【初心者】移行期はなにをする?移行期の過ごし方

移行期の過ごし方, 練習いろいろ

陸上にはシーズンがあります。
4~9月を試合期と呼び、これをシーズンとすることが多いと思います。新人戦が10月にあったり春季大会が3月にあったりするので厳密なものではありませんが、遅くても10月の試合がシーズン最終戦になると思います。っていうか、11月の試合なんてほとんど開催されていません。
また、シーズンが終わった最初の1カ月くらいは『移行期』と呼ばれ、試合期で疲れた体をリフレッシュすると同時に冬季練習に向けた準備をする期間と位置付けられています。

今回は
移行期の過ごし方
についてご紹介します。
何をすればいいのかよくわからない移行期ですが、ここでうまい事やっておくと冬季練習も順調にいくはずです。

 

 

 

 

移行期の基本

移行期とは、試合期から冬季に移行する期間のことです
つまり、試合には出ないし冬季練習のような走り込みもしない空白期間のことを言いします。
この移行期がなぜ必要なのかをわかっていないとただのお休みになりかねませんので、まずは移行期ってなんなのかをご紹介します。

移行期はリフレッシュ期間

試合がないので技術を研ぎ澄ませる必要はないし、メンタル的にも楽な期間と言えます。そのため、練習メニューにも幅を持たせることが出来ます。連戦の疲れや試合に出るための調整やらと無縁の生活を送れる唯一の期間です。
この時期を『リフレッシュ期間』に当てる場合も多く、冬季練習に備えて試合期の疲れを取る期間でもあります
高校ではちょうど二学期の中間テストと重なることもあって、2週間くらいほぼ完全休養にしている学校もあります。
クッションとして移行期を設けることで試合期から冬季練習にスムーズに切り替えられると言う意味もあります。

気温が下がって怪我をしやすい時期

9月まではほぼ夏です。10月に入ると涼しい日も多くなりますが、気持ちはまだ夏です。11月に入ると急に気温も下がり、夏と同じ服装では寒い日もあります。
移行期は気温変化に体を慣らすという意味もあります。
前の週と10度近く気温が違う日もあるような時期に同じメニューを同じスピードでこなそうと思えば怪我のリスクはそれなりにあります。移行期ではこういったリスクを回避するために、メニューをバラバラにしてみたり普段やらない動きを入れてみたりします。

売り切れた技術を充電する

スポーツってのは不思議なもので、同じことをやり続けているとある程度のところで技術が売り切れてレベルアップが止まります。プラトーであればそのうち抜け出せますが、カンスト状態とも言えるこの状況を打破するのはそう簡単なものではありません。
移行期で今までやってきたことを一回やめてしまうことで、染み付いて売り切れ状態になってしまった技術を充電することができます。
シーズン前に技術練習を再開した時に新しい発見があれば、次のステップに行けるはず。

煮詰まっていなければ充電もいらない

初心者はやればやるだけ記録も伸びます。そんなときに技術練習をストップしたってあんまり意味ありません。ここで言っているのはもっと煮詰まった状態のこと。ただ練習を中断すればいいってものではありません。

山を下った方が高い山に登れる?高い山を目指すとして、どうすれば日本で一番高いところに行けるでしょうか?
今いる場所から見えている一番高い山に登って、次はそこからみえる一番高いところにいくと言うのを繰り返せば日本で一番高いところに行けるでしょうか?
行けそうな感じもしますが、その方法だと富士山が見えない高いやまに行ってしまうとそこで終了です。
日本で一番高い場所に行くためには、今見えている一番高い場所を目指して頑張るのではなく、とりえず一回山を下って電車に乗ってしばらく目をつぶってみて適当な駅で降りて、そこから見える高い山に登ってみる方が富士山に着く可能性は高くなるらしいです。

これをスポーツに当てはめると、移行期で一回休んだほうが最終的には競技力が高くなる可能性があるとも言えます。

ただし、この方法だと飛行機に乗らないと世界一高い山には着きません。

 

シーズンを反省して来年の目標を決めよう

移行期になると試合の事を考えなくて良くなるので、いろいろと余裕が出来ます。冬季練習が始まれば気が付いた時にはシーズンインしてしまいますので、目標とかそういう余計な事を考える暇もなくなると思いますので、移行期のうちにシーズンを振りかえって来年の目標を決めておきましょう
反省することによって冬季のメニューをどうするのか考えることもできます。

