【2019年版】男子200mの世界ランキング

2019年男子200mランキング

この記事を書いている時点で世界陸上まっただなかです。
いよいよ今夜男子の200m決勝がはじまろうかというところなのです。

2019年シーズンが終わりました。
2019年の200mはライルズの年と言っても過言ではなかったでしょう。

今回は、
男子200mの世界ランキング(2019年版)
をご紹介します。

100mの2019年ランキングはこちら

400mの2019年ランキングはこちら


 

 

男子200mランキング

世陸で良い記録が出ると変わるので、そしたらまた書き換えます。
世陸の決勝では表は更新されませんでした。2019年シーズン終了時点での200m世界ランキングをご紹介します。
ドーハで決勝に進出した選手は赤字にしてあります。
もうひとりの決勝進出者Kyle GREAUX(TTO)は20.15(+0.1)でランキング28位でした。

ランク 記録 選手 生年月日 記録日
1 19.50 -0.1 Noah
LYLES
USA 18-Jul
97
5-Jul-19
2 19.70 0.7 Michael
NORMAN
USA 3-Dec
97
6-Jun-19
3 19.73 0.8 Divine
ODUDURU
NGR 7-Oct
96
7-Jun-19
4 19.82 -0.8 Kenneth
BEDNAREK
USA 14-Oct
98
18-May-19
5 19.86 0.8 Ramil
GULIYEV
TUR 29-May
90
6-Sep-19
6 19.87 -0.1 Alex
QUIÑÓNEZ
ECU 11-Aug
89
5-Jul-19
6 19.87 0.8 Andre
DE GRASSE
CAN 10-Nov
94
6-Sep-19
8 19.88 0.9 Zhenye
XIE
CHN 17-Aug
93
21-Jul-19
9 19.91 0.6 Christian
COLEMAN
USA 6-Mar
96
9-Jul-19
10 19.93 0.8 Cravon
GILLESPIE
USA 31-Jul
96
7-Jun-19
11 19.95 -0.1 Aaron
BROWN
CAN 27-May
92
5-Jul-19
12 19.97 0.9 Miguel
FRANCIS
GBR 28-Mar
95
21-Jul-19
13 19.98 1.5 Alex
WILSON
SUI 19-Sep
90
30-Jun-19
14 20.03 -0.3 Adam
GEMILI
GBR 6-Oct
93
30-Sep-19
15

20.04

1.4 Steven
GARDINER
BAH 12-Sep
95
13-Apr-19
1.0 Andrew
HUDSON
USA 14-Dec
96
25-May-19
1.4 Clarence
MUNYAI
RSA 20-Feb
98
20-Jul-19
18 20.08 0.9 Bernardo BALOYES COL 6-Jan
94
28-Apr-19
2.0 Joseph
Paul
AMOAH
GHA 12-Jan
97
5-Jun-19
0.7 Mario
BURKE
BAR 18-Mar
97
5-Jun-19
0.8 Abdul Hakim
SANI BROWN
JPN 6-Mar
99
7-JUN-19

 

アメリカ最強時代到来

世陸ドーハの100mを制したしたコールマン
200mでぶっちぎりのレースをしているライルス
400m最強のノーマン
短距離種目それぞれに歴代最強クラスの選手を擁するアメリカ。この選手がみんな200mに出たら多分表彰台独占出来ます。
しかし、層の厚さが尋常じゃないのがアメリカのすごいところ。ベドロナック、ギリエスピー、ハドソンの3選手を含めた6選手がランキング上位に入っています。
アメリカ最強時代到来です。

ドーハの決勝進出はほぼランキング通り

世陸ドーハではランキング上位者がほぼそのまま決勝に進出していることがわかります。
2位のノーマンは200mには不出場。
3位のオドゥドゥルは準決勝を棄権。
4位のベドロナックは予選で肉離れして敗退。
9位のコールマンは200m棄権。
10位のギレスピーは不出場。
12位のフランシスと13位のウィルソンは準決勝を棄権。
っということで、
ランキング14位までのなかで7名が棄権や不出場で7名が決勝進出しています。
上位で決勝に残れていない選手は負けたわけではなく、棄権や不出場のために決勝に出ていないだけ。ランキング28位だったグリオーが唯一、下位からの決勝進出です。
ただ、グリオーは今季こそ20秒15でしか走っておりませんが、2018年には19秒97で年間ランキング11位だった選手。今季のランキングに当てはめるとイギリスのフランシスとならぶ12位に相当します。
世陸ドーハの200mでは波乱は無かったと言えます

 






Twitterで更新をお知らせしています↓