アシックス・ミズノのスパイクにはいわゆる平行ピンが付いてきますが、ナイキ、アディダス、ニューバランス等の海外メーカーのスパイクを買うとニードルピンがついてくることがあります。 っていうことを以前ご紹介しました 抜けがいいピンが欲しければ中華ニードルピンをアマゾンで買うのがベストだと思いますが、大会や競技場によってはニードルピンの使用が禁止されている場合もあります。 今回は、ニードルピンのような抜けの良さを持つ平行ピン『AS-A(TTP981)』をご紹介します。     アシックスの平行ピンAS-A(TTP981) まずはAS-A(TTP981)とは何か?をご紹介。 早い話が、これです   asicsパウピラ AS-A(18本) TTP981 7mm 型が『AS-A』となっているアシックスの販売する平行ピンの1種で、一般的な平行ピンである『2段平行』や『ツリー型』のピンと ...

先日、幅跳びのエチェバリアが+3.3の追い風参考ながら8m92を跳んびました。 この記録、なかなか怪しい感じがあったのですがやっぱり問題ありそうな感じ。   まあ、跳んだことは跳んだんでしょうが。 動画の16秒あたりに映っている審判の計測方法はどうも踏切板ではなく実測で計測しているような... 真相やいかに?

ランナーなら誰しもが憧れるオーダーシューズ。 足型を測ったり0.25刻みのサイズにしたりいろいろして自分の足にぴったりなシューズを作れるのがオーダーの良いところですが、フィッティングには時間がかかるし、市販品の数倍の値段となってしまうのがネックでもあります。 そこまで特別じゃなくてもいいからもうちょっと安く気軽にオーダーしたいという方に向けたミズノのオーダーシステムがスペクトラです。組み合わせ次第で陸上シューズとして理想的なものをつくることも可能です。 今回は、スペクトラで注文できるランニングシューズについてご紹介します。     スペクトラのランニングシューズの特徴 ミズノはいわゆるイージーオーダーのことをスペクトラと呼んでいます。 野球・陸上・水泳・サッカー・バレーボールなどの各種目向けのユニフォームやシューズをオーダー出来るシステムで、陸上の場合はスパイク、ランニ ...

MGCシリーズについては別の記事でまとめていますので詳しい事はそちらをご参照ください。   MGCシリーズ終了 長かったMGCシリーズも2019年3月10日のびわ湖毎日と名古屋ウィメンズで終了しました。 シリーズ終了時点でMGC出場権を獲得したのは男子30人、女子14人となり、これでファイナリストは概ね出そろいました。 ワイルドカードは『4月末まで上位2レースの平均記録』などの条件があるため、まだワイルドカードでの出場権獲得者が出る可能性はあります。 MGC出場権獲得者一覧 シリーズ終了時点でのMGCファイナリストをリストアップしました。 男子 選手 所属 MGC要件 PB 村沢明伸 日清食品グループ 北海道マラソン2017 1位(2:14:48) 2:09:47 大迫傑 Nike 第71回福岡国際マラソン 日本人1位 (2:07:19) 2:05:50 (日本記録) 上門大祐 ...

東京オリンピックの参加資格には、従来の参加標準ではなく世界ランキング制が導入されるとのことでしたが、参加標準も併用されることになりそうです。 これにより、標準記録で出場権を獲得する選手は各種目の50%程度になる計算だそうです。 参加標準とランキングを併用 世界ランキング制は、記録によって換算されるポイントと大会ごとのラベリングによって決まる順位によるポイントの合計で選手にポイントが付されるシステムで、そのポイントによってランキングが決まります。 このポイントの上位5試合の平均によってランキングが決まるため、今まではよくわからない大会でも申し込み期間ギリギリに1発だけ標準を突破すれば参加できたのですが、世界ランキング制ではそれなりの大会で複数回結果を出さないといけない事になっていました。 世界ランキング制では地力がある選手が代表権を採れそうというメリットもありますが、選手やコーチがポイントの ...

