【ミズノとアシックス】どっちのスパイクを買うべき?選ぶ基準はなに?

スパイク, 2021年スパイク事情, 雑記

Twitterもありまぁす↓

ミズノとアシックスは日本を代表するスポーツメーカーで、世界的にも知名度があります。かつてはカール・ルイスがミズノのスパイクを着用していたり、アシックスが世界陸上のメインスポンサーとなっていたりと、日本メーカーの存在感は陸上競技においても大きなものです。
ナイキ・アディダスと並んで日本のメーカーが2つも戦えているなんて実はけっこうすごいこと。実は車メーカー並みに国産スポーツメーカーも国際競争力があるんです。
国内の部活レベルだと海外メーカーよりもシェアがあり、ミズノかアシックスのどちらのスパイクを買うかという悩ましい問題もあります。

ってことで今回は
【ミズノvsアシックス】どちらのスパイクを買うべき?
というテーマをご紹介。
ミズノ派、アシックス派それぞれありますが、スパイクは派閥に関係なく良いものは良い。

 

 

ミズノとアシックスのスパイクはどう選ぶ?

【初心者モデル】何を基準にメーカーを選ぶ?

ミズノとアシックスはそれぞれ初心者モデルと呼ばれるスパイクをラインナップしています。
初心者向けオールラウンドモデル
ブレイブウイング(ミズノ)エフォート(アシックス)の2つ↓

ブレイブウイングもエフォートも、ソールの部分がゴムになっているので耐久性が非常に高いのが特徴です
中学校なんかで貸出用スパイクになっていることも多く、陸上経験者なら誰しも1度は履いたことがあるモデルです。

そして、ブレイブウイングとエフォートを軽量化したモデルが
シティウスウイング(ミズノ)ヒートフラット、ヒートスプリント(アシックス)です。

プレートなどはブレイブウイング・エフォートとほぼ同じなので反発感は変わりませんが、かかとのぶぶんをゴムではなく軽量な素材に変えることで軽量化したモデルです。ゴムではなくなるので耐久性は下がりますが、その分軽くてかなり走りやすくなります。
シティウスウイングヒートフラットはかかとが平らで安定性の高いモデル。ヒートスプリントはかかとの角を削って丸くすることで短距離での走りやすさをさらに高めています。

ここまでがオールラウンド向けモデルと呼ばれるスパイクで、短距離から跳躍まで、種目にかかわらず使うことができます。

また、アシックスには初心者向けながら中級者向けのスパイクのような見た目と機能のハイパースプリントハイパーMDっていうスパイクがあります。詳しくは後ほど紹介します。

初心者オールラウンドモデルはランニングシューズのメーカーに合わせて選べば大丈夫!!

では、今回のテーマである『ミズノとアシックスのどちらを選べばいい?』という所を考えます。
初心者オールラウンドモデルでは、
ミズノとアシックスのどちらでも大きな差はありません!!
つまり、どっちを買っても同じです。

ラインナップの豊富さではアシックスが優勢なのですが、ミズノもアシックスもどちらも同じ設計思想でつくっているので両者に明確な差はありません
初心者モデルは多くの人が履けるように足入れがゆったりしていることもあり、足の形による合う合わないも特にありません。
ひとつ、選ぶ基準があるとすれば
ランニングシューズと同じメーカーを選ぶ
というのがおすすめです。もし今アシックスのシューズを履いていて靴ずれが酷いなどあるならスパイクはミズノにした方が良いと思います。逆もしかり。

 

種目が決まっているならアシックス!!ハイパーシリーズを選ぼう

上で紹介したのはオールラウンドモデルで、どの種目でも使えるスパイクです。
もし、短距離あるいは中距離を専門にすることを決めているのであれば、オールラウンドモデルではなく専門に特化したスパイクを選びましょう。

そんな専門的なスパイクが
ハイパースプリントハイパーMD

専門的な初心者向けスパイクはアシックスにしかありません!!

ハイパースプリントは短距離に特化したモデルで、ハイパーMDは中距離に特化したモデルです。長距離用のハイパーLDっていうのもありますが、今回は省略。
どちらも初心者向けで土でも使える兼用モデルではあるのですが、オールラウンドモデルに比べると軽量で柔軟性が高くなっています。初心者向けなのでクッションも入っていてプレートもグニャグニャにやわらかいため足への負担も少なく、ケガの心配をせずに履ける専門的なスパイクです。

 

フラット接地ならアシックス、つま先接地ならミズノ

つま先で接地するタイプの選手と、足の裏全体でフラットに接地するタイプの選手がいます。普通に走るとつま先接地になるのですが、さらに上のレベルになると逆にフラットで接地した方が速くなる場合があるのです。
ってことで、つま先接地フラット接地かでーカーを選ぶことも出来ます。

フラット接地なら断然アシックスの上位モデル!!

