【陸上スパイク】ミズノとアシックスの違いはなに?

スパイク, スパイクレビュー, 初心者のスパイク選び

Twitterもありまぁす↓

陸上のスパイクはミズノかアシックスのどちらかを選ぶ人が多いと思います。最近はナイキ・アディダスもかなり勢力を伸ばしていますが、学生の間ではやっぱり国内メーカーが人気です。
ミズノ派、アシックス派と派閥が生まれるスパイクですが、そもそもこの両メーカーにはどんな違いがあるのでしょう?

ってことで、今回は
ミズノとアシックスのスパイクは何が違う?
についてご紹介。ちなみに私はミズノ派です。

 

 

ミズノとアシックスの設計の違い

ミズノとアシックスを比較する上で、まずは設計が違う部分を紹介します。
紹介するポイントは
①接地
②かかとのカップ

③足幅・足型
④アッパー
これらの微妙な違いが、アシックスとミズノの違いです。

①ミズノはフォア、アシックスはフラット

ミズノはどれも傾斜が強くフォアフット向けのスパイクといえます。
アシックスは傾斜の弱いフラット系のスパイクもラインナップしています
メーカー全体としてみれば、フォアフットならミズノ、フラットならアシックスという選び方をしても間違ってはいないでしょう。
しかし、アシックスの中級モデルであるサイバーブレード・SPブレードはフォアフット向けのスパイクであるように、アシックスだからと言って必ずしもフラットというわけではありませんので注意は必要です。
っていうか、フラットなスパイクが欲しいならジェットスプリントを買うべきです!!

 

 

②アシックスはかかとのカップが大きい


個人的に感じるミズノとアシックスの一番の違いはアシックスはヒールカップの存在感が大きいこと。ミズノにもヒールカップはついていますが、アシックスの方が大きなものが付いています。
ヒールカップというのはかかとを包み込む固い部品のことで、ヒールカップがあることによって安定性が増します。
走りの感覚にに影響を与えるパーツで、アディダスなどのヒールカップがないスパイクだとグニャグニャして途中でスパイクが脱げてしまいそうな感覚になる人もいます。一方で、軽さやフィット感でいえば硬い部品は無い方が良い気もする。
ヒールカップは固いパーツだけに、この形が足に合わうかどうかは大切なポイントです。アシックスが合うという人は、ヒールカップの形と足の形が合っている人です。

 

 

③ミズノは太くてアシックスは細い?

足の型の話では
『ミズノは太くてアシックスは細い』
と言われています。
個人的にはむしろミズノの方がタイトな気がしますが、実際のところはよくわかりません。
トップ選手の使用を想定しているスパイクと部活生がメインターゲットのスパイクとでは使用しているラスト(足型)が違いますので、これに関してはミズノだからとかアシックスだからというよりも、同じメーカーであってもモデルによる違いの方が大きいと思います。

 

 

ミズノは『スケルトンアッパー』

ミズノの中級以上のモデルでは『スケルトンアッパー』という肉抜きタイプのアッパーが採用されています。スケルトンアッパーだけでも十分にミズノを選ぶ理由になるほどに良いアッパーです。モデルによって違いはありますが、基本的なコンセプトは同じ。
スケルトンアッパーの特徴は意外にも『非常に高いフィット性』
一見するとスカスカでフィットしなそうな気がしますが、実際に履くと普通のシューズとは一線を画す高次元のフィット感があります。もちろん肉抜きによる軽量化にも貢献していますが、フィット感への影響の方が全然大きい。
また、2000年モデルのクロノインクスでの初採用以降、だんだんと熟成されてきており、完成度が非常に高いのもいい。
インクスのアッパーは全世界のスパイクで最高のアッパーだ!!

アシックスは『HL-0メッシュ』

アシックスも上級モデルを中心にHL-0メッシュという伸縮性のある新素材をアッパーに採用し始めました。スケルトンアッパーは20年の歴史のなかで熟成が重ねられて今の形になっていますが、このHL-0メッシュはまだできたてホヤホヤ。素材の新しさをとればアシックスではあるものの、熟成度ではミズノに分があるでしょう。

 

 

初心者モデルはミズノもアシックスもほぼ一緒

初心者モデルはミズノでもアシックスでもほぼ一緒です
初心者モデルは筋力がついていない選手を想定しているため、足型がルーズでクッション性も高く、スパイクの中で足が動きやすくなっています。
ほぼ遊びがなく細かい動きがシューズに伝わるようになっている上級者向けのモデルと違い、初心者向けのモデルでは差が生まれにくいのでしょう

初心者向けは見た目も大体一緒

ミズノの初心者向けであるブレイブウィングFXとアシックスの初心者向けであるエフォートMKを比べてみると、ほぼ一緒です。

どちらも同じように初心者をターゲットにしているスパイクで、目指すところが同じだと出てくる製品もほぼ一緒ということなのでしょう。多少の違いはあるのでしょうが、初心者向けモデルを選ぶのであればメーカーによる違いは考えなくていいと思います。

 

 

ミズノとアシックスの感覚の違い

この先は完全に主観です!!

ミズノとアシックスの両メーカーのスパイクはいったいどこが違うのか?

経験と感覚で言えば

  • スパイクが走らせてくれるのがミズノ
  • スパイクが走りを引き出してくれるのがアシックス

抽象的ですが、学生時代から私のまわりではこう言っている選手は多かったし、私もそう思います。

ミズノはスパイクが走らせてくれる!?

