9月11日(金)から新潟で始まった全日本インカレ。 今シーズンは本来の開催時期とは違う時期での開催となった今大会ですが、初日から大記録が出ました!! なんと、 橋岡選手が8m29(-0.6)の大会新記録をマーク!! 従来の大会記録は2017年に津波選手がマークした8m09で、一気に20cmの更新となります。 橋岡選手の自己ベストである8m32は+1.6mの追い風だったため、今回の跳躍は実質的に自己ベスト並みのパフォーマンスとも言えましょう。 風だけでなく、今大会はコロナウイルスの影響で跳躍回数が4回の変則ルールであり、本来の6本とは勝手の違う難しい試合であったことを考えると、城山選手の日本記録の8m40(追い風1.5m)にすら匹敵するような内容であることがわかります。 そんななかでの好記録は値千金!! 8月23日に行われたゴールデングランプリでは7m96(+0.1)とイマイチ奮わなかったこ ...