アシックスだからフラットというわけではないのですが、アシックスのフラグシップモデルはフラットです
ピンなしの『メタスプリント』、そのピン付きモデルの『ソニックスプリントエリート2』、桐生選手のスパイクから着想した『ジェットスプリント2』という3モデルが現在のアシックスのトップモデル。
もし、あなたがフラット接地を目指すならこの3つのどれかを買うべきです!!

 

つま先接地ならミズノのクロノインクスが至高!!

つま先接地のスパイクと言えば昔から『クロノインクス』です。

傾斜が強くてつま先接地で走るのに適した超軽量でスパイクで、100~400mとハードルまで多くの選手に選ばれています。トップ選手の着用率が高く、これを履いていれば上級者だと思われます。最高のスパイクの一つです。
フラット志向でないのであればクロノインクスを選ぶのがベストだと思います!!

上級者向け以外は接地方法は関係ない?

アシックスがフラットなスパイクをラインナップしているのはあくまで上級者向けに限った話です。上の3モデルはどれも上級者向けで、クッション性が低いので練習でハードに使うにはちょっと不向き。
クロノインクスも上級者向けなので練習用ではありません。
つま先接地かフラット接地かとうのはあくまでそのメーカーのトップモデルに限った話で、中級者向けと初心者向けではこれは当てはまらないので注意しましょう。

 

 

中級者向けモデルはミズノのほうが優勢?扱いやすさならアシックス

中級者向けモデルが充実しているのはミズノです!!
ミズノの中級者向けは4モデル
・Xブラストエリート
・Xブラストネクス
・Xレーザーエリート
・Xレーザーネクスト

多いな..

対するアシックスの中級者向けは2モデル(実質1モデル)
・SPブレード
・サイバーブレード


Xブラストネクスとサイバーブレードは管理人がどちらも所有していて直接比較していますので詳しいことは別記事をご参照ください↓


選択肢の多いミズノと誰にでも履けるアシックス

ミズノは2021年に中級者向けの『Xシリーズ』を発売し、ショートスプリント向け2モデル、ロングスプリント向け2モデルの4モデルをラインナップしています。この4モデルは見た目は似ているものの、それぞれプレートの硬さやアッパーが違うので自分に合ったスパイクを選びやすいのはミズノです
一方のアシックスはSPブレードとサイバーブレードの2モデルではあるものの、この2つはアッパーが違うだけで実質同じです。アシックスのブレードは扱いやすいスパイクなのでこれだけあれば誰にでも合わせることができます

ミズノvsアシックスとしてどちらをどう選ぶかを考えると…
自分に合ったスパイクを選べるのはミズノ
SP/サイバーブレードだけでなんとでもなるのがアシックス
だと言えます。
ミズノのスパイクはそれぞれに個性があるので、こんなスパイクが欲しいという欲求を満たしてくれるのはミズノです。反発重視のXブラスト、柔軟性重視のXレーザーがあり、それぞれより専門的なエリートと扱いやすいネクストに分かれています。4つもあればどれかしらが自分に合うはず!!

アシックスはSPブレードとサイバーブレードしかないので選択肢はありません。ブレードは非常に扱いやすいので初心者から上級者まで誰が履いても満足できるスパイクです。履いてみて違和感がなければブレードを買っておけば間違いなし!!
ブレードさえあれば練習から試合までなんとでもなります。
しかし、もっと個性のあるスパイクが欲しい人にはブレードは合いません。例えば、『反発が欲しい』と思うならブレードじゃだめ。

 

今回のまとめ

ミズノとアシックスは世界的に有名な日本を代表するスポーツメーカーです。
両メーカーとも国内の部活市場に向けたスパイクをラインナップしており、ミズノとアシックスどちらを選ぶか?というのは陸上をするうえで避けて通れない悩み。

初心者向けスパイクは両メーカーともラインナップに大きな差はありません。アシックスのほうが種類が豊富で、専門的な初心者向けモデルまであるので、アシックスを選ぶ人のほうが多い傾向。

走り方で選ぶとすれば、上級者向けに限って言えばフラット接地ならアシックス、つま先接地ならミズノという選び方もできます。しかしこれは中級者向けモデルには阿多はまらないので注意。

中級者向けモデルはミズノが4モデルを新発売したのに対してアシックスは昔からある2モデルだけの状況で、ミズノのほうが選択肢が多く優勢。

陸上ch的な結論としては…
モデルによって違うのでミズノでもアシックスでも関係なく合うスパイクを選ぼう!!
っというぬるっとしたことしか言えません。
世界的にはアシックスのほうが優勢。っていうかミズノが売っていない地域もあるようです。しかし、国内に限って言えばミズノだろうがアシックスだろうがメーカーはあんまり関係なくてそのモデルが合うか合わないかの問題。サイバーブレードとジェットスプリントは全然違うスパイクですのでアシックスの中でも合う合わないがあります。
いろいろ履いてみて好みなものを買いましょう…

 

 

 

 






Twitterで更新をお知らせしています↓