<幅跳びのポイント>第1回:幅跳びで6m跳ぶ方法(踏切が大事編)

幅跳びのポイント

Twitterもありまぁす↓

管理人、現役時代は幅跳びが専門でした。で、7mジャンパーでした。
陸上競技の中でもメジャー種目のひとつであり、日本で育てば体育なんかで誰もが一度はやったことのある幅跳び。素人でも運動神経のいい中学生だと5mくらい跳べちゃう人もいます。
そして陸上部で幅跳びをやるなら越えておきたい大台の記録…
それが6m!!

ってことで今回は
第1回:幅跳びで6m跳ぶ方法(踏切が大事編)
ということで幅跳びで6m跳ぶ方法紹介して行こうかと思います。これさえおさえておけばあなたも6mジャンパーの仲間入り!!
今回は踏み切りが大事だよ!!っていうお話です。

 

 

最初の大台!!6mは基礎さえ押さえれば誰でも跳べる!

女子の場合は1m下げて5m跳ぶ方法だと思って下さい。
幅跳びにおいて、6mは最初の大台と言える記録で、高校まで陸上をやっていても6mに届かずに引退していく選手も数多くいます。私が高校時代のころは6mをコンスタントに跳べればとりあえず都道府県大会くらいまでは出られる感じでした。
6mという距離は才能があるひとにとってはちょっと練習すれば、あるいは最初から跳べる距離かもしれません。
しかし、普通の人にとってはそれなりにに練習したくらいでは届かない距離なのです。

ただ、管理人が経験から言いたいことは…
6mは基本さえキッチリ押えれば誰にでも到達できる距離!!
だということです。
足が速くなくても、バネが人より強くなくても、普通の人でもポイントを押さえて練習をすれば6mを跳ぶことは夢ではありません!!

6mは壁であり大台だ!!

おそらく、男子幅跳びで最初の大台、あるいは最初の壁となるのが6mだと思います。このページを見ている方もこの壁にぶち当たっていることでしょう。
私は中学からサッカーの傍ら遊びで陸上を始めましたが、5m50くらいは何も考えずに跳べました。そういう意味ではそこそこの才能というか身体能力はあったと思います。そんなわけで、陸上やってなくても学年で1人くらいはデカくて運動神経が良いやつなら5m50くらい跳べちゃう人がいるかも。
しかし、6mとなると話は別。6m跳ぼうと思ったらそれなりの筋力やバネあるいはそれなりの跳躍技術が必要になります。
6mは運動神経だけじゃあ越えられない最初の壁なのです!!

6mは技術だけで跳べる!!

100mを速く走ろうと思ったら筋力やスタート技術、疾走技術など複雑な技術をうまく組み合わせる必要があります。
しかし…
幅跳びは踏み切りだけキッチリ決まれば6mくらいは跳べる!!
のです。キッチリやらなきゃ跳べないということでもあるのですが、考えようによっては100mで11秒台を出すよりも可能性は高いと思います。
つまり6mであれば着地とかを無視しても踏み切り技術だけしっかりやっておけば跳べるということ。まあ、最低限の走力は必要なのですが…

幅跳びの技術がある選手やコーチなんてほとんどいない

簡単なはずの幅跳び6mが大台になっている理由はひとつ。6mを跳ぶための技術が出来ている人がほとんどいないからです。
ほとんどの選手が技術が全くない状態で競技しているのが幅跳びの実態だと思います。
部活の先生やコーチが教えていることは総じて意味不明で、基本的な陸上の動きができていないのに変な技術に偏重していてリズムだとか腕振りだとかの技術を教えようとしている人がほとんどです。
なかにはちゃんとした先生もいると思いますが、私は競技場でまともな先生はみたことありません。素人に教えてもらっても跳べるようになるはずない。youtubeやネットで自分で調べた方が技術も身に着くことでしょう。

技術さえもっていれば優位に立てる!!

