陸上のスパイクピンにメーカーごとの違いはあるのか?

スパイクのニードルピン

スパイクを買うとピンは付いてきます。
初心者用であれば土用のピンが、タータン専用スパイクであれば平行ピンが付いてくるとおもいます。このピンにメーカーごとの違いはあるのでしょうか?

まず、ミズノとアシックスのピンには互換性があります!!

平行ピンでも土用のピンでも、ミズノとアシックスであればごちゃ混ぜにして使えます。

10年前くらいまではミズノは独自規格の星型ピンだったため、ミズノのスパイクであればミズノのピンを使う必要がありましたが。
今ではミズノとアシックスの両メーカーとも国際規格(?)の楕円型になっているため互換性があり、どちらのメーカーのピンだろうと関係なく使えます。

ミズノ・アシックスはそれでいいのですが、最近よくみる海外メーカーのスパイクではどうでしょう?
海外メーカーのスパイクは出荷状態だと平行ピンではなくニードルピンがついてきます。

今回は、海外メーカーのニードルピンにメーカーごとの互換性はあるのか?
というお話です。

ピンについては他にも記事がありますのでご参照ください。
【初心者向け】スパイクピンの基本
二段平行と一段平行を比較
ニードルピンっぽい平行ピン

 

 

 

陸上のスパイクピンいろいろ

陸上のスパイクピンには色々と種類があります。基礎知識をザックリ。
そもそもルール上は、9mm以下で11本以内ならオッケー。かつてニードルピンはルールで禁止されていましたが、今は解禁されています。競技会によっては禁止されたままになっていたり、競技場の規程で使用禁止になっている場合もあるので注意してください。

スパイクの数
3. 競技用靴の靴底および踵は、11本以内のスパイクを取りつけられる構造とする。11本以内であればスパイクは何本でもよい。
〔国内〕 靴底と踵には、スパイクの位置を変えることができるような装置は11カ所を超えてはならない。
スパイクの寸法
4. 競技用靴の靴底または踵から突出した部分のスパイクの長さは9㎜を超えてはならない。また走高跳およびやり投の場合は、12㎜を超えてはならない。スパイクは先端近くで、少なくとも長さの半分は4㎜四方の定規に適合するように作られていなければならない。トラックメーカーもしくは競技場管理者がより小さい寸法の上限を設けている場合は、これを適用する。

引用:陸上競技ルールブック2018 第 143条

ピンは3種類

平行ピン、土ピン、ニードルピンの3種類です。
タータン用は平行ピンとニードルピンで、土用が土ピンです。

ピンの初心者向けの基本的な解説は別記事で…

平行ピン

最もポピュラーなスパイクピンでタータンを走る場合使う。いわゆるシルバーピン
かつて日本ではタータンでのニードルピンの使用が禁止されていたため、いまでも国産スパイクにはこの平行タイプのピンが標準装着されていますが、このピンは日本だけの規格みたいです。外国製のスパイクには後ででてくるニードルピンが付いています。
平行ピンはどのスパイクでも互換性があります!!
ナイキやアディダスのスパイクにも平行ピンを使うことが出来ます!
サードパーティ製の軽量のチタン製やアルミ製もありますが、これらもどのメーカーのスパイクにも使うことが出来ます。

 

平行ピンとは?普通のピン。あえて違うのを選ばなければ普通はこれを使ってる。
刺さらないので突き上げは非常に強いが、殆どの人はそういうもんだと思っている。ピンで地面から反発を得るような感覚もある。

土ピン

初心者用スパイク専用のピン。ミズノはブラックピンでアシックスはゴールドピン
シルバーピンよりも長い12mmとか15mmとかを使う場合が多い。もちろん大会では9mm以下でないとルール違反。アタッチメントと呼ばれるネジ山保護部品をセットで使う
土ピンは国産の初心者向けスパイクにしか使えません!!
初心者向けスパイク同士では互換性はあります。
ナイキやアディダスのスパイクに付けるとネジ山が長すぎてソールまで貫通します。国産の専用スパイクでも同様です。

 

土ピンとは?土のグラウンド用のピン。長いので負荷が高く、ネジ山もがっちりした構造になっている。
今はルール的にタータンで使っても大丈夫だが、ピンが長いとグラウンドに悪いし膝が壊れるので注意が必要。

ニードルピン

海外メーカーのスパイクを買うと付いてくるシルバーの針ピン
今でも日本では平行ピンを使った方が競技場的にも大会的にも良いところがあるため、お店で外国製のスパイクを買うと気を使って取り外しておいてくれる。ルール的には使用しても問題はないが、競技場のルールで禁止しているところも多い。
メーカー品のニードルピンは日本の市場には流通しておらず、中国から送られてくる怪しいやつか、やけに値段の高いやつをネットで買うしかないのが現状。

ニードルピンとは?海外製のスパイクを買うと付いてくる針ピン。刺さりも抜けも良いのでピン自体の反発は無い。

今回は、このリンクにある中華ピンを実際に買って比較してみました!

