秋から2018年モデルが出始めています。 ランニングブームが頭打ちになっていますが、未だにランニングシューズの市場は非常に大きい。各メーカーがドル箱商品を狙い毎年色々な改良が見られます。 トラックで走る事を考えて、マラソン系ではなくスピード系シューズの2018年モデルを紹介。 モデルチェンジしていないものは『2017年ランニングシューズ事情』の記事をご参照... ミズノは『ミズノ編』をご参照...   アシックス 依然としてミズノよりも人気があるが、海外勢の方に押され失速気味。カラーバリエーションを増やしたりマイナーチェンジをしてごまかしてはいるが、最近はこれといった動きがない。 ①ターサージャパン(マイナーチェンジ) ②ターサージール(5→6に) 今回は上記2つのモデルにを紹介。 ターサージャパン   ¥17,280 (税込) アシックスのフラッグシップモデルで日本製。 201 ...

秋から2018年モデルが出始めています。 ランニングブームが頭打ちになっていますが、未だにランニングシューズの市場は非常に大きい。各メーカーがドル箱商品を狙い毎年色々な改良が見られます。 トラックで走る事を考えて、マラソン系ではなくスピード系シューズの2018年モデルを紹介。 モデルチェンジしていないものは『2017年ランニングシューズ事情』の記事をご参照... アシックスはこちら(アシックス編)     ミズノ アシックスにシェアをリードされ、近年は迷走状態にあります。 新作を見ても迷走はしばらく続きそうです。 ①ウェーブエンペラージャパン(2→3に) ②ウェーブエンペラー(2→3に) ③ウェーブシャドウ(Newモデル) ④ウェーブライダー21(20→21に) 今回は上記4つのモデルにモデルチェンジがありましたので紹介します。 ウェーブエンペラージャパン3   ¥18 ...