110mHで高山選手が13秒30の日本新記録!!

日本記録

オールスターナイト陸上(実業団学生対抗)という大会が行われ、そこで110mHの日本新記録が生まれました!!

 

 

高山選手がついに単独での日本記録保持者に!!

ゼンリン所属の高山峻野選手は6月に13秒36の日本タイ記録をマークすると、日本選手権でも2度目の13秒36をマークして金井選手、泉谷選手とならんで3人での日本記録保持という状況になっていました。
今回は追風1.9mという好条件でのレースとなり、従来の日本記録を0.06秒更新する13秒30の日本新記録。これで。単独での日本記録保持者となりました。

世陸での入賞にも期待!!

日本選手権では同タイムながら優勝して世界陸上の代表に決まっている高山選手ですが、13秒30は現時点で今季世界12位に当たる記録となります。

前回の世陸ロンドンでは予選で13秒65で予選敗退となった高山選手ですが、その時の予選通過ラインが13秒56
決勝進出のラインが13秒23。
3着のタイムが13秒28です。
男子100mに注目が集まる陸上ですが、もしかすると110mHで高山選手が決勝に進出するなんていうことも十分にあり得ます。それどころか、メダルの可能性もなくはない!?
予選は余裕を持って通過すると思われます。

動画もyoutubeに上がっています。ライバルである泉谷選手も出場して13秒60。
また、矢澤選手はフライングで失格ということです。






Twitterで更新をお知らせしています↓