長い冬も目標があればなんとかなる

目標を設定したところで足が速くなることはありませんが、冬季練習が面倒くさくなっても目標のためだと思えば頑張れるはずです
今シーズンダメだったことを練習で克服するための冬季練習ですので、ちゃんとシーズンを反省しておかないとただ走るだけの冬になりかねません。

 

移行期にやるべきことは休養

移行期は冬季練習の準備、あるいはリフレッシュ期間と考えるとやるべきことはそれほどありません。この時期にやる練習の内容はなんだっていいと思います。

一年で一番負荷の低い時期だぞ

移行期には負荷の低い練習に徹しましょう。負荷をかけたらリフレッシュになりません。自分では疲れていないと思っていても疲労っていうのは蓄積していて怪我は突然やってきます。
この時期にやることはシーズンへの影響が少ないので、無駄だと思っても我慢して体を休めることに専念しましょう

移行期は無駄っちゃ無駄

陸上の練習は3カ月が1クールとなる場合がおおいので、10月の練習は1月頃に結果がでるようなイメージです。つまり、移行期にやったことはシーズンよりも前に結果として出て来ますので、試合には直接的には関係しないとも言えます。
これを無駄と考えて休養に当てるか、下積みと考えて頑張るかは人によって様々です。
なにをしたって無駄ってことは無いでしょうが、頑張りすぎて怪我をするくらいなら家で寝ていましょう。

怪我あるならちゃんと治す!!

移行期はまとまった休みが取れる期間です。シーズン中にクセがついた怪我はここで1カ月くらいかけてしっかりとケアし、ちょっとでも違和感があった箇所は温存して完全に治しましょう。

移行期の怪我はシーズン序盤に影響が出る

移行期に怪我をしてしまうと年内いっぱはまともな練習が出来なくなります。12月や1月から本格的に始まる冬季練習への移行が遅れると、シーズンインも遅れます。3月末から4月の試合で調子を上げたいと考えているのであれば、移行期に余計な事をして怪我をするよりは家で寝ていた方がマシです。
また、怪我が治り切らない状態で次のシーズンに入ると、春にまた怪我をしてワンシーズンを棒に振ることになります。
移行期を休んで次のシーズンを戦うか、春に怪我して夏まで休むか、移行期に休んでおいた方が良いと思います

トレーニングは維持程度にとどめる

移行期のトレーニングはレベルアップよりも維持を心がけましょう。シーズン中は200×5を25秒で回っていたとすれば、移行期では3本に減らしたり、27秒にしたりして、頑張ればもっとできるけど8割程度で流す感じにとどめておくようにしましょう。

 

移行期の具体的な過ごし方

家で寝てるのも良いと思いますが、そうもいかないのでグラウンドで体を動かしましょう。具体的に移行期ではなにをすればいいのか?

サッカーでもしとけ!!

移行期のメニューは、運動量を確保しつつも高負荷にならないトレーニングを中心にしましょう。
多いのはサッカーやバスケなど、それなりに走るスポーツをメニューとして取り入れることです。陸上はサッカー経験者も多いでしょうから、それなりにちゃんとした運動になるはずです。シュート練習とかではなくてミニゲームでみんながわちゃわちゃできるように工夫しましょう。

ってことを考えるまでもなく、移行期と言えばみんな大好きサッカーです。とりあえずサッカーやらバスケやらをやるのが移行期というもの。
意味なんかないんです。合宿のエンドレスリレーと同じように、意味なんかなくても陸上部は移行期にサッカーをやるんです。

 

いつもと違う種目をやってみる

移行期には陸上を楽しむという事も大切です。
短距離の選手は投擲のトライアルをやってみたり、ジュニアハードルで60mをやってみたり、中助走で幅跳や混成の部内選手権をやってみたりするのもいいでしょう。本気でやりすぎるない程度に、楽しく陸上を学ぶつもりで体を動かしましょう。

アップは念入りに

サッカーをするにしても移行期にはアップをしっかりやりましょう。遊んで怪我をするなんてことはあってはいけません。
時間はあるはずですので、アップがメインメニューのつもりでいつもよりジョグをゆっくりと長めにしたり、ドリルの距離を伸ばしたりしていつも以上にアップ念入りにやるようにしましょう。

 

 

その必要性すら疑問に思ったりもする移行期ですが、やるからにはそれなりに考えてやる必要があります。あんまり必要性を感じなければ移行期を設けずにそのまま冬季に入っても別にいいとも思います。
結局は良い感じでシーズンを迎える為の準備期間ですので、ここでは何が正解と言うこともないでしょう。






Twitterで更新をお知らせしています↓