 
SONONIA スパイクピン24本 7mm 

 

 

 

 

で、ここまでのことはどうでもよくて。
このニードルピンに互換性があるのかどうかが今回のテーマ。

結論から言えば…

ニードルピンはメーカー品ならどれも同じで互換性あり!!
中華製はピン回しが合わないけど互換性あり!!

 

ニードルピンを比べてみる

比較対象はナイキアディダスニューバランスピンとamazonで買って中国から来たSONONIAとかいう謎のピンを加えた4種類。
メーカーのピンはスパイクに付いてきたやつ。中華ピンは上にリンクを貼ってあるアマゾンで24本500円くらいで買ったやつです。

大手のピン形状はたぶん同じ

まずはルックス。左からナイキNBアディダス中華
NBはカラーピンのため黒いですが、走れば一発で剥がれてシルバーになりますので色は気にしないでください。

ナイキ、NB、アディダスは形は全く同じに見えます。ナイキとNBに関してはネジまわしも同じもので色違いのように思います。

見た目じゃあ全然わかりませんが、中華ピンだけはネジまわしを入れるくびれの部分が微妙に太い

ネジ山はすべて5mm。
ネジ径も5mm。
ピン長は7mm。
寸法はすべてのメーカーが同じです。中華ピンだけくびれがちょっとだけ太いのと、アディダスだけ若干先っぽが丸い気がする。

互換性はあるのか?

結論からいえば
全部互換性がある!!

ナイキNBアディダスの海外メーカー3社は互換性どころか同じピンなんじゃないだろうか?
アシックスとミズノの国産2社も互換性がある。
中華ピンもネジ山自体には何の問題もなく互換性がある。

ってことは、
陸上スパイクのピンはメーカー関係なく全部互換性がある
ってことです。見た目が同じなだけでなく、使用感も全く変わらない。

ただし、中華ピンだけはピン回しがどれも合わなかったのには注意が必要。
なんでこれだけわざわざ変な形になっているかはわからない。
もしかすると特許関係なのかもしれない。っていうか大手メーカーのピンは全部同じメーカーからのOEMの可能性すらある。

いずれにしろ実際には中華ピンもペンチで回せば回るので実用上の問題はほとんどない
長期の使用はしていないのでピンごとの強度は比較出来ないが、この形状であれば人の脚力程度であればそうそう折れるものではないと思うし、大事なのはもし削れたとしても、余ってる他メーカーのピンに付け替え出来るかどうかだ。
そういう点においては中華ピンの安さには光るものがある。
中華ピンは24本入りなので6本ピンのスパイクだったら4回分の交換が出来る。これを使わない手は無い!!

中華ピンはネジザウルスとセットで使おう!!

ネジザウルスをご存じだろうか?これだ。

 
ネジザウルスGT

一見普通のペンチなのだが、ネジ山がつぶれたネジでも簡単に回せるというちょっと特殊なペンチ。
中華ピンは非常に安くてメーカー品の3分の1くらいの値段で買えるわけだが、正直信用できない。
いつ折れても不思議はないし、そもそもネジ回しが合わない。しっかり回したければペンチで回すしかないのだ。

中華ピン500円とネジザウルス(たぶん1500円くらい)を買ったところでメーカー品を買うのと値段は変わらない。
ネジザウルスは1回買えば一生物で他の用途に使えるので、メーカーピンを大事に使うよりも中華ピンとネジザウルスと一緒に買って頻繁に交換した方がいい気がする。

 

初心者向けスパイクの紹介はこちら

ニードルピンを使いたいけどルール上平行ピンしか使えないと言う方にはニードルっぽい平行ピンもあります。こちらで紹介しています。


二段平行と一段平行についてはこちらで紹介しています。






Twitterで更新をお知らせしています↓