大会前からいつになく注目を集めていた2019年の日本選手権。 これは歴史的な大会になるとは思っていましたが、終わってみてもなかなか良い大会だったように思います。 陸上ファンであれば今大会には注目していたかと思いますが、今年は世界陸上イヤー、そして東京五輪前年ということもあって、普段は陸上に興味が薄い人も結構観ていたのではないかと思います。 そんな今大会で起こった出来事をまとめてご紹介します。   今大会の出来事まとめ いろいろあった今大会、出来事をまとめました。 サニブラウン選手が100mと200m2冠 まずはなんといっても男子100mと200mです。 男子100mの歴代10傑のうちの、今大会の決勝には6人が出場しているという、過去に例を見ない超ハイレベルな大会となりました。特に桐生vsサニブラウンの9秒台対決は陸上なんてぜんぜんわからないといいう人でも知っているほどの注目を集め ...

2019年6月27日ついに日本選手権が開幕し、さっそく100mの予選と準決勝が行われました。 事前の予想通り、桐生選手やサニブラウン選手、そして小池選手らの有力選手が順当に決勝へ進出。山縣選手の棄権以外には大きな波乱なく準決勝まで終わりました。 そんな100m決勝のスタートリストが発表されましたので、ご紹介します。       100m決勝スタートリスト レーン 選手 所属 準決記録 備考 2  坂井隆一郎 (98)  関西大 10.28 ・学生個人選手権チャンピオン 3  川上 拓也 (95) 大阪ガス 10.24 ・室内60m日本記録保持者(6.54) 4 S・A・ハキーム (99)  フロリダ大 10.05 ・室内60m日本記録保持者(6.54) ・100m日本記録保持者(9.97) 5 桐生祥秀 (95)  日本生命 10.22 ・元100m日本記録保 ...

6月27日(木)~30日(日)の日程で開催される陸上日本選手権。 最大の注目は男子100mでしょう。 9.98の記録を持つ桐生選手と、今季それを上回る9.97の日本新記録をマークしたサニブラウン選手。9秒台ランナーが直接対決する初めての大会になります。 どちらが勝つのか?あるいは別の選手が勝ってしまうのか? 9秒台決着はあるのか!? 想像はつきませんが、エントリーとPBなどから、誰が勝つのか予想してみました。 趣味として楽しむ際のバックボーンもご紹介。 2019年の各種目のみどころはこちらでまとめています。 (2019年日本選手権のみどころ) 各種目の開催日程はこちらです。 (エントリーとタイムスケジュール) 各種目の歴代優勝者はこちらでまとめています。 (日本選手権歴代優勝者一覧)         今年の日本選手権は歴代最高レベル 2人の9秒台ラン ...

2019年6月27~30日の4日間で行われる日本選手権。 タイムテーブルが発表になりました。 タイムテーブル 第1日目 2019年6月27日(木) 男女とも100mの予選と準決勝が行われます。 フィールドでは、注目の走高跳が決勝。 トラック 時間 男女 種目 ラウンド 組数 着+α 14:35 女子 100m 予選 5 2+6 15:05 男子 100m 予選 6 2+4 15:55 女子 3000mSC 予選 2 5+2 16:40 男子 1500m 予選 2 5+2 17:20 女子 800m 予選 2 5+2 17:45 男子 400m 予選 3 2+2 18:15 女子 400m 予選 3 2+2 18:35 男子 400m 予選 3 2+2 19:00 男子 5000m 決勝     19:20 女子 100m 準決勝 2 3+2 19:35 男子 100m 準決勝 2 3+2 ...

陸上の日本選手権が6月27~30日の日程で開催されます。 それに先立ち、日本グランプリシリーズという計14試合ある国内シリーズ戦の第6戦で、日本選手権前では最終戦となる布施スプリントが終了しました。これで国内の主要大会はひと段落。選手はそれぞれ海外に出るなどして日本選手権へ向けた最終調整にはいります。 6月はじめの段階での日本ランキングとそれを参考にした2019年日本選手権の展望・みどころをご紹介します。 エントリーはまだ発表されていませんので、ランキング上位者が出場するとは限りません。 エントリー発表されました。山縣選手は棄権です。 タイムテーブルはこちら... 歴代の優勝者一覧は別記事でまとめています... 6/10更新     短距離 短距離はなんといっても男子100m。過去最高の激戦となるでしょう。 男子100m 2日目(6/28金) 世陸ドーハ標準:10.10 ...

2019年6月2日(日)鳥取で布施スプリントという大会が開かれました。 この大会はその名の通りスプリント種目を中心とした大会で、グランプリシリーズという国内シリーズの1戦として開催されています。 布施スプリントは招待選手らによるGPレースの他にも、地元の小・中学生や一般のレースも行われている珍しい大会です。 招待選手には、桐生、ケンブリッジ、山縣、多田らのトップ選手が名を連ねていましたが、このうち出場したのは桐生選手だけでした。有名どころでは、世界リレーの4×200m予選で肉離れをしながらも走りきって決勝進出を決めた白石黄良々をはじめ、永田駿斗、原翔太、大瀨戸一馬らが出走しました。 そんな布施スプリントで、桐生選手が予選で10.04,決勝で10.05と好記録を連発しました。 また、110mHの高山峻野選手が13.36と日本タイ記録をマークして優勝。     100mで桐 ...

2019年6月27(木)~30(日)の4日間にわたって第103回日本陸上競技選手権大会兼ドーハ2019世界陸上競技選手権大会日本代表選手選考競技会が開催されます。   日本選手権前のランキングとみどころはこちら...         チケットは3種類 日本選手権のチケットは3種類(と車いす)になります。 ・S席(28~30日4,000円、27日3,500円) ・A席(28~30日3,000円、27日2,500円) ・B席(28~30日1,500円、27日1,000円) 当日券は500円アップ。 A席は中学生500円引き、小学生以下1000円引き。 B席は中学生以下500円。 各席はエリア指定席で、SチケットであればAのエリアにも入れます。 4日間の通し券はないのでそれぞれの日程のチケットを購入する必要があります。 エリア指定の振り分けは以下 ...