100mは才能の世界です。どうやったって足の速いやつには追いつけません。
が、幅跳びは違います。前述の通り、まともな技術指導を受けている選手なんてほとんどいません。そんななかで自分だけが幅跳びの技術を持っていれば確実にライバルより跳べます。
周りが才能と勘だけで競技している中で、自分だけが基本的な技術を身につける。そうすれば周囲に差を付けて抜け出すことは難しくないのです
そんな感じで勝てる余地が残されているのもまた幅跳びのおもしろさでもあります。

 

 

幅跳びで最も重要!!6m跳ぶための踏み切り技術!!

で、ここからが本題
これだけやっておけば6m跳べるよ!!
っていう基本的な技術を紹介して行きます。
結論から言えば、何よりも大切なのは踏切動作です!!
踏切を練習してマスターすれば1mくらい記録が伸びます。ってことは、5m跳べる選手であれば踏切だけできるようになれば6m跳べます
幅跳びで記録を出したいのであれば、何は無くとも踏み切りです。助走には走力が必要で、走力は才能で決まる部分が多い。しかし、踏切技術に関しては才能はあまり関係ありません。
踏み切りは技術を知っているかどうかとそれを実現出来るかどうかだけが問題です。
つまり、踏み切り技術の知識があって、そのイメージ通りに体を動かすことができれば6m跳べます。
そんな踏み切りの技術についてご紹介。

踏み切りは3局面にわけて考えろ!!

踏み切りは一瞬の動作ですが、幅跳びを専門にするのであれば踏切の局面を3つに分けて考えるようにしましょう。
それぞれの局面でどういう動きをしていれば跳べるのかがわかれば、6m跳ぶ日も遠くありません。

第1局面 踏み切り足の接地

最初は踏み切り足が踏み切り板に接地する瞬間についてを考えます。

いわゆる接地局面のことで、ここがうまくできないと芋づる式に後のことも失敗します。
ポイントは…
①かかとから踏み切り接地しよう!!
②膝は思いっきり伸ばせ!!


まず①について。

接地にはいろいろなイメージがありますが、『かかとから足を置く』イメージで接地するようにしましょう。
つま先で接地すると膝が曲がってクッションしてしまうのでダメです。
かかとから入ると自然と体が足先から頭の先まで一直線の棒のようになると思います。これが軸で、この軸を使って跳べるようになると6mはすぐそこ。
スプリント動作ではつま先だけが接地するので踏み切りで急にかかとから入るのはけっこう難しいですが、踏み切り3歩前からのリズムが出来ていると簡単に出来ます。とにかく、踏み切りはかかとから入る!!これ大事。

次に②について。
踏み切りの瞬間に膝が曲がってはいけません!!
これ、非常に重要なのに教えてくれる人がほとんどいません。これさえできていれば6m跳べるといっても過言ではありません。
たとえ膝を伸ばして接地しても衝撃で勝手に膝が曲がると思います。で、勝手に伸びた状態に戻ります。このように膝を伸ばした状態で使うバネを伸脚バネといい、いわゆるプライオニクスの動作です。このバネが使えれば絶対に6m跳べます。
逆に、伸脚バネを使わない動きは筋肉を使って跳んでいるだけなのでスピードが上がると潰れたり、そもそも幅跳びで良い記録は望めません。幅跳びをやるなら伸脚バネは必須です。

 

 

第2局面 遊脚が踏切足を追い越す瞬間

第2局面は、後ろにあった足(遊脚)が踏切足を追い越す局面です。

ポイントは…
①スイング(はさみ込み)を速く!!
②遊脚が送れないようにタイミング良く前に出す!!
③膝を曲げるな!!

