2020年スパイク事情 アディダス編

2020年 adidas編

いよいよオリンピックイヤーとなった2020年。
日本メーカーは特に気合を入れないといけない年ではあるのですが、2020年の各メーカーのスパイク事情はどうなっているのでしょうか?
毎年その年のスパイクラインナップをあつめてまとめていますので、2020年版もまとめました!!

ってことで、
2020年スパイク事情 アディダス編
です!

 

 

アディダス

ボルトが引退したことによってプーマの存在感は薄れ、ナイキとアディダスが現在の2強です。しかし、コールマン、フレイザープレイス、アッシャースミスなど、トップを争う選手はナイキが多くのシェアを占めています。
アディダスは、ノア・ライルズとプロ契約を結んでおり、ライルズの活躍次第でこの先のアディダスも決まります。

アディダスのスプリントスパイクと言えば硬くて傾斜がきついことが特徴で、2020年モデルもイメージそのままです。一度アディダスを履くと他のメーカーでは物足りなく感じることうけあい。
いわゆるフォアフットのスパイクで、硬さと傾斜を生かしたパワフルなスプリンターに向けたラインナップとなっています
2020年モデルは前年からアッパー・ソールともに大きく変更されていますが、基本的なコンセプトは同じですので、素材違いと考えていいと思います。
ただ、靴紐がまっすぐではなく斜行するデザインに変更されましたので、足入れ感は変わっていると思われます。
↓靴紐の位置が斜めになっています

出典:https://www.adidas.com

2020年のプロモーションカラーは、黒字にかすれた白のラインと、オレンジにシルバーのラインの2色です。

執筆時点のUSのHPに出ているモデルだけを掲載しています。
スプリントスパイクはプライムSPフィネス
初心者向けがスプリントスターディスタンススター
跳躍用がジャンプスター
中・長用がアバンチアンビション
スプリントのアクセラレータと跳躍のTJ,LJはあるはずです。

ADIZERO PRIME SPRINT

アディゼロプライムスプリント
$180(US)
プライムSPと言えば、その凶悪な硬さから超上級者向けスパイクの代表的なモデルとしてその名を轟かせているアディダスのフラッグシップモデル。硬さと軽さを追求したスパイクです。
とにかく硬いモデルが良いという人はこれさえ履いておけば万事おっけー。女子選手やパワーのない選手では硬すぎて走りにくいと思います。
最先端テクノロジーを使っているらしく、硬いながらもストレスフリーだそうです。
2019年モデルからはプレートが大きく変更されましたが、ピン配置等は継承されています。

ADIZERO FINESSE

アディゼロフィネス
$110
一応、メーカーとしては曲線向けに作ったスパイクだそうです。
プレートは硬いものの、アディダスのスプリントスパイクの中では一番軟らかいので、他メーカーのスパイクと比べてもそれほど凶悪な感じはしないはず。
硬いスパイクが欲しいけど硬すぎるのはちょっと…という人やアディダスのスパイクを試してみたいという人にはちょうどいいスパイクだと思います。

JUMPSTAR

ジャンプスター
$65
跳躍全般に使えるスパイクで、初心者向けの跳躍スパイク。LJとTJは別にあるはずです。

SPRINTSTAR

スプリントスター
$65
初心者向けのスパイク。履いたことないのでわからないですが、多分軟らかいんでしょう。
みたところピン配置やプレートの傾斜感は上級モデルと同じなので、初心者向けのなかでは個性の強いモデルだと思われます。
青×オレンジのカラーもラインナップされています。

DISTANCESTAR

ディスタンススター
$65
中・長距離の初心者向けモデル。

ADIZERO AMBITION

アディゼロアンビション
$90
中距離向けモデル。ピン配置はアバンチと共通。

ADIZERO AVANTI

アディゼロアバンチ
$110

長距離まで対応したモデル。4本ピンと発泡スチロールのソールが特徴。

 

ADIZERO XC

アディゼロXC
$80
日本では珍しいクロスカントリー用のスパイク。まあ、日本じゃ使わないでしょう。

 

 

 

アディダスは東京五輪に向けてしっかりと最新モデルを投入して気ました。リオ五輪ではナイキのカラフルなスパイクが画面を占拠していましたが、今回はオレンジ色のスパイクをどれだけ目にすることになるのでしょうか。
ライルズの活躍しだいで、ナイキ一色の状況を変えることができるかも!?






Twitterで更新をお知らせしています↓