロンビア)の跳躍を紹介します。

イバルグエンは三段跳び専門の選手(とはいえ幅のPBは6m93)なのでボディバランスが良くて参考になると思います。
強く踏み切りリードレッグをしっかり引き付けた後に手足をうまく連動させた『反り』が入り、腕を大きく回して足をまっすぎに投げ出します。
ポイントは、強い踏み切りと空中の大きな動きでしょう。
こういう反り跳びをイメージできると力強さを失わずに落ち着いたきれいな着地が実現できるはず。

反り跳びは曖昧なフォーム

反り跳びはけっこう曖昧なフォームです。足のタイミングがちょっとずれるとかがみ跳びや1回半のシザースと区別がつかなくなります。
例えば、世陸ドーハの女子をみて、はっきりと反り跳びなのは誰でしょう?

このなかでは5分くらいからのロマンチュクのフォームははさみ跳びっぽい反り跳びだと言えるでしょう。
7分くらいのプロクターは完全に反り跳びです。
では、8分くらいから跳ぶグエンは?
グエンのフォームは『反り』の動作がなくてかがみ跳びっぽくも見えますが反り跳びに分類されると思います。

こんな感じで、反り跳びっていうのはかがみ跳びとの区分もはさみ跳びとの区分が曖昧なフォームです。何をもって反り跳びというのかはハッキリとしませんので、反り跳びでは見た目のきれいさを追求することにはあまり意味がありません。
せっかく練習するならきっちりとしたきれいな反り跳びを目指すのが理想だとは思うのですが、結局は空中動作なんてのは跳躍の本質ではないのです。強い踏み切りをすることで着地姿勢が乱れるため、それに対応するための動きが空中動作。
空中動作がきれいなら記録が良くなるというわけではありませんので、フォームにこだわりすぎないようにしましょう。

 

とにかく大きな動作をしよう!!

反り跳びの肝はできるだけ大きな動きをすることです。
全身を大きく使い、ダイナミックな空中動作をすることが反り跳びで最も重要なポイントといえます。動きが小さくなるとだんだんとかがみ跳びに近づいていき、前方回転力を打ち消すことができなくなります。
反り跳びではとにかく両手両足を大きく使うことが大事!!
大きくゆったりと空中動作をとることが反り跳びのコツです。いろいろ考えることもあるかと思いますが、大きく動くことだけを意識したほうがいいフォームで跳べます。

 

『反るイメージ』と『ぶら下がるイメージ』の2つ反り跳び

ここからは反り跳びを習得するためのイメージを紹介します。反り跳びの習得には2つのアプローチがあるのです。
それが『反るイメージの反り跳び』『ぶら下がるイメージの反り跳び』です。
感覚の話なのでほかにも違う感覚があるかもしれませんが、この2つのどちらかに当てはまる場合がほとんどでしょう。どちらが正解ということもないので、自分のイメージに合う意識を探してみましょう。

ここでも絵の番号を使って解説していきますので一度絵をみておきましょう。

『反る』反り跳び

絵の③と④の動作を意識して跳ぶと『反る』反り跳びになります。
反り跳びはその名のとおり、『空中で反る』フォームです。そのため、意識としても『反るイメージ』を持っている選手が多く、写真や動画を見て反り跳びをマネすればこの反るイメージの反り跳びになる場合が多いと思います。イメージがしやすいので最初はこのイメージでやるのがいいと思います。
『反る』反り跳びでは体を後ろに引っ張るイメージで、跳び出した後に背中を反ります。
飛び出した後に腕や足を後ろに大きく引っ張り、エビ反りのような姿勢で跳んでいき、着地で一気にかがむイメージです。空中で腕を後ろに回す意識や、お腹や胸を前に突き出すイメージもこの『反る』反り跳びです。
このイメージのいいところは、体の動きを意識するので初心者でもイメージしやすいことでしょうか。『反る』という動作をすればいいので、特別な練習をしなくてもそれっぽい反り跳びができるようになります。

『反る』場合には踏み切りに注意!!