①について
スプリントも同じですが、『はさみ込み』のスピードはできるだけ速いほうが良いです。幅跳びの場合は遊脚がリードレッグとして跳び出しの強さを決める大きな要因となるため、遊脚のスイング動作は非常に重要です。

②について
早い話が、が流れないようにすることが必要です。ランニング動作は連続なので多少足が流れてもなんとかなりますが、踏切は1歩しかありません。足が流れるで反力をもらえないため記録が出ません。
体が踏切板の上を通過するその瞬間には遊脚が体よりも前にあるようにしましょう!!
遊脚が遅れると踏み切りが流れてしまい、上に跳ぶことが出来ません。タイミング良く遊脚を振るだけで強い反力をもらえて体が浮くので跳べるようになります。

③について
接地の局面で膝を伸ばしていたはずですが、ここの局面でも膝を出来るだけ伸ばした状態でキープしましょう。っていうか、ここで膝が曲がってしまうと大きなブレーキになるし、伸脚バネが使えていないと言うことになります。
グっと膝曲がっても勝手に膝が伸びる動きがバネで、これが筋肉ではなく腱の収縮です。もし膝が大きく曲がってしまうようであれば、筋力不足か腕や遊脚のタイミングがずれているので修正しましょう。

 

 

第3局面 跳び出し

踏切板から足が離れて空中に飛び出す局面です。この時、体は上に向かっていますので踏切板への下向きの力は急激に減っています。そして最終的には力が全部上向きになって跳び出します。


ポイントは…
①ブロックを確実に!!
②踏み切り足を巻かないで!!

①について
ブロック動作という専門的な技術があります。やることは簡単。跳び出した瞬間のモモアゲのポーズをガチっと固めて崩さないままポーンと跳んで行くだけ
たったそれだけですが、ブロックをするだけで跳躍距離は飛躍的に伸びます
6m跳べていない選手はおそらくブロックが出来ていないと思います。ブロックだけ出来るようになればたぶん6mは簡単に跳べます。それくらいブロックは重要な技術。ブロックが出来るだけで跳躍の次元が飛躍的に進歩します
投げた後だから意味なさそうに思えるかもしれませんが、イメージ的にはボウリングの選手が投げた後にビシっとフォームを止めるあんな感じです。

②について
踏み切ったあとに踏み切り足を巻いてしまう選手は非常に多いです。
こんなやつ↓

この絵がダメな状態
バウンディングや三段跳びのように次の1歩がある場合には足を巻かないと脚を前に持ってこられないのですが、幅跳びの場合は足を足を巻いてしまうと踏み切り板を押し切れずに弱い踏み切りになってしまい跳躍が流れて記録が悪くなります。
中学生なんかだとほとんど全ての選手が足を巻いていますので、足を巻かない跳躍をするだけ大会で勝てるようになると思います。

 

 

今回のまとめ

野球で打ったあとに何をしたってボールの飛距離が変わらないのと同じで、幅跳びでは踏み切ったあとはなにをやっても飛距離は変わりません
助走がどんなに速くても踏切が下手なら5mちょっとしか跳べませんし、空中動作がうまくても踏み切りがダメなら全くの無駄です。
大学時代に10秒台の選手に遊びで幅跳びをさせたことがありますが、6m以上跳べる選手ってほとんどいませんでした。桐生選手が遊び半分で出た幅跳びで6m80しか跳べなかったという記録もあります。世界トップレベルのスピードがあったとしても踏切技術がなければ県大会の高校生程度しか跳べないのです。

結局は…
幅跳びで大切なのは助走とか空中動作じゃなくて踏み切り!!
いろんな事を言う人がいますが、10秒0のスピードがあっても踏み切りがダメなら6mちょっとしかとべません。逆に、踏み切りが上手なら12秒台の走力だけで6mは余裕で跳べます。
もちろん助走から着地まで全ての動作を大事にする必要はあるのですが、そのせいで踏み切りの練習時間が減るのであれば幅跳びの記録はよくなりません。走るのも大事だけど、走ることで技術連をおろそかにするのであれば走らない方が良いとすら思います。
6m跳びたいならまずは半年間みっちり踏み切り練習だけをやったほうがいいでしょう。

とはいえ、助走が下手だと踏切準備動作ができませんので、踏切のための助走技術は必要です。
ってことで
次回は6m跳ぶために最低限必要な助走技術についてご紹介します。






Twitterで更新をお知らせしています↓