2019年8月17日、福井県の9.98スタジアムで行われた『Athlete Night Games in FUKUI』がとんでもない大会になりました。 結果から言えばこの大会で生まれたのは 日本記録3つと日本タイ記録1つ というとんでもないリザルト。 2017年9月に男子100mで桐生選手が当時日本新で日本人初の9秒台となる9.98をマークした会場であることから『9.98スタジアム』という愛称がつけられた福井県営陸上競技場で行われたこの大会ですが、トップ選手を集めるための資金集めをクラウドファンディングで行うなど、先進的な取り組みによって開催されたことも注目を集めていました。 今回は、この『Athlete Night Games in FUKUI』で生まれた日本記録についてご紹介します。     3つの日本新と1つの日本タイ記録が誕生!! 日本選手権バリにトップ選手が集 ...

オールスターナイト陸上(実業団学生対抗)という大会が行われ、そこで110mHの日本新記録が生まれました!!     高山選手がついに単独での日本記録保持者に!! ゼンリン所属の高山峻野選手は6月に13秒36の日本タイ記録をマークすると、日本選手権でも2度目の13秒36をマークして金井選手、泉谷選手とならんで3人での日本記録保持という状況になっていました。 今回は追風1.9mという好条件でのレースとなり、従来の日本記録を0.06秒更新する13秒30の日本新記録。これで。単独での日本記録保持者となりました。 世陸での入賞にも期待!! 日本選手権では同タイムながら優勝して世界陸上の代表に決まっている高山選手ですが、13秒30は現時点で今季世界12位に当たる記録となります。 前回の世陸ロンドンでは予選で13秒65で予選敗退となった高山選手ですが、その時の予選通過ラインが13秒5 ...