ランニングブームもそろそろブームというよりフィットネスとして定着した感があります。 ブームに乗れなかったミズノと、ブームには乗ったものの海外勢に押し出されたアシックス。ブームを契機に日本市場に定着した海外勢。 箱根駅伝ではヴェイパーフライが繁茂し、上位はほぼ海外ブランド。かつてはシェアを独占し、スポンサーのはずのミズノのシューズなんかほとんどテレビに映らないほどに変遷した昨今のシューズ事情。 そしてそんな動向とはあんまり関係ないトラック競技者向けモデルたち。 2019年のトラック向けのアップシューズを中心にラインナップを整理します。 アシックス編はこちら(2019年アシックス) 過去の事情はこちら 2018年(ミズノ・アシックス) 2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー) スパイクの事情はこちら 2019年(ミズノ・アシックス) 2018年(ミズノ、アシックス) 2017年(ミズノ、 ...

なんやかんやで市民ランナーの絶大な支持を集めるアシックス。海外の勢いに押されてはいますがいまだに存在感はあります。 2018年にはターサー35周年で特別色が出ましたが、三村さんという靴職人がいた時代のいわば黄金期であった高橋尚子、野口みずきと、なぜか桐生をフューチャーしたモデル。 ナイキのデザインに比べるとアシックスはあきらかにダサい。それもあってか、下位モデルではナイキっぽいデザインの商品も出て来ました。 それでもやっぱりアシックス。上位モデルは履けば良い。 陸上に使えそうなモデルを中心に紹介します。正直、あんまり変わってない。 ミズノ編はこちら(2019ランシュー事情ミズノ編) 過去の事情はこちら 2018年(ミズノ・アシックス) 2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー) スパイクの事情はこちら 2019年(ミズノ・アシックス) 2018年(ミズノ、アシックス) 2017年(ミズ ...