雑記です。 高校の時にウェーブスペーサーを履いたその日からミズノ派であるわたくしですが、ミズノ歴15年にして初めて気が付きました。 WAVEはウェーブじゃなくてウエーブなんですね。 なんかむか~しそんなことを誰かから聞いたことがあるような気がしますが、完全に忘れています。 ウェーブスペーサーだと思っていたあのシューズはウエーブスペーサーで、ミズノウェーブはミズノウエーブだったと言う事ですね。 かつてSONYがブルーレイの規格の名称を決める時に、青い光線をつかうから『ブルーレイ』ってことで、そのままだと『BLUE-RAY』にしようとしたところ『青い光』だと一般的すぎて英語圏で商標がとれないってんで無理やり『BLU-RAY』っていう造語にしたらしいです。 ミズノウエーブもウェーブだと商標的になんかあったんでしょうかね? 詳細はわかりません。 15年もの間、ウエーブであることを知らずにいたこと、 ...

2018年にダイヤモンドリーグで8.83(+2.1)の追参世界歴代3位の記録をマークしたこともあるエチェバリア選手ですが、なんと3.3m/sの追風参考で8m92を跳んだ模様。 追参の世界歴代最高はマイク・パウエルが1992年に跳んだの8m99(+4.4)。歴代2位もパウエルで8m95(+3.9)となっています。 パウエルは公認で世界記録である8m95をもっているため、8m92だとパフォーマンス世界歴代4位となり、カールルイスのパフォーマンスを上回ったことになります。 歴代の記録と並べてみると、時期的にも驚異的な記録である事が分かります。 歴代 選手 記録 風 年日 1 Mike POWELL 8.99 +4.4 1992.7/21 2 Mike POWELL 8.95 +0.3 1991/8/30 3 Mike POWELL 8.95 +3.9 1994/7/31 4 Juan Migue ...

先日川上拓也選手(大阪ガス)が6秒54の日本新記録をだした室内60mですが、なんと早くもタイ記録がでました。 フロリダ大学のサニブラウン選手が、3月8日に行われた全米大学室内選手権の60m予選で6秒54をマーク。これで室内日本記録に並び、以前の6秒55を今シーズンだけで一気に2人目が破ることになりました。 さらには翌9日に行われた決勝でもなんと6秒55をマーク。それでも順位は3着でアメリカの層の厚さはさすが。 1999年3月6日生まれのサニブラウン選手はちょうど20歳。今シーズンは9秒台、さらには世界選手権での決勝もあるかも。

近年のランニングブームよって、ランニングシューズのラインナップも非常に充実しています。 一昔前まではとりあえずお店で初心者用がどれか聞いてそれを買えば良かったのですが、今は初心者用のなかでも各メーカーいろいろと特色を出しているため、どれを買っていいものか悩む人も多いはず。 初心者の方がどのようにランニングシューズを選べば良いのか、陸上競技者目線でご紹介します。 その1:基礎編 その2:市民ランナー編 その3:陸上競技者編 今回は陸上競技者編。 陸上競技を始めようという初心者がどうやってシューズを選んべばいいのかをご紹介。 シューズ自体の紹介は別の記事でまとめています。 2019年(ミズノ、アシックス) 2018年(ミズノ・アシックス) 2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー) スパイクの事情はこちら 2019年(ミズノ・アシックス) 2018年(ミズノ、アシックス) 2017年(ミズ ...

近年のランニングブームよって、ランニングシューズのラインナップも非常に充実しています。 一昔前まではとりあえずお店で初心者用がどれか聞いてそれを買えば良かったのですが、今は初心者用のなかでも各メーカーいろいろと特色を出しているため、どれを買っていいものか悩む人も多いはず。 初心者の方がどのようにランニングシューズを選べば良いのか、陸上競技者目線でご紹介します。 その1:基礎編 その2:市民ランナー編 その3:陸上競技者編 その1ではランニングシューズを選ぶに当たっての基本的なポイントを紹介しました。   今回は市民ランナー編。 趣味としてランニングを始める方のシューズ選びををご紹介。 次回は陸上競技初心者が選ぶべきシューズをご紹介します。 シューズ自体の紹介は別の記事でまとめています。 2019年(ミズノ、アシックス) 2018年(ミズノ・アシックス) 2017年(ミズノ・アシッ ...