ミズノのフラッグシップといえばクロノインクス 9です。

インクスは100mから400mさらにはハードルまでどんな短距離でも使える超オールマイティなパフォーマンスモデルで、部活レベルでは憧れの最高峰モデルです。
ミズノはインクスを頂点に、ショートスプリント向けのジオスプリント、ロングスプリント向けのジオサイレンサーラインナップしていますが、これらのモデルにはクロノインクスと共通した感触があります
ミズノのスパイクは
スパイクが走らせてくれる感覚で、ただ頑張ればそれだけで速く走ることが出来る感じ。

 

 

スパイクが走りを正しいポジションにもっていってくれる

ミズノのスパイクで共通して得られる感覚は『足がどんどん進む』感じ。ラフに接地しても踏み込みから蹴り出しでうまくパワーをかけることができ、足が反発を受けて勝手にどんどん回ってくれます。
初心者~中級者くらいの技術であってもスパイクが技術をサポートして走りにつなげてくれるので、11秒台でもインクスを履けば確実に(?)タイムが縮むはず。
その証拠に、全中やインターハイでは男女問わずミズノを履く選手が目立ちます。トップ選手ほどの技術や筋力がなくてもスパイクが走りをいい方向に調整してくれ感じです

反発感がしっかりある

ミズノを履いた感触としては、けっこう反発を感じることができます。
支え台があるのでミズノは接地時に足裏の感触がイマイチという選手もいますが、そのおかげで足が沈みすぎずにスパイクがうまくしなってくれているのです。体重を乗せて踏み込むと強い反発を返してくれるので、反発感がしっかりしていて個人的には好き
昔ながらの感覚というか、安心感のある履き心地です。
反発感も海外スパイクのようなピーキーさがなくて扱いやすいのもいいところ。反発を使って走るならミズノがいい!?

 

 

アシックスはいい走りを引き出してくれる

アシックスといえばジェットスプリントでしょう。

なんといっても近年のフラット走法ブームをけん引しているのはジェットスプリント。フラットなスパイクが欲しいならジェットスプリント一択といっても過言ではありません。
従来の『つま先だけで接地して力強く走る』という走り方から『フラットに接地してスムーズに走る』という走り方に主流が移りつつある今、アシックスを選ぶ最大の理由はこのフラット走法をするためと言えます。
フラット走法に代表されるように、アシックスは選手の走り方よってスパイクの性能が発揮される感じがしますスパイクが走りの良さを引き出して際立たせる感覚。接地を重視する走りにフォーカスしたのがフラット走法で、フラット走法をよりスムーズにできるスパイクがジェットスプリント。

 

目指す走りの完成度をスパイクが高めてくれる

ミズノはどんな走り方でもスパイクがうまくまとめてくれますが、アシックスはうまい走りをするとスパイクがしっかり応えてくれる感じ。足が勝手に出るというよりも、『足を使えば使っただけ回る』走り心地。フラットに走ればスムーズに動けるし、パワーをかければ力強く走れます。
ミズノがフォアフットで走ることを前提としているのに対して、アシックスのほうが走りの幅は広いような気がします。

今のところは全部がフラットというわけでもない

アシックスの場合はミズノと違ってモデルごとにコンセプトが違って一貫していない点には注意が必要です。例えば、SPブレード(サイバーブレード)は旧来の傾斜の強いモデルでフラットには不向き。

同様に、初心者モデルも特にフラットを意識したつくりにはなっていない普通のモデルです。
ミズノと違ってモデル構成がピラミッドになっているわけではないため、2020年現在のラインナップではフラッグシップがフラットでそれ以外は普通の形状というのが現状です。フラットがいいならジェットスプリントかソニックスプリントエリートを選びましょう。

 

ミズノもアシックスも似たようなもの

ミズノとアシックスのスパイクは違いますが…
実際には決定的な違いはありません!!
メーカー選びを間違えたからといって足が遅くなるなんてことはありません!!
フラットなスパイクが欲しいならジェットスプリントを選ぶべきといったように、モデルによる特色はあります。しかし、それはミズノだからとかアシックスだからというものではなく、ジェットスプリントだからです。
クロノインクス(ミズノ)を履いて11秒0で走れる人がジェットスプリント(アシックス)を履いてもほぼ同じタイムで走れるし、もしアシックスの初心者用を履いたとしても11秒1か2くらいでは走れると思います。
しかし、メーカーごとにシューズの作りが微妙に違うのでその違いが合うか合わないかってのはあります。ミズノだろうがアシックスだろうが、どちらを選んでも記録はほぼ変わらないと思います。それでも私はミズノ派。その違いは『足が合うかどうか』です。

 

 

 

 

多少の違いはあるでしょうが、その違いが重要なのはトップレベルの人だけだと思います。部活レベルではミズノでもアシックスでも好きなほうを履けばいいでしょう。たぶん記録は変わりません。
ずっとミズノがいいと思っていたけどアシックスを履いたらすごい良かったっていうこともあるし、トップ選手でも契約によってメーカーが変わることも珍しくありません。
どっちのメーカーを選ぶかで悩むくらいなら、シーズンごとに新しいスパイクを買っちゃったほうがいい記録がでるはず。

 






Twitterで更新をお知らせしています↓