反るのはやりやすいイメージではあるのですが、跳躍の力強さを求めるとこのイメージでは行き詰ることもあります。これは、反るイメージだと踏み切りがおろそかになりやすいことが原因です。
空中動作は踏み切りが終わってから着地の間にやるべきなのですが…
反るイメージだと踏み切りの途中で空中動作をはじめてしまいがち!!
しっかりとリードレッグを引き上げて体が浮いてから、感覚としては頂点まできたくらいから反りましょう。
空中動作のせいで踏み切りが弱くなってしまっては本末転倒。強い踏み切りが終わってから反るように注意しましょう。

『ぶら下がる』反り跳び

絵の⑤と⑥の動作を意識して跳ぶと『ぶらさがる』反り跳びになります。
実は、反り跳びを英語にすると『hung』です。で、hungを日本語に直すと『ぶら下がり』となります。洋服をかけるあのハンガーのことです。
つまり、反り跳びは『ぶら下がり跳び』だったのです!!
では、反るのが間違いかというとそういうわけでもなく、見た目の動きでは反っています。どういう経緯で『反り跳び』といわれるようになったのかは知らないのですが、日本人は『反る』イメージ、欧米人は『ぶら下がる』イメージで反り跳びしているのでしょう。
反っているから『反り跳び』であり、ぶら下がる意識だから『hang』なのであって、どちらが正しいということではありません。しかし、この『ぶら下がるイメージ』は反り跳びの感覚として非常に有効です。
っていうか、どちらかといえばこちらのイメージの方がいいと思います。

ぶら~んぶら~んと大きく!!


ぶら下がるイメージは空中動作の後半を意識したイメージで、絵の⑤~⑦を意識した跳び方です。
高い鉄棒に飛びついてぶら下がるような感じで、鉄棒をつかんだらぶら~んとしたまんま着地直前まで我慢!!
我慢が足りないと着地でつんのめってしまうので、とにかく動作を急がずに大きく動き、ぶら下がりの姿勢のまんまで最後の最後で一気に足を投げ出して着地姿勢にもっていきましょう。
ぶら下がるイメージだと手を大きく上にあげることができいるため、上下に大きく伸びたきれいな反り跳びができるようになります。


 

 

反り跳びのメリットと注意点

ほかの空中動作に比べて反り跳びどんなメリットがあるのでしょうか?反り跳びのメリットを生かせば反り跳びを使う意味も倍増することでしょう。
反り跳びのメリットは…
・シンプルだから習得しやすい
・空中で余裕がある
・滞空時間が短くても完結できる
・大きな動きができる
こんな感じ。
つまり、簡単だけど跳躍全体をうまくまとめることができるフォームです。

シンプルだから習得しやすい

反り跳びの動きはかがみ跳びの延長です。かがみ跳びからリードレッグを戻せば反り跳びの完成。つまり、反り跳びはシンプルな空中動作だといえます。
やることが少なくて簡単なので習得難易度が低いのが反り跳び最大のメリットと言えるでしょう。
かがみ跳びが初心者向け、反り跳びが中級者向け、はさみ跳びが上級者向けという感じで分けることもあますが、反り跳びはシンプルで習得しやすいため、部活として練習できるような人ならだいたいできるようになるはず。
中学生以上であればちょっと練習すればそれなりの反り跳びができるようになると思います。

空中で余裕がある(バランスがとりやすい)

反り跳びはやることが少ないので空中で余裕があるフォームです。
言い換えれば、空中でバランスがとりやすいフォーム
ほかの空中動作では足をまわしてみたり膝を抱えてみたりとやることがいろいろあるのですが、反り跳びでやるべきなのは『我慢する』ことくらい
反り跳びは両手両足を大きく使えるためバランスをとりやすいため、空中でジタバタする必要がなく反った姿勢を維持することだけに専念すればいいんです。空中では余計なことを考える必要がないため、踏み切り動作が終わった後ゆっくりと空中動作を行い、着地にも余裕をもって入れます。
一つ一つの動作を意識しやすいため、初心者であってもバランスがとりやすく多くの人に会うのが反り跳びの大きなメリット。

滞空時間が短くても完結できる

跳んでから着地までの時間が短い選手だとはさみ跳びでは間に合わない場合がありますが、反り跳びなら滞空時間が短くても最後まで終わらせることができます。4m以上跳べる滞空時間があれば踏み切りから空中動作をして着地という一連の動作を余裕をもって完結できるでしょう。
しっかりと空中動作がとれるということは、着地姿勢に余裕ができるということ。滞空時間が短い初心者であっても、反り跳びならちゃんと着地までもっていくことができるでしょう。

大きな動きができる

反り跳びは空中でやることが少ないため、一つ一つの動作をゆっくりと大きく意識することができます。
ほかの動作と違って忙しくないというのは反り跳びの大きなメリットでしょう。はさみ跳びだと足を回すためにせかせかと小さな動きになりがちですが、反り跳びなら大きな動きのなかで着地動作に入れるため、確実な踏切りから空中動作と着地を行うことができるでしょう。。
中級者であればはさみ跳びよりも記録がよくなると思います。

 






Twitterで更新をお知らせしています↓